ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太陽光発電


ヨミ: タイヨウコウハツデン
掲示板をミル!
328カキコ!

太陽光発電とは、太陽から降り注ぐ電気を作る発電方式である。
ロマンを追いめる方は → 宇宙太陽光発電


概要


ソーラー発電、太陽電池、電池などとも呼ばれる。pn接合された半導体などに光子が衝突した際に発生する起電効果を利用したものが一般的で、を効率的に浴びられるようにらな薄状の構造したものが多い。近年はからの助成金エコ住宅への関心の高まりに伴い、一般住宅の屋根に設置されるケースが増えてきている。また、電卓腕時計など、を利用した小の発電は気付かないところで既に普及している。探査機「はやぶさ」が長期間かけて地球へ帰ってこれたのは信頼性の高い太陽光発電パネルの功績も大きい。


種類


そもそも、現在の太陽光発電に用いられる発電素子の種類は多種多様となってきており、ここでの分類に意味があるかどうかすら分からない。これは発電効率の向上のために複数の素材を組み合わせて一枚のパネルにしたり、異なる構造の同一素材を同じパネル上に形成するなど、もはや分類などに意味のない複合や混成のパネルが開発されているためである。

シリコン系

ケイ素ベース材料としたもので、太陽電池とかソーラーネルと称されるもののほとんどはコレ。
較的安価に量産できるものの、性能面に関しては少々低い。
温度が上昇すると発電が低下するという半導体が抱える本質的な課題は、シリコン結晶構造などを工夫したり、異なる構造のシリコンを複合化することで善されつつある。

金属系

高性(高変換効率)でレアメタルレアアースを贅沢に使った高価な宇宙産業用から、そこそこの性だがありふれた金属を混ぜ合わせた安価なものまで種類が豊富。高純度のシリコンを必要としないため、シリコン系より低コストで量産が容易なものが多い。金属系とはいえ合のようなものではなく、金属の薄膜をり合わせたようなものから、金属化合物を焼き固めたセラミックのようなものまで、その構造は様々。

化合物系

植物合成のために色素(クロロフィル)を使っているように、色素にが当たった際に励起された電子を電極に捕まえることで発電するもの。色素増感太陽電池と呼ばれる。近年モニタに採用される有機EL電気を流すとるが、こちらはを当てると電気が流れる逆の化学反応と考えると仕組みが分かりやすい。発電効率は低いものの使用する色素によっては製造コストは非常に低い。透明な電極を使うことでビルのガラス全体を発電にといった事も期待される。


特徴


太陽光発電はによって状況が全く異なる太陽を利用するため、自然エネルギー利用の代表的存在として広く知られており、そのメリットデメリットは特に議論の中心となりやすい。

利点

  1. 発電時に機械的に動く部品がなく故障しにくい。
  2. 発電時に廃棄物騒音が出ない。
  3. 需要(消費)がピークになる間に、電供給がピークになる。
  4. 状の発電部はビルの屋上などのが当たる場所なら設置可

欠点

  1. 間は発電できず、日中曇りなどに応じて発電量が低下し安定しない。
  2. 設置面積あたりの発電効率が従来の発電方式にべて著しく低い。
  3. 太陽に多くあたると発電出が上がるが、あたり過ぎて発電部が高温になると発電効率が下がる。
  4. 黄砂火山など日本で見られる一般的な気で発電部が覆われると出が下がる。

その他


太陽光発電の基礎となる物理起電効果と呼ばれるものだが、これは業界用であり、一般(物理屋さん)には電効果としてよく知られている。なんとも難しげな名前だが、その実は極めて単純なもので何らかの物質にが当たった時、そこから電子が飛び出してくるというものである。かの高名な物理学アインシュタインノーベル賞を受賞したのは相対性理論ではなく電効果に関する研究であったことはあまりにも有名な話である。


関連動画



■sm2637070[ニコ動]

■sm7826830[ニコ動]


関連商品


■az4274068080
■az4820747940


関連静画


■im2166944(静画)


関連項目



最終更新日: 17/06/11 21:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ