ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太陽系


ヨミ: タイヨウケイ
掲示板をミル!
39カキコ!

太陽系とは、太陽及び、その周囲を回転する全ての体をまとめた総称である。またはその周囲の間。

太陽の周囲の体は彗星や逆行小惑星を除いて、全ての体が太陽の自転と同じ方向に転しており、その軌面はほぼ同一面上にある。


銀河系内の位置


太陽系は銀河系の中心から25,000〜28,000光年オリオンの腕に位置すると考えられている。毎220kmの速度で移動しており、約2億数千万年で銀河系内を1転するので、既に銀河系20周以上していることになる。


太陽系の構成要素



恒星


太陽
Sun

惑星


元々は恒星の周りを回る大きな体という曖昧な定義しかなかったが、2006年8月天文学連合の決議において、太陽系の惑星には以下の定義が行われた。第3の定義において準惑星と区別される。ただしこの分類が適用されるのは太陽系のみである。

  1. 自身の質量による重力でほぼ球形を保っている。
  2. 恒星を周りを回る軌にあり、恒星でも衛星でもない。
  3. 自身の軌において、他の体を一掃してしまっている。
[画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像] [画像を見る]
Mercury Venus Earth Mars Jupiter Saturn Uranus Neptune

準惑星


2006年8月天文学連合の決議で新たに定義された分類。英語では dwarf planet といい、当初は「惑星」「小惑星」などと訳されていたが、2007年4月日本学術会議の報告により「惑星」と定められた。太陽系以外にこの分類は適用されない。

惑星との定義の違いは、自身の軌上の他の体を弾き飛ばしていないという点である。また、まだ定義が曖昧であるため積極的に使用しないこととなっており、小惑星番号は与えられているが準惑星独自の番号などは与えられていない。

2009年時点で下の5つの体が準惑星認定されているが、今後更に増える可性がある。小惑星帯(メインベルト)に存在するケレスメインベルト体、それ以外の4つは冥王星体に分類される。

[画像] [画像] [画像] [画像] [画像]
Ceres Pluto Haumea Makemake Eris

冥王星型天体

2006年8月天文学連合で提案されたが決まらず、2008年6月の決議で新たに定義された分類。英語では Plutoid という。海王星以遠の軌にあり、自身の質量により球形を保つ体のことである。現時点ではケレス以外の準惑星4つが分類される。今のところ準惑星に対する分類で、小惑星であるTNOは含まれない。


太陽系小天体


2006年8月天文学連合の決議で新たに定義された分類。英語では small solar system bodies という。太陽の周りを回る体のうち、惑星、準惑星衛星以外をす言葉。要するに小惑星彗星の総称であるが、まだ定義に曖昧な部分が残るため、積極的に使用されないことになっている。惑星流星物質のようなも含む。このような分類ができたのは、彗星として発見されながら後に小惑星としても再発見されたり、その逆であったりし、両方に分類される体(彗星小惑星遷移)が増えてきたことが影している。


小惑星


2006年8月天文学連合の決議以降の分類では、単純に言えば太陽系小体のうち彗星以外の総称である。元々は惑星として発見されたケレスと似たような体が多数発見されるようになったため、惑星というには小さすぎる体を総称した曖昧な分類であった。 

小惑星の数は発見されているものだけでも数十万個に及び、多くは火星木星間の小惑星帯(メインベルト)に集まるが、それ以外にも木星トロヤ群(アキレスなど)や、近年は海王星以遠の太陽系外縁でも多数発見されている。それ以外にもアポロ群(エロスなど)やケンタウルス族(キロンなど)などの小惑星群を形成している。

による分類では小惑星帯(メインベルト)に存在する物をメインベルト小惑星、それ以外を特異小惑星として区別している。C、S、M小惑星といったその構成成分のスペクトルによる分類もある。

小惑星には通し番号で小惑星番号がつけられる。太陽系内の体では、制限はあるものの発見者が自由に名前をつけることができる一の体でもある。


小惑星帯(メインベルト)とメインベルト天体


惑星になりたくてもなれなかった過去を持つ小惑星の集まったエリア。他の小惑星帯と区別してメインベルトとも呼ばれる。準惑星であるケレス(直径910km)以外はメインベルト小惑星と呼ばれる。最初に発見されたケレスパラス(同520km)、ジュノー(ユノー、同240km)、ベスタ(ウェスタ、同468 - 530km)の四大小惑星は特に有名。

メインベルトは広く、フローラ族、ウェスタ族、パラス族、ゲフィオン族など多数の族(ファミリー)に分類されている。


太陽系内縁の特異小惑星の分類


共鳴小惑星

惑星と同一の軌に存在する小惑星のこと。木星ラグランジュ点のL-4、L-5点に集まる木星トロヤ群アキレスなど)が特に数も多く、有名である。

横断小惑星

金星横断小惑星火星横断小惑星など、その軌が各惑星の軌を横切ることがある小惑星地球近傍小惑星も大半が地球横断小惑星である。

ケンタウルス族

木星海王星の間の軌を周回する小惑星群。木星などの巨大衛星重力の影が強いため、その軌は不安定である。海王星重力によってエッジワースカイパーベルトから内側に散乱させられた体との考え方もある。名前はギリシア神話ケンタウロスの名前がつけられている。

逆行小惑星

傾斜90度をえ、転が太陽の自転と逆になる小惑星群。その多くが元々彗星であったと考えられるダモクレスと見られている。

地球近傍天体 (NEO)

[画像を見る]
Itokawa

地球の近くに近づいてくる体。NEOという言い方は地球近傍小惑星地球近傍彗星の総称である。地球に衝突する可性があるのはこれらの体である。地球近傍小惑星としてはアポロエロスなど)などが有名。ダモクレス族などオールトの雲由来の元彗星と考えられる体もある。


太陽系外縁天体 (TNO)


海王星以遠の軌を通る太陽系小体及び準惑星のこと。単に外縁とも。英語では trans-Neptunian objects といい、「海王星以遠体」などと訳されていたが、2007年4月日本学術会議の報告により「太陽系外縁」と定められた。小惑星の命名規則では世界各地の創世神話に登場するの名前を与えることとなっている。

エッジワース・カイパーベルトとエッジワース・カイパーベルト天体(EKBO)

海王星30AU)よりも外側の、面付近の体が密集したエリア。ー約48AUぐらいまで。広義では散乱円盤も含む。ここにある体をエッジワースカイパーベルトEKBO)と呼ぶ。2007年4月日本学術会議の報告ではEKBOは太陽系外縁体 (TNO) の別名とされているが、これは広義の意味をすと考えるべきである。。

EKBOにはに以下のような体がある。海王星衛星トリトン海王星トロヤ群(海王星との1:1共鳴体)は元々EKBOであったが海王星重力に捕まったものと考えられており、通常はEKBOに含まれない。

散乱円盤天体(SDO)

長半径が約48AU〜約400AU海王星重力によってエッジワースカイパーベルトから散乱させられた体。近日点がエッジワースカイパーベルト以内にある。太陽から遠いため、未発見のものが多い。エリスはここに含まれる。

E-SDO

近日点がエッジワースカイパーベルト以遠にある体をす仮の名称。発見された中で最遠の軌を回るセドナのみがここに分類されている。セドナの発見者は「オールトの雲」という名称を提案している。

オールトの雲

太陽から1万〜10万AUの間で球殻状に広がっているとされる仮想体群。実際に発見されたわけではないが、彗星の軌などの状況拠から多くの学者に支持されている。彗星の生まれ故郷と考えられている。


彗星


2006年8月天文学連合の決議以降の分類では、単純に言えば太陽系小体のうち小惑星以外の総称である。氷やでできており、太陽に近づくことでコマと尾(テイル)を出すという外見が特徴である。コマと尾の材料くなると小惑星と区別できなくなるため、そのような体は「彗星小惑星遷移」と呼ばれている。


次へ»
最終更新日: 12/02/12 01:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ