ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奈良交通


ヨミ: ナラコウツウ
掲示板をミル!
2カキコ!

近畿日本鉄道グループ>奈良交通バスグループ・エヌシーバス

奈良交通株式会社とは、奈良県奈良市大宮町に本社を構えるバス事業者である。


概要


奈良交通は1929年の『奈良自動車株式会社』がそのルーツ1943年の戦時統合に伴い現在の奈良交通となった。
戦時中に奈良県内のほぼ全てのバス会社を強制的に吸収合併させたため、奈良県内のほぼ全てのバス事業を企業へと発展した。
  (一応奈良県内には近鉄バス京阪バス三重交通バス南海りんかんバスも乗り入れているが、近鉄バスは高安山信貴山を結ぶ路線のみ、京阪バスは交野市駅田原台一丁を結ぶ路線のみ、三重交通バス上野市駅名阪国道・名前~ 伊勢 (敷経由)/山粕西/曽爾高原の4路線、南海りんかんバス高野前~立里を結ぶ路線のみ。)

現在近畿日本鉄道グループ下の企業であり、近鉄バスグループ三重交通バスグループ近畿日本鉄道グループ下のため、奈良県内のバス近鉄帝国支配下と言っても過言ではないだろう。奈良県内だけでなく、京都府南部(近鉄京都線の沿線)にも広げている。
しかし近年不採算路線のコミュニティバス転換に伴い川西町、三宅町、野迫川村、御村、下北山村には奈良交通直営のバスは運行されていない。

1988年には一部営業所を同社100%出資の子会社である『エヌシーバス株式会社』に移管した。

2004年には独自ICカード(ハウスカード)である『CI-CA』を導入し、2007年にはICOCAPiTaPaも使えるようになった。 2016年からは全国相互利用サービスにも対応した。

近鉄系列のバス会社に共通することだが、車両のほぼ全てがいすゞ製もしくは日野製なのが特徴。片側3ドア日野ブルーリボンなどに代表される年季の入った車両や、他社であまり見られなくなった車両も現役で活躍している。


八木新宮特急バス


多くの路線バスファンにとって、奈良交通といえばっ先に思いつくのがこの八木新宮線であり、奈良交通の知名度を高めている路線ともいえる。

八木新宮線は橿原近鉄大和八木駅から、JR五条十津川温泉、本宮大社前などを経由して、和歌山県JR紀勢本線新宮駅を結ぶ一般バス路線。1日3往復の運転。全長は実に166.9km、停留所の数は166個、全線の所要時間は約6時間半と、高速道路を経由しない一般バス路線としてはいずれも日本一であり、まさに規格外の路線。全線乗り通した場合運賃は5350円である。内の運賃表示器(液晶式)には通常の路線バスではまずありえないような数字が画面いっぱいに並ぶことになる。良された国道ではなく集落のある旧を経由する区間が多いこともあり、曲がりくねった山を通ることになるが、そこは熟練ドライバーの技量の見せどころ。この路線に限らず、奈良交通は運転者(運転手のことを奈良交通ではこう呼ぶ)の技量が高いことで知られる。

バス好きなら一度は乗ってみたい路線である一方、鉄道路線の存在しない奈良県南部の住民にとっては重要な生活の足でもある。また十津川温泉世界遺産である熊野三山への観光客輸送路線という側面もあり、内では観光案内の放送が流される。


営業拠点



高速バス・空港バス・深夜急行バス


※特に記載のないものは奈良交通バスグループ単独運行。
な停留所を記載。


休止・廃止路線



関連動画



■sm2912844[ニコ動]

↑奈良交通の誇る狭隘路線、72系統押線(奈良交通には72系統を名乗る路線が複数存在する)の前面展望動画。奈良交通は狭い道路を通る路線が少なくないが、この路線は幅2.5m、体長9m以上の大で運転されるという点が他と異なる。バス1台通るのがギリギリの隘路であろうとスピードを落とすこともなく走り抜けるドライブテクニックは必見。


関連商品


■azB00M5WDRLK


関連項目



最終更新日: 19/09/24 17:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ