ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奥州藤原氏


ヨミ: オウシュウフジワラシ
掲示板をミル!
18カキコ!

奥州藤原氏とは、前九年・後三年の役以来源頼朝に滅ぼされるまでほぼ100年にわたり州を支配した族である。


概要


奥州藤原氏誕生まで

前九年の役以前の州では陸奥安倍氏、出羽の清原氏という族が強いを持っていた。このうち安倍氏陸奥国司の争いに頼義が介入し、発生したのが前九年の役である。この役は清原氏を味方に付けた頼義が勝利し、安倍氏は当の頼時とその息子の貞任は戦死した。 

・・・が、安倍の血は滅んでいなかった。安倍頼時(役中に戦死)の藤原経清にぎ、頼時の外孫、清衡を産んでいたのである。役の後に藤原経時は頼義に殺されるが、頼時のは子を連れて乱の相手の清原武貞にぐこととなった。清衡は武貞の養子となり清原清衡(きよはら の きよひら)と名乗ることになる。色々ややこしい・・・。

その後、清原氏の督を巡り、武貞の子、清原衡とその異衡との争いとなる。そこに(頼義の嫡男)が介入。衡の死もあり、衡と清衡の分割相続で収まるかと思われたが、義の裁定を不満に思った衡が清衡を襲撃。清衡は義の助もあって衡を滅ぼすことに成功する。

清原氏の所領をすべて相続した清衡は姓を藤原に戻し、藤原清衡と名乗った。
奥州藤原氏の誕生である。 

初代・藤原清衡(1056-1128)

奥州藤原氏の祖。後三年の役を勝ち抜き清原氏の所領を獲得。朝廷の実者に州のを献上するなどして州の支配権を確立する。平泉を本拠とし、都市造成を進める。1124年には中尊寺色堂を建立。ふんだんにを使った色堂は奥州藤原氏の経済の表れでもある。

二代・藤原基衡(1105-1157)

清衡死後の内紛に勝利督を相続する。荘園の年貢を巡って摂関り強く交渉したり、州に来た院近臣を嫡男のにして院との関係を強化するなどした。

三代・藤原秀衡(1122-1187)

基衡の嫡男。引き続き豊富な財をもって朝廷の評価を高め、鎮守府将軍に任命される。
また、を落ち延びた義経を保護、養育した。平氏打倒のために挙兵した頼の下へ向かおうとする義経を引き留めるが、館から脱走してまで向かう義経佐藤継信、忠信兄弟を供につけた。

の争乱に際してはどちらに組するということもなく中立を維持。州の独立を保つものの、壇ノにて平氏が滅亡すると頼の圧が大きくなる。関係が悪化し、頼との対決が避けられないと判断した秀衡は頼に追われている義経を保護し、州に迎え入れる。・・・がそれから一年もしない間に病に倒れ、帰らぬ人となってしまう。

四代・藤原泰衡(1165-1189)

秀衡の嫡男(次男)。ただ、側室の産んだ長衡と非常に仲が悪く、秀衡が泰衡、衡、義経の三人に起請文を書かせるほどであった。
からの圧に屈した泰衡は義経の住む衣館を襲撃、義経自害に追い込む。その首を頼に差出して頼との和を結ぼうとするも、頼は大軍を動員、州追討を始める。勝ちがないと悟った泰衡は平泉に火を放って逃亡するも臣に裏切られ殺される。 ここに四代100年続いた奥州藤原氏は終焉を迎えた。


関連項目



最終更新日: 15/05/17 05:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ