ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奴隷が回す謎の棒


ヨミ: ドレイガマワスナゾノボウ
掲示板をミル!
127カキコ!

奴隷が回す謎の棒とは、奴隷が回す謎の棒である。

[画像][外部]


説明


キタキタおやじ「あっ あのー… これはなんのために回すんですか?」

ライライ「意味はない

魔法陣グルグル 1巻より 


概要


ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/Rigenmei/status/1119061478831579137[外部]

奴隷や捕虜など捕縛された人間が与えられる罰として、漫画などで登場する棒。櫓に複数の横棒が備えられており、人間が押すことで櫓が回転する、という仕組みのものが流。傍には見りが立っており「休まず回せえ~!」という類のセリフを発することが多い。要するに懲役のようなものだが、この棒を回す意味が作中でられることは少なく、中には「意味がない」ことすらもネタにされることもある。ただし意味もなく回し続けることでいつしかシュワちゃんレベル筋肉モリモリマッチョマンの変態に生まれ変わる可性もある。

は不明だが歴史上それらしきものは存在する。旧約聖書の士師記に「挽き臼に繋がれたサムソン」の様子を記した一文があり、それを描いた「ペリシテ人の下のサムソン」という絵画がまさに奴隷が回す謎の棒のようなものを回している様子が描かれている。臼を回す動として風車を使う代わりに人の手を使う、ということだと思われる。そしてこの様子を原作にした映画サムソンとデリラ」が1949年開されており、奴隷が回す謎の棒を映像化している。

ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/kasuga391/status/1119338473339535360[外部]

また、古代ギリシャローマには「トラペトゥム」というオリーブ人力圧搾機や「ピストリヌゥム」という粉ひき機があった。人が棒を持ち、回りながら中央の臼でオリーブを搾る。

ツイートを読み込み中です
https://twitter.com/s_i_s_i_n/status/781455323001335808[外部]

なお、上記ツイートのように石臼や圧搾機を回すのは別に奴隷でなくてもよく、畜が回した例もある。現代でもなどの畜を使ってこうした圧搾を行っている所も一部にある。
ほかイタリアコロッセオには猛を運ぶ昇降機があり、奴隷が回す謎の棒と同様の仕組みで作動させていた。

漫画では「北斗の拳」「キン肉マン」などで登場しており、意外と歴史が古い。この二作については奴隷が回す謎の棒にちゃんと意味があり、北斗の拳は「発電のため」、キン肉マンは「回している人がパワーをためてるため」であることがそれぞれ明言されている。


なんの意味もない場合


冒頭の『魔法陣グルグル』のセリフのように、棒を回させることになんら実用的な意味がない場合も考えられる。「グルグル」ではギャグで済まされているが、これは空役(くうえき)というな刑罰・拷問の手法である。

成果のない労働をさせることでその人の尊厳をくじくものであり、19世紀英国明治時代の日本などにその例がある。しかし、「岩を少し先に運び、もとに戻し…を繰り返す」「どこにもつながっていない踏みを回させる」などであり、棒を回す例は確認できていない。


関連動画



■sm35228658[ニコ動]


関連商品


■azB009UQDNYU

人間を攫ったのに何もやらせんのは魔物プライドに関わるから」という理由で、手違いで魔物に攫われたキタキタおやじが意味もなく棒を回させられている。


関連リンク



関連項目



最終更新日: 21/07/04 23:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ