ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


妃英理


ヨミ: キサキエリ
掲示板をミル!
43カキコ!

妃英理とは、名探偵コナンの登場人物である。

CV:高島雅羅


概要


毛利蘭の実の母親であり、毛利小五郎の妻。本名は毛利英理10月10日まれの38歳。「妃法律事務所」を経営する現役の敏腕弁護士で、またの名を「法曹界の女王クイーン)」という。名前の由来はエラリー・クイーンから。
敏腕弁護士の名に恥じずその推理・洞察・観察・知識は非常に優れている。特に初動捜段階ではコナンと同速で物事を見抜き聞き込みや手がかり集めすることが多く、コナンに「やることがない」とまで言わしめる。決め手となる拠などもコナンのごく僅かなヒントを示しただけで気づいたり、眠りの小五郎の推理を途中からかっさらっていくこともしばしば。推理に集中したいときは音楽を聴く。
高校1年生の時に東都大学入試問題を全科満点を取った上でハーバード大学に留学をすすめられたこともある。

ルックスは非常に良く登場人物の多くから美人と称されたり好意を持たれたりすることも多い。スタイルも抜群で小五郎との初デートでの装を今でも問題なく着ることができる。髪型茶髪ロングだが普段はまとめている。をまとめずに下ろした時の美しさは読者からの評価も高い。

小学生の時から小五郎とは知り合いで、意地のり合いをしていた。
高校生の時には高校ミスコンで、あの工藤有希子と対決。結果は2人の引き分けだったが、最後の一票を握っていたのは他でもない小五郎おっちゃんである。これは彼女勝利と言ってもいいだろう。ちなみにその対決はあまりの熱により伝説とされ、現在は開催されていない。
その後、小五郎結婚。10年前に小五郎と別れて別居を始めたが、離婚はしていない。 なおこの時の経緯は劇場版第2作で詳細に描かれている。

初登場時には、母親であるにも関わらずコナンに顔を忘れられていた。

好物はジゴバ(ゴディバのもじり)のチョコレートで、小五郎からプレゼントされたことがある。

「ゴロ」という名のを飼い、「ゴロちゃん」と呼んで可愛いがっている。種類は、ロシアンブルー。ちなみに2匹であり、以前のはスノーシューで、老齢の為亡くなった。2匹とも名前は同じ。名前の由来について英理は、「ゴロゴロしているから」と言っているが、小五郎の「ゴロ」からなのは明らかである。

登場後しばらくは小五郎に対する好意があまり見られなかったが、話が進むにつれ仲が直りつつある(が、小五郎のヘマで結局ヨリを戻せないのが定番のオチ)。
アニメ映画では、コナンが拒絶するほど料理が下手。 原作でも「一変わった味(要するに不味い)」と言われている。
なお料理以外の事は得に苦手という描写はなく、裁縫が達者で難易度の高いアラン模様を編み上げた上で導することができる。


関連動画



■sm13403086[ニコ動]

■sm13407204[ニコ動]


関連商品


■azB005QDR9NW


関連項目



最終更新日: 16/02/20 11:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ