ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


妖魔夜行(ライトノベル)


ヨミ: ヨウマヤコウ
掲示板をミル!
3カキコ!

妖魔夜行とは、日本ライトノベルの一つである。


概要


1991年から山本弘などのグループSNE所属の小説家を中心に複数の作家によって書かれた、シェアードワールドライトノベルシリーズ角川スニーカー文庫より出版されていた。TRPGとしても展開され、こちらの関連書籍は角川スニーカーG文庫として出版されていた。現代を舞台に「妖怪」が活躍する。

2000年以後は「」という後継シリーズへと移行したが、2011年にも約10年ぶりに「妖魔夜行」の新作小説が出ている。


「妖怪」 


付喪や濡れ女や化け猫など、いかにも「妖怪」然とした者たちも多数登場してはいるが、本作の設定上この「妖怪」とは人間の思いから生まれるものとされている。そのため架の存在ならばどんなものでも、強い思いが集まればひそかにどこかで「妖怪」として誕生している。

小説TRPG関連書籍などで登場した妖怪らしからぬ「妖怪」の例としては、「都市伝説に登場する怪人」「特撮ヒーロー番組の登場人物」「宇宙人」「天使」「シャーロック・ホームズ」「雷神トール」「建御名方」など。

どれも人間の思いから生み出された「妖怪」であるため、例えば宇宙人も「本物の宇宙人」ではなく地球出身であり、畜のをくりぬくとか麦ミステリーサークルを残すなど、「宇宙人がすると人々が信じていること」を自分たちでも意味も分からず妖怪としての本で妖を使って行っているだけである。自らの「本物ではない」という虚ろさを悩む妖怪キャラクターが登場する作品もある。

ただ元になった「思い」が強ければ強いほど強妖怪となる傾向があるため、多数の信徒から「思い」を寄せられて誕生した「」たちは、えてして本当の「」と言っても差支えないほどの強大なを持っている。


TRPG「ガープス・妖魔夜行」


上記のようにTRPGとしても盛んに展開され、小説だけではなくTRPGリプレイルールブックなど、サプリメント(関連書籍)が複数出版された。ゲームシステムとしては汎用TRPGシステムGURPSガープス)」を拡して利用していた。

GURPSキャラクターを作成する際にキャラクターポイント(CP)を使ってを決めていく。安としては2550CP使って作成されたキャラ一般人~秀才、75125CP使うとかなり優れたを持つ英雄補、150CP~200CPで英雄クラスとされ、ファンタジーものなどでは75125CPでプレイヤーキャラ(PC)を作成する事が多い。

かしこの「妖魔夜行」ではPC妖怪の推奨作成CPは350CPまたは600CPとなっている。これにより人間限界を軽々と越した強な体と、「妖」としての様々な特殊を備えることになり、プレイの幅が大きく広がる。また、ボスなどで1000CPをす強な敵NPC妖怪が登場したりもするので、「人間だったら即死」級のダメージガンガン飛び交う手な戦闘が展開されることもある。


関連動画


妖怪」を扱う作品という共通点があるからか、東方ProjectキャラクターTRPGガープス妖魔夜行」をプレイする動画がやけに多い。(「東方卓遊戯」の記事も参照)
■mylist/23759753
■mylist/29310956
■mylist/31279013

■sm17413256[ニコ動]

■mylist/37709002

こちらは「アイドルマスター」のキャラが「ガープス妖魔夜行」をプレイする動画。(「卓ゲM@Ster」の記事も参照)
■mylist/18702748
■mylist/24424782

後継シリーズ」の動画
■mylist/19345291


関連項目



最終更新日: 17/03/28 17:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ