ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


始皇帝


ヨミ: シコウテイ
掲示板をミル!
70カキコ!

始皇帝とは王にして中国を統一し最初の皇帝になった人物である。


概要


本名は嬴政(えいせい)。


秦王即位まで


昔々、中国はたくさんの々に分かれて戦乱の日々を送っていた。そんな戦国時代末期、西の大は商鞅(ショウオウ)という法導によって国家革に成功し、昭襄王(嬴政の曾祖)の下で大躍進を遂げていた。

しかし嬴政は元々王になる予定の存在ではなかった。嬴政の父親である子楚は王孫ではあったが敵国であるに人質として送られた日陰の存在であったのだ。そんな彼にをつけたのは大商人の呂不であった。呂不は「奇貨おくべし(しいものにをだし後で利用しよう)」として自らのもつ財産を子楚に投資し、またの宮廷に賄賂を送り子楚を見事皇太孫にすることに成功した。その後、子楚と嬴政はに呼び戻されることとなる。

昭襄王はとても長生きだったため、跡を継いだ時点で既に高齢だった嬴政の祖は即位3日で死に、その子王(子楚)も3年で崩御した。それによって嬴政はわずか10歳で王に登ることとなった。当然子ども政治などできるはずもなく、の宮廷は彼の即位に恩のあった呂不られてしまった。呂不は相名乗り嬴政を軽んじた。


呂不韋との対立


しかし呂不は嬴政の母親の皇太后)と不倫関係にあるというスキャンダルをもっていた。皇太后は元々呂不の女であり、子楚にそれを譲ったという経緯があり、それゆえに嬴政は呂不の子なのでは? という疑惑も当時から存在していた。

呂不スキャンダル明らかになってはまずいと、チンコ軸にして輪が回せるほどチンコでかい嫪毐ロウアイ)という男を宦官に仕立て上げ皇太后の相手をさせた。しかし嫪毐は皇太后と子を作り反乱を起こしてしまった。反乱は鎮圧されたが、呂不はその罪に連座して失脚。後にをあおって自害した。こうして嬴政の親政が始まる。


秦王時代


嬴政が親政を始めた年に、漑工事を行っていた鄭という人物が実はスパイであったという疑惑が流れた。そこで嬴政は外国人外へと追い払う逐客をだしたが、の重臣であった斯らに諌められ思いとどまる。その後、嬴政は逆に楚出身の斯や、の王族である非子、出身の尉繚子などを重用し、の増加を促した。

もともと昭襄王の時代からは他から抜きん出ており、はまずを、ついでを滅ぼした。には有能な軍人であった牧がいたが、尉繚子による離間の計が成功し、既に除かれていた。嬴政にとって辛い少年時代をすごした首都を陥落させると、嬴政は昔自分を虐めていた人達を生き埋めにしている。

ついでに攻め込む。の太子の丹は嬴政の幼なじみであったが、大人になるにつれて嬴政を恨むようになり、刺客の荊軻を差し向けるも失敗。嬴政は激怒して首都、薊(けい、現在北京)を攻滅ぼし、住人を皆殺しにした。王は東に逃亡し、丹の首を嬴政に届けるが視され後に捕えられた。

それから、楚、斉を滅ぼし、前221年に嬴政は中国史上初めての中華統一を成し遂げる。統一王となった嬴政はこれまでの王よりも更に抜きん出た存在として皇帝名乗り一人称を朕とした。これが始皇帝であり、清の宣統溥儀に至るまで約2000年続く中国皇帝政治の始まりであった。始皇帝は皇帝位は代々受け継がれ、自らの子は二世皇帝、孫は三世皇帝と名乗るべしとした。


始皇帝時代


昔、殷を倒した周王は土地を自分の親族や功績のあった部下に分け与えて統治する封建制をとった。しかしその結果各地の王族がをつけ、結局下は乱れてしまった。そこで始皇帝はすべての中華を直轄地にする県制をとった。始皇帝は土を統一するだけでなく度量衡や通貨、言なども統一し現在中国統一イデオロギーの基礎を作りあげた。

始皇帝は法支配による政治しておりそのために邪魔な、また怪しげな言葉で人民や皇帝自らを惑わすとした方士たちを生き埋めにし、また占い農業医学以外の思想書を燃やした。これが世に謂う焚書坑儒である。古代中国の思想弾圧事件の一つであると共に、始皇帝の政治スタンスがみてとれる。

中国を統一した始皇帝であるが、それでも北方民族である匈奴にはまだが立たなかった。始皇帝は武将の恬を皇太子である扶につけて北方派遣し、防衛に務めさせた。このときにかの有名な万里の長城が築かれているが、これは明代に作られた現在見られる長とは違うものである。また長を作ったのは始皇帝が最初ではなく、戦国時代も長を作っていたことも押さえておきたい。

この世の全てを手に入れた始皇帝は次に不老不死した。徐(ジョフツ)(あるいは徐福(ジョフク)とも)いう怪しげな方士に投資し、蓬莱山の仙をとりに行かせたりもしている。しかし徐は始皇帝の元に帰ってくることはなく(一説には現在日本に来ていたとも言われる)、始皇帝は代わりに水銀を妙として用していた。いうまでもないが水銀は猛である。

万里の長城や、始皇帝の宮殿である房宮の建設、そして始皇帝の墓である始皇帝陵を建設するための負担は民衆に重く伸し掛り、の滅亡を速めることとなる。さらに始皇帝は巡遊好きでもあり、中国の色んな場所を巡遊したが、行く先々では住人に様々な義務が課せられ、始皇帝への恨みは高まっていった。


始皇帝死後


始皇帝は4度の巡遊中に死んだ。史記によるとその死は隠され、首都である咸陽に帰還したのちに表された。皇位は末子の胡が継ぎ、二世皇帝となった。この時、本来皇帝を継ぐはずだった皇太子宦官高の陰謀により殺されたといわれている。

多くの負担と厳しい法律による民衆の不満。そして始皇帝の死後は宮殿は悪宦官高にられ、の命運は前の火であった。結局、陳勝広の乱を発端とする戦乱によって始皇帝の築き上げたは実質的に二代で滅ぶことになる。トドメを刺したのは次世代の英傑、項羽劉邦であった。


関連動画



■sm28172910[ニコ動]

■sm6792663[ニコ動]


関連商品


■az4167150174
■az4267902127
■az408877079X


関連項目



最終更新日: 17/11/17 00:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ