ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宇練銀閣


ヨミ: ウネリギンカク
掲示板をミル!
9カキコ!

宇練銀閣とは、西尾維新作『刀語』及びそれを原作とするアニメに登場するキャラクターである。CV:宮本充


概要


刀語二話に登場。砂漠化により人の地と化した、因幡の最後の住人。肩書きは下酷浪人将軍の時代の所有者閣の十代の子孫。・鈍」の所有者にして、光速居合」の使い手である。
年齢三十二歳。身長五尺四寸二分。体重十四貫二斤。趣味は睡眠。

五年前から、拡大した鳥取砂漠に飲み込まれた鳥取のなかで、ただ一人残って下酷の一室にこもり生活し続けていた。この一室はが狭く、侵入者が来たとしても一人か二人ずつしか入れい上、部屋も狭いために入ったの攻撃範囲に入るという至極閣に有利なつくりとなっている。

ととがめが来る前に・鈍」を奪いに来た、真庭忍軍十二頭領が一人、真庭白鷺とそれを使った「」で一両断する。

これに陽動を掛けることで一撃を入れた七だったが、実戦経験のなさゆえに「びびった」ため、殺すまでにはいたらず、むしろ、閣をはっきりとめさせることになった。ここにいたって、七の実を認めた閣は「」の五連撃、「編隊・五機」を見せ付けた後、自身の左肩を切って「狩り」を発動した。

狩り」はへ血を入れることで、との摩擦係数を落として、居合速さを上昇させるの限定義である。閣は自身の血でこれを行ったが、本来これはった他人の血で行われるべきものであり、ればるほど、血は増えていくため、居合速度は増していく。閣の先祖、閣はこれをもって一万人切りをした。名前の由来は残党狩りで狩ることをかけたものだと思われる。

が動いた間、編隊・十機」を発動した閣だったが、はこれに対して、後ろに居させ続けたとがめの顔面を使っての三跳びを実行し、閣が居る部屋の天井に着地した。

しもの、を以ってしても上方への攻撃には対応できず(いはゼロ戦だから上をとられると負けなのかも知れない)、虚流七の義「落藉」により敗れた。ここに下酷は落する。

散り際の一言は、「これでやっと・・・・・・ぐっすり、眠れる」


関連動画



■sm21059161[ニコ動]

■sm10690350[ニコ動]
■sm21084471[ニコ動]


関連商品


■azB0037FDUNO


関連項目



最終更新日: 14/05/06 04:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ