ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


安藤信正


ヨミ: アンドウノブマサ

安藤信正1819~1871)とは、幕末に活躍した大名である。


概要


陸奥磐城で、幕末の老中として阿部正弘堀田正睦井伊直弼リレーの次に来て、坂下門外の変で失脚した人でおなじみ。

譜代の安藤氏の傍流(嫡流は紀伊の附家老)で磐城安藤信由と大河内信明のとの間に生まれる。幼名は之進、之介。

化4年(1847年)に督を継ぎ、奏者番、寺社奉行、若年寄などを歴任する。井伊直弼の懐の一人として活躍し、安政6年(1859年)には水戸邸に赴いて「午の密勅」の返納をめるなどの圧を加えてた。

そして安政7年(1860年)に老中に昇進。外御用取扱となって、井伊直弼亡き後に久世広周と共に幕政の中心となり、久世・安藤政権を築いた。外交手腕は高く、ポルトガルプロイセンとの通商条約締結や、ヒュースケン暗殺事件、英国使館東寺襲撃事件、ポサドニック対馬滞泊事件などを処理していった。また小笠原諸島の領有権をし、開拓を進めたのも彼である。

内政においては14代征夷大将軍茂への皇和宮の降を実現させ、財政再建にも手腕を発揮した。しかし、このような外との協調路線、井伊直弼を引き継いだ持大名の幕政参加に批判的な立場は、尊王攘夷の反感を呼び、文久2年(1862年)に坂下門外の変で負傷。登するも島津久光などに止められ老中を退いた。

さらに、その後隠居、急度慎、ついには永居にまで至り、幕政からは排除される。慶応2年(1866年)に赦免されたのもつかの間、戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に加わって敗北。再び永居を命じられ、明治2年(1869年)にようやく許されることとなった。


関連項目



最終更新日: 19/09/05 20:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ