ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮城リク


ヨミ: ミヤグスクリク
掲示板をミル!
12カキコ!

宮城リク(ミヤグスク ―)とは、アニメBLOOD+』のキャラクターである。
CV矢島晶子

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいるかもしれません。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。


概要


物語開始時点で14歳の温厚な少年
趣味読書ゲーム料理洗濯が得意。

宮城カイの実であり、主人公である音無の義大人しい自分とは正反対で行動的なに憧れを抱いている。
手にしか聞こえないはずのディーヴァ(CV:矢島晶子)の歌が聞こえていたり手の気配を感じ取ったりしていたが、特殊ではなく子供によく見られる現とのこと。

ボルドーの「動物園」でディーヴァに吸血され瀕死の重傷を負う。リクの命を救うため、カイが小に頼み手の女王である彼女の血を与えられシュヴァリエとなった。
以降、この件を切っ掛けに溝が出来てしまったカイと小の仲を取り持つために尽する。

シュヴァリエになったことにより徐々に身体が向上。戦闘こそハジに大きく劣るが敵の奇襲にいちく気づいたりと、シュヴァリエとしてのの片鱗を見せ始めていた。

32話、リクの取り成しによって2人が和解したその時、本部をディーヴァとシュヴァリエカールが襲撃。ディーヴァに襲われ“ディーヴァの婿”となる。彼女の血によって硬化、砕け散って死亡した。

「―この人からは大切なモノを貰ったから、私もお返しに血をあげただけ」

リクの死後、ディーヴァが彼の姿を擬態している。

ディーヴァが出産した双子は、物語終了後「音無奏」「音無」と名付けられ沖縄カイに育てられている。


関連動画


本編


■1308669381[ニコ動]

■ch60028

例のアレ

■sm6273530[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/06/18 03:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ