ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮城球場


ヨミ: ミヤギキュウジョウ
掲示板をミル!
27カキコ!

宮城球場とは、宮城県仙台市にある、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場である。2018年1月からの名称は楽天生命パーク宮城


概要


宮城球場
(楽天生命パーク宮城)
Rakuten Seimei Park Miyagi
基本情報
所在 宮城県仙台市
開場 1950年5月5日
所有者 宮城県
使用チーム 東北楽天ゴールデンイーグルス
収容 30,508人
グラウンドデータ
101.5m
中堅 122m
左右中間 117m
フェンス 2.8~4.1m
面積 12,800
経歴
競技場テンプレート

球場としての歴史は古く、1950年に建設されている。これはパシフィック・リーグの本拠地としては最古で、セントラル・リーグを含めても阪神甲子園球場明治神宮野球場に次いで3番に古い球場である。建設された1950年プロ野球公式戦も開催されている。

1973年1977年の5年間、ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)が本拠地としていたが(正確には1973年は準本拠地)、1974年ロッテ優勝時に日本シリーズは開催されなかった。収容可人数が28000人で、規定の30000人以上を満たさなかったためである。1978年ロッテ川崎球場に本拠地を移したが、その後も宮城球場での地方開催は継続していた。

その後、2005年から東北楽天ゴールデンイーグルスが新球団として加盟することになり、宮城球場が本拠地とされることになったために2回に分けて大規模修工事が行われた。これにより、コンクリートのに向かって立ち小便をするタイプだった不潔極まりない便所は綺麗になり、選手名がアナログ表示のスコアボードは解体、最新鋭の人工芝が貼られ、寒さ対策として暖房機がついたレカロシートベンチに設置されるなど、他の本拠地球場に引けをとらない立球場へと進化した。

この際、楽天は約90億円もの修費用を自社で全額負担し、施設を県に寄付する代償として、都市公園法に基づく管理、運営権を譲渡された。飲食やスポンサー代など球場の収入はほとんど球団に入り、球場使用料も年間7千万円程度と言われている。

また、ネーミングライツが募集され、フルキャストスタジアム宮城と命名されることになった。その後、フルキャストが労働者派遣法違反を犯していたということで2007年限りで契約解消され、2008年からは日本契約を結び、クリネックススタジアム宮城日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)と呼ばれるようになった(「日本」が一時的に外されていたのは、古混合率偽装問題があったため)。なお、日本2013年10月契約更新しない意向を示したため、新たに2014年以降のネーミングライツ募されることになった。その結果、球団を所有する楽天ネーミングライツ契約を結ぶことになり、楽天Koboスタジアム宮城と命名されることになった。2017年からボールパーク構想を掲げる楽天側からの提案で称をKoboパーク宮城へと変更、さらに2018年には楽天生命パーク宮城に変更している。

かつて本拠地としていたロッテ現在この球場と極端に相性が悪い

札幌ドーム西武ドームと同じく三塁側をホームが使用する野球場である。これは一塁側には事務所のビルが建っている上、大きな道路に面しており、拡余地が三塁側にべて非常に狭かった事による。一塁側内野にはボックスシートやファンクラブ会員が利用できるレストランラウンジイーグルスネスト」を設置。一塁側外野席にはボックスシートが多数設置されている。一塁側外野上段がアウェイ、ビジター席となる。


特徴


2012年までの両101.5mは日本球場では最長であった。2012年オフ修工事でEウィングと命名されたラッキーゾーンを設置することが明らかとなり、実質的な両100.1mと他球場と同程度になった。左右中間は116mとなる。

観客収容人数が他の球場べて少ない。東北楽天ゴールデンイーグルスの年間観客動員数が12球団で下位であるのもこの影が大きい。仙台都市圏の人口150万人ほどで他の本拠地がある都市圏より少なく、現在の収容人数で需要と供給のバランスがとれている事も、座席拡が進まなかった要因とされる。

また、楽天側は明確にしていないが、宮城球場がある宮城野公園総合運動場の運動施設が都市公園法で規定された「50%以下」ギリギリの49.6%であり、大規模修を行うには他の施設を止する必要があるのだが、これら施設の利用客が多いことから、競技団体などから存続を強く要望されている上に、公園の施設は仙台市が管理しているため、大規模修は事実上困難となっている。

その後、2013年シーズン楽天が首位を走っており売する状況が続いたことから、急遽2,185席の仮設席を設置して25,651人となった。さらにリーグ優勝クライマックスシリーズ進出が決定したことからさらに仮設席を増設し日本シリーズでは28,120人収容可となった。これにより2013年日本シリーズ第6戦では過去最多の25,271人の動員を記録している。2014年修により28,736人に、2016年の全面修により収容人数は30,508人にまで増加した。

以前はエンタイトルツーベースが頻繁に見られるという特徴があった。これはフェンスの高さが2.5mと本拠地12球場の中で最も低く、また使用されている人工芝のため打球のバウンドが高くなるというのが理由として挙げられる。なお、ほっともっとフィールド神戸マツダスタジアムも同様にフェンスが低いが、芝が天然芝であるためにバウンドが高くならず、エンタイトルツーベースはさほど多くない。

現在まで、大リーグの「ボールパーク構想」に基づき修を重ねていた宮城球場だが、

[画像を見る]

遂に2016年より天然芝が導入された。

この30億円をかけた大修では、内外野をケンタッキーブルーグラスを体に、ペレニアルライグラス、クリーピングレッドフェスク2種類の寒地を配合し、内外野のフェアゾーン計約8400メートルに敷き詰めている。芝の耐用年数は7年。ファウルゾーンと外野フェンス際は人工芝のまま。これによりエンタイトルツーベース減した。

天然芝の整備は、サッカーJリーグベガルタ仙台の本拠地、ユアテックスタジアム仙台の管理業者が担当。

初年度の2016年甲子園の整備で有名な阪神園芸スタッフを1年間招聘し、マウンド、各ベース周りの土部分のはけなどのさまざまなノウハウを伝授。整備魂を注入して貰う構えだ。

なお、楽天が本拠地とする前の2004年までも天然芝だったが、当時は地方球場によくあるタイプ阪神甲子園球場旧広島市民球場と同じ形式の、外野のみ天然芝、内野は土というものだった。

[画像を見る]

2016年5月3日プロ野球球場では初となる観覧車が設置された。これには同じくボールパーク化を進める広島Zoomスタもびっくり。子供はニッコリ。組みはかつて仙台ハイランド遊園地にあったものを「持ってきた(球場長)」、ゴンドラは新たに作り直したもので、約2億円をかけて建設。子供が跳ねて遊ぶボヨンボヨンも設置。

さらには2016年8月2日メリーゴーランド完成夏休みにはお化け屋敷も開設。今後は松井裕樹投手の要望によりジェットコースターも予定されているという。「これがボールパークか・・・」と楽天ファンにも好意的に受け入れられている模様。

さらには期間限定の巨大迷路きもだめしワクワク縁日が設置されたり、本格カフェが設置されたり、世界ビール祭りが毎年開催されたり、石窯で焼いたピザが食べられたり、バーベキュー出来たり、来年には足湯も予定されていたり、ボールパーク化(?)に止めがかからない状況となっている。


関連動画


動画を探したい場合はKスタ宮城、クリネックススタジアム宮城で検索したほうが見つかりやすい。→Kスタ宮城でタグ検索[動]


■sm4512866[ニコ動]


関連商品


■azB001PLMWU4


関連項目


野球ボール 日本プロ野球の本拠地野球場一覧
セントラル・リーグ MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 - 阪神甲子園球場 - ナゴヤドーム
横浜スタジアム - 明治神宮野球場 - 東京ドーム
パシフィック・リーグ 福岡 ヤフオク!ドーム - 京セラドーム大阪 - ZOZOマリンスタジアム
メットライフドーム - 楽天生命パーク宮城 - 札幌ドーム

最終更新日: 18/05/06 14:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ