ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮城道雄


ヨミ: ミヤギミチオ
掲示板をミル!
1カキコ!

宮城道雄1894~1956)とは、日本の純邦楽作曲演奏である。

正月BGMで有名な「春の海」をはじめとして、数多くの純邦楽の曲を作曲しただけでなく、古典曲の演奏・録音、新しい和楽器の開発、西洋音楽の紹介などを行った。


目次



生涯


1894(明治)年4月7日兵庫県神戸市に生まれた。生後まもなく病気を患い、8歳のときには失明してしまった。

生田流の二代中島検校に入門し、11歳のとき免許皆伝を受けた。

13歳のとき、庭の事情から朝鮮の仁に移住。この朝鮮時代に作曲活動を始め、明治41(1908)年、14歳で(後述する)処女作「変態」を作曲する。

その後、京城(現ソウル)に移住した頃に結婚し、宮城姓を名乗り始める。

大正5(1916)年、22歳で「大検校」となるが、その地位に満足せず、1917年に東京へ渡る。

大正8(1919)年、第一回作品発表会にて、作曲としてデビュー

昭和4(1929)年に「春の海」を作曲世界的に評価される。

昭和31(1956)年6月25日未明、東海道線刈谷付近で列車から転落、事故死した。享年62


代表作


代表的な作品と、作曲年度を記す。なお、全曲の情報宮城道雄先生・作品リスト[外部]より参照できる。

西暦 曲名
1909 変態
1914 唐砧
1915 都踊
1921 落葉の踊り
1923 さくら変奏曲・瀬音・
1928 楽変奏曲
1929 春の海
1940 祝典箏協奏曲
1946 手事
1952 さらし手事
1953 ロンドン
1954

功績


多くの日本人にとっては、宮城道雄は「春の海」の作曲者というイメージが強いであろう。確かに、彼は春の海によって世界的な評価を受けたわけであるから、それは誤ったイメージではない。

しかし、彼の功績は「春の海作曲にはとどまらぬ大きなものである。以下、それを簡単に紹介してゆこう。


和声的音楽の導入


宮城道雄は、それまで「かけあい」がであった純邦楽において、和的性格を持った音楽を生み出したとされる(初期の作品「唐砧」などがその代表例である)。


新しい和楽器の開発


宮城道雄は、新しい楽器の開発にも着手した。そこで生み出されたのが、十七絃・八十絃などの一連の楽器である。

従来、箏といえば弦の数は13本であり、ヴァイオリンのような高音で調弦して演奏されることが多かった。

そこで宮城道雄は、ヴァイオリン属のチェロに該当するような低音パートの箏を作ろうと考えた。これが十七絃である(ではなくと表記されることが多い)。名前の通り、17本の弦を持つ箏で、通常の箏よりも一回り大きいため、音も低い。

八十絃などは、演奏のしにくさから現在では使用されなくなったが、十七絃は現代の邦楽曲においても盛んに使用されている。


演奏家としての活躍


宮城道雄氏は演奏としても活躍し、有名な古典曲の音をいくつか残している。以下に紹介するのはその一部である(右に「音」とあるのは、いずれもYouTubeにある音である)。


随筆家としての活躍


宮城道雄は随筆としても知られる。随筆集『春の海』においては、彼の音楽観や日々の生活、人々との関わりなどが記されている。


作品


宮城道雄は数多くの曲を遺している。ここでは、その一部を紹介しよう。


春の海


正月でお染みの曲。1929年に発表された。

元々箏・尺八の二重奏曲として作曲され、1929年に箏・宮城道雄、尺八吉田晴風で初演が披露された。

後に箏・ヴァイオリンにより演奏され(箏は作曲の宮城道雄、ヴァイオリンフランスヴァイリニストのルネ・シュメー)、世界的に評価された。


■sm15681532[ニコ動]

箏: 宮城道雄 ヴァイオリン: ルネ・シュメー

■nm13143796[ニコ動]

箏: 宮城喜代子 尺八: 青木慕 

 

水の変態


宮城道雄の処女作。1908年に作曲された。当時・朝鮮総督府の総監であった伊藤博文に評価された。

なお、独奏版と二重奏版とがあるが、これは当初は独奏曲として作曲され、後に替手が作られたという事情によるものである。

■sm16345273[ニコ動]

箏本手: 宮城道雄、替手: 宮城喜代子


瀬音


利根川の流れを表した曲。大正12年に作曲された。

YouTube箏: 宮城道雄の演奏[外部]を聴くことができる。

 

ロンドンの夜の雨


1953年昭和28年)に作曲された。ロンドン滞在中に即的に作曲されたもので、ロンドンBBCで初演が放送された。

YouTube箏: 宮城道雄の演奏[外部]を聴くことができる。


手事


日本音楽と西洋音楽との折衷を図った曲。昭和22(1947)年に作曲された。

第一楽章「手事」はソナタ形式、第三楽章「輪舌」はロンド形式の形をとり、日本音楽の奏法を用いて作曲されたものである。

第二章「組歌」は、日本古来の音楽である「組歌」を元に、西洋音楽のポリフォニーのような形式を取り入れたものである。

YouTubeで箏: 沢井忠夫の演奏を聴くことができる(手事[外部]組歌風[外部]輪舌[外部])。


その他


本項では紹介しきれなかったが、宮城道雄は他にも数多くの曲を作曲されている。代表的な曲を以下に挙げておくので、興味のある方はご自身で調べてみていただきたい。


関連商品


■az400311681X


関連項目



最終更新日: 16/01/07 16:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ