ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮本茂


ヨミ: ミヤモトシゲル
掲示板をミル!
628カキコ!

リンクby宮本茂

宮本茂は、任天堂ゲームクリエイターである。称ミヤホン、ミヤポン。得意技はちゃぶ台返し。


概要


マリオ』や『ゼルダ』の生みの親として知られる。この2作品以外にも数多くのヒット作を生み出しており、世界中にその名が知られている。1990年ポール・マッカートニーが来日した際に食事に招待され、宮本サインを送ったエピソードは有名。

ゲーム制作の方向性としては「万人向け」をし、特定の層(ライトユーザーコアゲーマーファミリー層など)ではなくすべての人に楽しんでもらえるゲームを、というスタンスを持つ。

子供の頃から人を脅かせる仕掛けや玩具が好きで、大学卒業制作でも知育玩具子供が入れるくらいの大きなと、そのミニチュアで卓上で体を使って数学を学べるというもの)を提出したとのこと。また漫画も好きで、小さい頃の夢は漫画家であった(学生時代に漫画クラブを立ち上げたが、それが原因で当時籍を置いていたバスケットボール部のレギュラーを辞めざる得なかった)

現在任天堂の代表取締役フェローとして、30年近く任天堂ゲーム開発の中心的存在を担い続けている。2002年以降の専務になった一時期のみ開発現場を離れていたが、社長となった岩田聡2015年逝去)の「宮本さんはなるべく開発現場にいた方がいい」という判断から、「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」より再び本格的に開発現場へと戻った。

そんな『偉い人』である宮本氏であるが、カンファレンスでリンクを装備して登場したり、ニンテンドーダイレクトにオバキュームを持って登場するなど、の場でこういったネタを仕込んでくることもある(これは任天堂全体に言えることか)。

ポケットモンスター』のシゲルF-ZEROシリーズシーゲルキューポン(=茂・宮本)など、宮本茂を名前のモチーフにしたキャラクターも存在する。

左利きだが趣味ギター右手で弾く。任天堂に入社して初めてもらった二度のボーナスを欲しかったギターの購入に全額つぎ込んだのは有名な話。ちなみに購入したギターはそのボーナスで当時安かった任天堂を買っておけば数年後に(自身の功績により)何倍も価が上がったのに、という意味を込めて「二億円のギター」とも呼ばれているとか。


ちゃぶ台返し


ソフト監修・チェックの際に、面くないと思った部分をの一で大幅に変更する「ちゃぶ台返し」(本人命名)を行うことで開発スタッフや取引会社から恐れられている。変更が及ぶ範囲はストーリーミニゲーム仕様など幅広く、その影ゲーム全体に及ぶことも少なくない。

このエピソード明らかにされたのは、当時開発が難航していた『ゼルダの伝説 時のオカリナ』でのインタビューからであったが、古くは『星のカービィ』からゼルダの伝説シリーズ全般、『Wii Fit』まで、様々なソフトハードがちゃぶ台を返されており、その威は確かなものであると伺える。

海外スタッフにも容赦なくちゃぶ台返しを行うらしく、英語では「return tea table」と呼ばれている。レトロスタジオスタッフ宮本来襲視察時には、内で『インペリアルマーチ』(ダース・ベイダーのテーマ)が流れていたとっている。

ちゃぶ台返しの様子について、以下のインタビューで詳しくられている。


略歴


受賞歴は多すぎて書けないので、Wikipediaを参照のこと。


代表作


ニコニコ大百科に関連記事のあるもの)

このほかにも数々の作品にかかわっており、その総数は100を優にえる。


関連動画



■sm4811864[ニコ動]

■sm2067995[ニコ動]
■sm410123[ニコ動]
■sm190018[ニコ動]
■sm352282[ニコ動]
■sm16088705[ニコ動]
■sm11080181[ニコ動]
■sm21211648[ニコ動]


関連コミュニティ


■co2334


関連静画


■im3988881(静画)


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/05/26 11:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ