ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮津線


ヨミ: ミヤヅセン
掲示板をミル!
1カキコ!

宮津線とは、WILLER TRAINS京都丹後鉄道)の路線である。 


概要


西舞鶴駅豊岡駅間(83.6km)を結ぶ路線。称として、西舞鶴駅宮津駅間は宮舞線宮津駅豊岡駅間は宮豊線の名称がつけられており、どこを通る路線かわかりやすくなっている。
宮豊線の宮津駅間のみ、宮福線の延長扱いで電化されている。

1924年(大正13年)4月12日に峰山線として、舞現在の西舞)~宮間が開業したのを皮切りに、1932年(昭和7年)8月10日に全線開通し、舞~峰山の峰山線と峰山~豊峰豊線を統合し宮津線称する。

全通後は鉄道省→国鉄を経て運営されてきたが、乗客数の減少に伴い、1987(昭和62年2月特定地方交通線第3次最終止対路線として国鉄宮津線止承認される事になる。

1987年昭和62年4月1日分割民営化により、JR西日本の路線となるが、1990年4月1日北近畿タンゴ鉄道の路線として転換開業した。
その後、2015年4月1日WILLER TRAINS京都丹後鉄道)の運営となり、現在に至る。


沿線の風景・みどころ 


では、西舞から豊行の普通列車に乗ってみた感じで解説させていただきます。


西舞鶴~天橋立(若狭湾・由良川橋梁・宮津湾などの海が見える車窓)


JR線から乗り換え口を出ると、まずは西舞鶴駅で切符を買うことにしよう。

列車車窓側を座るといいだろう。(いずれも進行方向から、下り列車なら右側の座席、上り列車なら左側の座席である。)

出発して右側に宮津線の車両基地である「西舞鶴運転区」が見え、待機中のKTR車両を見ることができるだろう。

車窓左側に並走したJR舞鶴線は左にKTR宮津線は右に曲がるといよいよ、田園風景をしばらく走りトンネルを過ぎると、関所をモチーフにした舎のある四所に到着する。

してすぐに国道178号線をアンダーパスしトンネルをくぐると車窓左側に由良が見えてくるはずだ、そして「安寿と子王」ゆかりの地に近い東雲駅に到着する。発すると由良が近づいていきしばらく並走すると教会ペンションをモチーフにした丹後神崎に着くはずだ。海水浴で賑わう、「神崎」の最寄である。

を出発すると宮津線最大のハイライトであり「けいおん!」&「AIRアニメ版)」の舞台になった由良梁」を渡ることになる。

その梁を渡ると、舞に別れを告げ、宮津市に入ったことになり、丹後由良駅に到着。海水浴にはミカン狩りでにぎわう。
出発し由良車窓の右側に見据えると、トンネルを出たその先に奈具が見える。また晴れたいい日には、天然記念物であるオオミズナギドリが生息する冠が見えるハズである。

再びトンネルをくぐり、奈具の対には栗田半島が見え、さらに関西電力「宮エネルギー研究所・丹後っち館」が見えてくると。栗田に到着する。
栗田を出ると車窓左手に宮津市球場が見えるとほどなくトンネルに入るそして、出て右手に一文字立が観え宮地に入ると宮津駅に到着。宮福線はここで乗り換えとなる。

を発後、宮福線と並走の後、宮津線は右にカーブする。大手梁を渡りトンネルを入ると、車窓右側に宮地に宮湾と対栗田半島の西側が見えてくる。
トンネルを出ると、またも宮湾がしっかりと見えるだろう。ゆっくり速度落とすと日本三景の一つ沿線随一の観光地「立」が在る、に到着する。


天橋立~豊岡(丹後の風情が見えてくる車窓)


立を出発すると、車窓右側に、内海である、が広がる。立の一文字に対側には、公園に成相山が見えてくる。トンネルをくぐると今度は、対に与謝野町(旧:岩町)の町並みが見えてくる。国道176号線をアンダーパスし列車速度が落ちて着いた岩滝口駅である。

トンネルをくぐり、野田梁を渡ると与謝野町に入る。車窓左側に寄り添ってくるサイクリングロードは「京都府803号加悦岩自転車」かつての「加悦鉄道廃線跡で、しばしの併走のちかつては丹後山田と言われた与謝野に到着する。

出発すると、件の自転車道路と別れ、車窓左側に与謝野町の町並みと加悦平野が見えてくる。列車ゆっくりと登ってトンネルを出ると水戸渓谷ある国道312号線が並走する。ゆっくりと駆け上がる時に列車京丹後市に入る。

列車はしばらくすると下り坂に入り今までのゆっくり振りがの様にスピーディー下っていく、ちょうどそうなるとも寄り添うように走り、やがて列車丹後大宮駅に到着する。

出発すると、両車窓田園風景京丹後市内をトップスピード85km/hで突っ走っていく、車窓右側にショッピングセンターマインが見えてくると右にゆるくカーブ国道312号線をアンダーパスし減速すると、京丹後市の中心で「丹後ちりめん」発祥の地で、機織機をモチーフにした舎の峰山に着く、出発すると、田園地帯とちょっとごみっとした山間を左に右にと抜けると、色にも開けてくる。大きく左にカーブすると、ホームカーブにかかっていて潜水艦モチーフした舎の網野に到着する。
がある京丹後市網野町は東北楽天ゴールデンイーグルスの元監督であり、丹後名誉市民でもある、野村克也氏の出身地でもある。

出発して程なく、登り勾配ゆっくりと走っていき国道178号線をオーバークロストンネルに入ると日本標準時子午線を崩覆いのあるトンネルをくぐり勾配を下ると、夕日温泉に到着する。

すると、またも登り勾配を上がる。になれば、チューリップ美しい風景が見れるだろう。
のどか風景を下りながら進むと少し久美湾が見えた辺りでに着く。

出発すると左にカーブすると丹後の農村風景を見ることになる。次に右にカーブし、を渡ったのち、ホームと待合室のみの甲山に到着する。付近に久美高校があり、通学時間帯にもなるとそれなりに賑わう。

甲山を出ると、久美湾にもっとも近い場所を走りトンネルをくぐると車窓右側に久美湾とそして、の一つ久美に到着する。

すると、豊岡駅からJR線の接続列車の案内放送とともに、左にカーブする。
やがて路(ばじ)の山の中を進んでいくと、越えのトンネルトンネル」に入る。
長いトンネルを出ると、兵庫県、そして豊岡市にやってきた。
長い山下りの後着いたコウノトリの郷駅に到着する。なおこの旧名である「但馬三江駅」は鉄道むすめに出てくる「但馬みえ」の名の由来でもある。また同舎内の事務室を改造した素人料理の店「ぽっぽやが基本的には毎第二,四の土曜日日曜日に営業しているので、ぜひここに来たなら、お立ち寄り願いたい。

出発し右に大きくカーブトンネルを出ると、2010年4月8日に架け替えられた「円山川梁」を渡り、豊地が見えてくる頃JR山陰本線車窓右側に合流、そして終点豊岡駅に到着する。

JR線はこの乗り換えとなる。 


運行体系



優等列車


JR線乗入列車「はしだて」「こうのとり」

宮福線からの直通の特急「はしだて」については、電車特急「はしだて」が宮豊線の立まで、気動車特急「はしだて」は、宮豊線の豊(但し特急列車としての運転は久美まで)乗り入れてくる。

臨時特急こうのとり」は普段は福知山発着となる7号・22号を延長する形で多客期に運行されているので、運転日に注意してほしい。

かつては宮津線全線を闊歩する優等列車特急あさしお」急行「丹後」などがあったが、2008年3月ダイヤ正で「タンゴディスカバリー」が宮福線経由となってしまったので、現在は全線を走る優等列車はない。

線内優等列車特急「たんごリレー」号

基本は宮福線に乗入れ福知山駅JR線の特急きのさき」「こうのとり」に接続している。
また「こうのとり」運転日には福知山駅接続から接続に変更される。

なお、下りの「たんごリレー3号から快速「丹波路」として運行される。


普通列車


普通列車は基本は西舞~豊ワンマン運行が基本だが、一部の普通列車は、宮立・与謝野・網野などで完結する。また、快速「丹後あおまつ1・2号(宮津線内各駅停車)」と普通「丹後あおまつ3・4号」、「丹後くろまつ号」は宮福線に直通する。

一部時間帯には、乗務もしくはアテンダント乗務の列車もある。

編成は1両編成の列車だが、時間帯によっては2両ワンマン(通勤通学の時間帯)または、KTR001系 KTR8000形による普通列車もある。


駅一覧


特急:「はしだて」・「たんごリレー」、快速:「丹後路」
:全列車:一部列車、|:通過


次へ»
最終更新日: 15/04/11 12:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ