ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮脇俊三


ヨミ: ミヤワキシュンゾウ
掲示板をミル!
4カキコ!

宮脇俊三(みやわき しゅんぞう、1926/12/09 - 2003/02/26)とは、埼玉県川越市生まれ・渋谷育ちの、偉大なる鉄道趣味人である。


概要


中央論社の編集者であったが少年時代からの鉄道好きで、国鉄全線(当時)の乗り潰し達成を機に紀行作家に転向。以降多数の旅行記やエッセイを書き、「鉄道紀行文学の第一人者」と呼ばれるまでになった。気取ったり知識をひけらかしたりしない、淡々とした読みやすい、それでいて独特のユーモアとペーソスに溢れた文章は鉄道マニアからの評価も高い。また、数は少ないが小説も書いており、ミステリー短編集『殺意の風景』は泉鏡花文学賞を受賞した。

質の高い作品を残しただけでなく、「最長片切符」や「廃線跡探索」といった、それまであまり知られていなかったカテゴリを世に広めた功績もある。

次女の宮脇子は作家として活動している。


生涯


後に衆議院議員を務めた陸軍軍人・宮脇長吉の三男として、1926年12月9日埼玉県川越市に生まれるが、生まれて間もなく渋谷に移り住んだため川越の記憶は残っていないらしく、「渋谷出身」を自称している。物心がついた頃からの鉄道好きで、近所の電の庫などを遊び場に育つ。渋谷駅にも足しげく通い、生きているハチ公を見たこともあるという。

1945年東京大学理学部地質学科に入学するが、中退して東京大学文学部西洋史学科に再入学したのち1951年卒業卒業後は中央論社に就職して編集者としての仕事を始める。

編集者時代は「中宮脇あり」と呼ばれるほどの辣腕で知られ、「世界歴史」「日本歴史」両シリーズというベストセラーを生み、「中新書」の創刊にも関わった。「どくとるマンボウ」こと芥川賞作家の北夫を発掘・デビューさせたのも大きな業績である。

その仕事ぶりから常務にまで出世するが、一方で鉄道への情は止まず、休日となれば鉄道旅行に出かける生活を続けた末、とうとう1977年国鉄全線を乗。翌年この体験をまとめた『時刻表2万キロ』で作家デビューを果たすとともに中央論社を退社し作家専業になる。これは「今まで編集者として多くの人の原稿をボツにしたり書き直させたりしてきた以上、中から本を出すわけにはいかない」「他社で仕事をするからには中にはいられない」というケジメによるものであり、それ以後も中央論社の仕事は一切しなかった。もっとも、当時の中央論はテロ事件を発端とする長い労働闘争の後有能な社員が次々と抜けてを失い始めていた時期であり、また闘争の時は体制側について老獪に立ち回る羽になった宮脇にとっては居心地も悪くなっていた面は否定できない(この点については外部リンクの文章が詳しい)。

ともあれ、デビュー作の『時刻表2万キロ』は日本ノンフィクション賞を受賞するなど高く評価され、一躍脚を浴びる。翌年に発表した2作『最長片切符の』では、「一筆書き切符」の存在を世に知らしめ、こちらも高く評価され、紀行作家としての地位を確立した。

その後も数多くの作品を執筆し、1999年には業績全般を称えられ菊池寛賞を受賞。しかしこの年に気の衰えから休筆を宣言。その4年後に銀河鉄道の乗客となった。享年76。


人物像



ネット及びニコニコ動画における宮脇俊三


インターネット上の鉄道ファンコミュニティの間では、一癖も二癖もある鉄道ライターが多い中で、他とは一線を画す文章・人柄が高く評価されており(参考1[外部]2[外部])、「宮脇先生」「宮脇翁」といった敬称つきで呼ばれることが多い。

宮脇がかつて乗ったローカル線の中にはその後止になったものも多く、その体験談は重な資料にもなっている。そのため、著書の記述がしばしば迷列車で行こうシリーズ引用されている。迷列車(東日本)の人迷列車(九州)の人は「宮脇俊三」と呼んでいる。


関連動画



■sm7219874[ニコ動]

■sm12526216[ニコ動]
■sm9253890[ニコ動]
■sm11440237[ニコ動]


関連商品


■az404159801X
■az4309977219


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/10/31 23:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ