ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


家政婦は見た!


ヨミ: カセイフハミタ
掲示板をミル!
7カキコ!

あらやだ


概要


「家政婦は見た!」は市原悦子演のテレビドラマシリーズである。
石崎子に扮する市原悦子政婦として派遣された先でスキャンダルを見つけてはに隠れながら顔を半分くらい出して「あらやだ」とつぶやく(様式美)。
その後家族全員が集まったところに申し訳程度の北斗有情破顔拳テーレッテー)を発動し去っていく。
これが毎回のあらすじである。

ねえ会長さん、もっとしっかり説明してよ〜(市原悦子版解説)

原作松本清張の「熱い空気」である。これがテレビドラマ化されると受けが良かったため(これがシリーズ1作)、続編を作ろうとしたが松本に断られる。
そこでテレビ用にオリジナル脚本を用意し制作が続けられ、「土曜ワイド劇場」を代表する名シリーズとなった。

1作「焦げた」では主人公の名前が河野信子、所属する紹介所も「協栄政婦紹介所」となっている。
しかも庭内の問題を観察するだけに飽きたらず、勤め先の家族を唆して庭を破壊するという悪女っぷりであった。

2作からは「大沢政婦紹介所の石崎子」が主人公になり、その当時の時事を絡めたストーリーが展開された。
バブル期の取引・ふるさと創生資・君騒動・ライブドア事件などがモデルになったと思われる回もあり、1983年の「焦げた」から数えて25作が放送された。

続編のお方がコーヒー代持ってくれるのね…すみませーん、ケーキも追加で!(米倉涼子版解説)

2008年に一度完結したシリーズだったが、2014年米倉涼子演での新作が制作・放送された。

シリーズでの主人公は沢口信子。
結婚していたが「いくらなんでも美しすぎるので、外では何人もの男をそそのかしているのではないのか」と疑り深くなった夫に離縁された。元夫、ちょっとこっち来い。
その経験からか、政婦としての派遣先ではおかっぱウィッグに丸ブチメガネそばかすメイクというわざとブサイクな格好をして仕事をしている。

紹介所の名称が「協栄政婦協会」であるなど、設定は原作の「熱い空気」に近づけてある。
その他ストーリー主人公の言動などに、石原悦子版よりドスい部分が見える(石崎子さんも庶民的なようでいて結構図々しくはあるが)。

2014年ドラマの視聴率が17.4関東地区)と好調だったのもあり、2015年に第2作が制作・放送された。

労働大臣のお決めになった紹介料では、これ以上はお話できません!(補足)

1997年クールには連続ドラマでの展開もあった。こちらは紹介所がマンションの一室など設定が少々違う。
2010年には日立製作所とのコラボで「家政婦は見た!Woooも見た!」という、デジタルテレビ販促のためのネットコンテンツ制作開された。
石原悦子版では、派遣先に踏み入りすぎた報いともとれる「怪をする」シーンが終盤に発生する。大抵は大損をした政婦仲間にもみくちゃにされて足を怪するものだが、回によっては弁当で集団食中毒」「地上げに失敗した不動産屋が、重機に乗って紹介所の建物に突っ込む」など手なものもあった。
テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」で放送されたシリーズとしては、一「殺人事件」が盛り込まれていない。他局の2時ドラマとくらべてもしいケースであり、米倉涼子版でもこのスタンスは崩れていない(ただし殺人ではない身内の事故死などを回想するシーンは何回かある)。


関連動画


あらやだ


関連項目



最終更新日: 15/12/06 00:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ