ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


家鳴将軍家御側人十一人衆


ヨミ: ヤナリショウグンケオソバニンジュウイチニンシュウ
掲示板をミル!
42カキコ!

家鳴将軍家御側人十一人衆とは西尾維新小説刀語』の登場人物であり、将軍 綱から一心同体と言われるほどの厚い忠義心と実を持つ戦闘集団である。 かませ犬でもある。でも、皿工舎は忠心が尽きていた。


概要


最終巻『炎』にて主人公 鑢七が尾守閣へ向かう際に、ヒロイン とがめと七が一年かけて集めた完成変体11本を手にし、将軍を守るべく立ちふさがる

以下にそれぞれの名前を記す。

ちなみに、原作で彼らの奮闘に割かれたページ数は、十二巻の118ページから151ページまでの一人あたり約3ページの計算、アニメでは全員で総計9分弱。殺&殺である。
とは言え、決して彼らが弱かったというわけではなく、場所の有利、本人の長所を殺すかのようなを与えられていることも多分にある。
広い内での「鈍」、地の利を生かせない屋内での千流、兵に劣るとしても大変な実者である浮義に絶などが与えられていない、獰猛な性質のヶ丘にそれを殺す王善人であるらしい呂が与えられているなど、将軍の滅亡を密かに狙う否定の介入が考えられる。

刀語の二十年前を描いた第話「虚・鑢」にて歴史最強鍵が十一人衆に一人で匹敵すると言われているので、当時の十一人衆は非常に強戦闘集団であったのだろう。
(錆鍵はただの素振りで地を割りを裂き全てを吹き飛ばすというわけのわからない強さを持つ。)


関連動画



■sm14612711[ニコ動]

■sm19336188[ニコ動]


関連商品


■az4062836521
■azB004FPHTM8


関連コミュニティ


■co3009


関連項目



最終更新日: 17/01/04 17:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ