ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


富山地方鉄道


ヨミ: トヤマチホウテツドウ
掲示板をミル!
18カキコ!

富山地方鉄道とは日本民間鉄道会社及びその鉄道・軌道路線の総称である。多くの関連子会社を持ち、富山地方鉄道グループとしてグループ会社を形成している。本記事ではグループ会社も併せて説明する。


概要


鉄道電(路面電車)、路線バス高速バス、貸切バスタクシーなどを運営する非常に多的な会社である。また、ボウリング場、ビルなども運営している。
※以下、富山地方鉄道が運営する鉄道地鉄あるいは鉄道と、路面電車電、グループ全体に関しては地鉄グループと呼ぶことにする。


鉄道


現在、営業する鉄道路線は本線立山線不二越・上滝線不二越線上滝線となっているが運行上は一つの路線)の3本である。JR城端線氷見線など県内西部ローカル路線を多く持つJRに対し、こちらは東部中心である。路線図から分かるとおり、上滝線立山線に岩峅寺で合流する。本線立山線観光路線としても需要が高い。

鉄道車両舎など古なものが多く、一部の舎は映画のロケなどに使われたことがある(ただ、老朽化が進んでいるため絵になるはあまり多くないかもしれない)。車両には14760系などオリジナルのものもあるが中小私鉄の経営上、大手から譲り受けたものを改造していることも多い。リサイクルってエコだよね。

JR各線とともに通勤通学に使われる重な足として使われる鉄道であるが、不二越・上滝線立山線はおおむね夕のラッシュアワー時以外、1時間に1本(ラッシュアワー時は2本)。田舎なのでどこの路線も似たようなもんではあるが・・・。その点、本線は電富山~上間でほぼ毎時3本以上、上滑川間で毎時2本以上の運転が確保されており、特に電富山寺田間はラッシュアワー時に毎時5~7本の運転となるなど、他の中小私鉄べてかなり高頻度の運行が確保されているので安心である。ただし滑川温泉間は前述の各線とほぼ同等の運転頻度となる)。

たかつては、国鉄JR特急急行列車、更には国鉄を介して名古屋鉄道名鉄)の「北アルプス」が本線立山線へ乗り入れていたことがある。当時は「サンダーバード」に用いられていた681系も、富山地方鉄道への乗り入れ実績を有している。

全線のほとんどの列車が電富山発着である。観光特急では、本線温泉立山線立山の間を結ぶものもある。

2012年には、富山地方鉄道を舞台とした「RAILWAYS を伝えられない大人たちへ」が2011年12月3日ロードショー開された(富山では11月19日に先行開された)。

2019年3月16日不二上滝線稲荷町-不二越間に栄町駅が設置された。

車両

路線図


次へ»
最終更新日: 20/08/01 18:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ