ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: スン

とは、日本中国で使われる長さの単位である。


概要


の幅が起と言われる長さの単位。10寸は1、10は1寸。転じて短い、少ないという意味でも使われる。

日本の(曲尺の)寸 1寸 = 100/33 cm ≒ 3.03cm
日本の(尺の)寸 1寸 = 250/66 cm ≒ 3.79cm
中国制の寸 1寸 = 10/3 cm ≒ 3.33cm

漢字として


Unicode
U+5BF8
JIS X 0213
1-32-3
部首
寸部
画数
3画
読み(常用)
スン
訓読み(常用)
-
Unicode
U+2F28
意味
長さの単位である。また、少し、ちょっと、(と通じて)推し量る、という意味がある。
字形
の会意。 〔説文解字〕に「十分なり。人の手、一寸を(しりぞ)くところの動𧖴(脈)、之れを寸口と謂ふ。又にひ一にふ」とあり、の10倍としている。字形の解釈では寸口という脈の位置を持ち出している。
音訓
読みはソン(音)、ソン、スン(音)、訓読みは、き、わずか。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年生で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
寸は部首、寸部を作る。と同じように手を表す意符として使われ、長さの意味では使われない。そのように使われるのはインチ)くらいである。
寸を符とする漢字には、などがある。ちなみにはもともとで、屯である。
寸陰・寸隙・寸劇・寸志・寸尺・寸借・寸心・寸進尺退・寸寸・寸前・寸善尺魔・寸田・寸断・寸土・寸法
参考
書体が平仮名のもととなった。

互換文字


関連項目



最終更新日: 13/03/31 23:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ