ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


対戦車ミサイル


ヨミ: タイセンシャミサイル
掲示板をミル!
77カキコ!

対戦車ミサイルとは、戦車MBT)をはじめとする地上兵器を破壊するためのミサイル兵器である。

英語ではAnti-Tank missile(ATM)、Anti-Tank Guided Missile(ATGM)、Anti-Tank Guided Weapon(ATGW)等と呼称される。


概要


誘導装置と推進装置を備え、戦車の装甲を貫するのに十分な威の弾頭をもつ。推進装置は固体燃料ロケット、弾頭はモンロー/ノイマン効果を利用した成HEAT)を用いるのが一般的。地上の対戦車ミサイル地に設置して使用されるほか、IFV戦車駆逐ヘリコプターなどに搭載して運用される。

MBTだけではなく、他の装甲/非装甲車両、トーチカや敵地、舟艇などへの攻撃にも用いられる。

自衛隊では対戦車誘導弾とよび、MAT略称も使われる。陸上自衛隊が保有する対戦車ミサイルについては →対戦車誘導弾


誕生「戦場の未来 兵器は戦争をいかに制するか」ジョージ・フリードマン レディス・フリードマン 関根一彦:訳 徳間書店 1997 p.113


第二次世界大戦中、戦車から歩兵を守る手段として、成弾頭を使ったバズーカパンツァーファウストが開発された。しかし射程が短いため歩兵戦車にかなり接近しなければならず、弾道が予測しにくいので当てるのも大変だった。

戦争末期ドイツはこの問題を解決するX7ロートクプヒェンを開発した。固体燃料ロケットに方向がついたミサイルで、射程は1200メートル。最も重要な特徴は発射後の弾道を制御できることだった。後部にワイヤーが接続され、信号を送ることで手が標までミサイルを誘導できた。

X7は1945年に製造を開始したが戦局に影を与えるには遅かった。その後フランスが有線誘導システムの開発を続けて6年後にSS10を完成させ、続いてENTACSS11も完成させた。


分類


に誘導方式によって世代分類される。


第1世代


AT-3サガー、64MAT等。

射手は眼鏡の十字線に標を合わせ、ミサイルが十字線から外れないように操縦レバーを動かす。ミサイルは細い電線を繰り出しながら飛翔し、操信号はこの電線によってミサイルに送られる。ミサイルの尾部には射手が狙いやすいように火を出すフレアが付いている。世界の最新兵器」関野秀夫・明地 男・原田 稔 朝日ソノラマ 1975 p.97

手動操作は習熟が難しく、命中するまで視で標を確認しつつ誘導しなければならないため操作員が危険にさらされるなど難点も多かったが、ジープトラックで移動する歩兵部隊に有効な対戦車戦闘を与えた点で画期的である。とくにAT-3は第四次中東戦争イスラエル戦車部隊に対し集中運用されて戦果を挙げ、戦車不要論の嚆矢となった。


第2世代


TOW79重MATミラン等。

有線で誘導するのは変わりないが、SACLOS(半自動照準線誘導)と呼ばれる方式により手動操作なしに照準線に捉えるだけで自動的に誘導してくれるようになった。「半自動」なのは命中するまで標を照準に捉え続ける作業が相変わらず必要になるため。

第2.5世代

ヘルファイア87中MATなど。

有線誘導をし、レーザー照準によって標に誘導する方式。ミサイルレーザーが照射された地点に向かって飛翔する。レーザー照準装置は発射機本体と離して設置することが可になり、発射要員の生残性が向上した。

ただし有線誘導をした関係上、煙幕や電子妨などジャミングを受ける可性も若干増した。対する戦車の側もレーザー照射を検知するセンサーなどを装備するようになっている。


第3世代


ジャヴェリン、01式軽MATなど。

赤外線画像シーカー標の形状を識別させることで、全な撃ち放し(fire and forget)を得たタイプ。一度ロックオンして発射すればあとの誘導は必要なく、発射要員は速やかな離脱または再攻撃が可ただし赤外線シーカー特性上、フレア煙幕などの妨手段の影を受けやすく、また熱を持っていない標のロックオンが困難である。

また、一部の設置/車載対戦車ミサイルには外画像シーカーからの画像を有線で操作員に伝送、発射後のロックオンや誘導更新を可にしたものがある(96式多目的誘導弾spike(ミサイル)など)。この種の有線誘導には従来の金属ワイヤーに変えてファイバーが用いられるが、このファイバー誘導技術の実用化に成功したのは今のところ日本イスラエルだけである。


その他のハッテン


誘導装置以外にも、閉じた場所でバックブラストなしの発射を可にするカウンターマス爆発反応装甲間装甲に対処するためのタンデムHEAT弾頭、戦車の脆弱な上部装甲を狙うためのトップアタックミサイルなど、良が続けられている部分は多い。

また、HEATを使わずに高速のミサイル弾体を直接突入させて対を破壊するLOSAT開発中止)などもアメリカで計画されたが、これは開発中止となった。


MATという自衛隊用語


自衛隊では対戦車ミサイルを対戦車誘導弾と呼び、略称としてMATMissile Anti Tank)を用いている。

1950-60年代、アメリカから装備供与に頼りきりだった自衛隊が装備産化の一環として開発したのが初の産対戦車ミサイル(陸自では対戦車誘導弾)「64式対戦車誘導弾」(64MAT)である。以来「重MAT」(79式対舟艇対戦車誘導弾)、「中MAT」(87式対戦車誘導弾)、「軽MAT」(01式軽対戦車誘導弾)等に「MAT」の略称が使用されているが、79式の直接の後継に当たる96式多目的誘導弾システム戦車以外の標に対する攻撃眼とされているため、MATではなくMPMS(Multi-Purpose Missile System)と略される。言いづらいので略称は「マルチ」。

英名の略称としては記述の通りATMのほうが自然なのだが、「ATM」が「核(Atomicを連想させる」と騒いだプロ市民団体があったらしく、誤解を防ぐ為の配慮として「MAT」となる略称を用いるようになった、ということらしい。ただし開発名称や部内資料の中ではATMが用いられることがある。

まあ、車載クラスミサイルであれば弾頭に小の戦術核を搭載することも不可能ではないが、日本はそのような核弾頭も核技術も保有していないし、そもそもそのような核搭載対戦車誘導ミサイル自体、付随的被害を考えれば軍事的に価値が薄く(誘導の核無反動砲ならデイビー・クロケットがあるが)、に実用化した冷戦やかなりし頃でも存在しない。
ただ、近年ではATMというと機関の自動預払機がまず連想されるので、そこの混同を避けられた点は怪の功名といえるかもしれない。


関連動画



■sm3902970[ニコ動]

■sm3746771[ニコ動]
■sm268038[ニコ動]
■sm229784[ニコ動]
■sm6225759[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/10/03 01:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ