ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小山桂司


ヨミ: オヤマケイジ

小山桂司(おやま けいじ、1980年11月19日-)とは、宮城県出身の元プロ野球選手捕手)である。


概要


OB
小山桂司
基本情報
日本
出身地 宮城県仙台市太白
生年 1980年11月19日
身長
体重
175m
81kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 捕手
プロ入り 2005年ドラフト5位
引退 2015年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

秋田経済法科大学中退してシダックス入り。当時監督だった野村克也の下で才が開し、2005年北海道日本ハムファイターズ大学社会人ドラフト5巡で入団。同期には八木智哉武田勝川島慶三陽岱鋼等、現在も活躍している選手が多数いる。

2006年は寝坊に加え、様々な素行不良を起こしてオフに球団から減俸処分を科せられる。その後も「中田を励ます会」と称して当時ルーキーだった中田翔、妻子持ちの糸井嘉男合コンに連れ出す、若手に鉄拳制裁をかます等の行為をやらかし、野球の方でも鶴岡慎也高橋信二らのに阻まれ2008年オフ戦力外通告を受ける。

その後トラアウト落合博満に見出され、2009年中日ドラゴンズに移籍。この年中日では入れ替わりで同じく捕手小山良男が退団したため、結構紛らわしいこととなった。

あの中村紀洋くした球団だけあり、中日移籍後は更生に成功したのか、キャンプで一軍に抜され、オープン戦でも結果を残して開幕一軍に定着。その後谷繁元信の故障時に代役として活躍し、繁がいる時でもチェン・ウェイン朝倉健太登板する時はスタメンマスクを被る等、小田幸平に代わり2番手捕手の座を獲得した。

2010年も開幕一軍に入るが朝倉の不調や小田の復調もあり、出場機会が減少した。

2011年繁の離脱時に小田と併用され、51試合に出場、打率.280とそこそこ結果を残したが、オフ銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルス放出されることになった。

2012年は正捕手嶋基宏の故障により22試合に出場する機会を得たが、その後は志嶺忠や小関翔太といった選手たちの台頭によって出場機会が少なくなり、2015年に6試合の出場に終わるとオフ戦力外通告を受け、10月28日に任意引退示された。

引退後は中日のブルペン捕手兼打撃投手に就任。2019年まで同職を務め、オフ中日を退団した。


プレースタイル


遠投110mを誇る強肩捕手で、高い盗塁阻止を誇る。しかしキャッチングに難がある等まだまだ繁からレギュラーの座を奪うには時間がかかる。

捕手にしてはしい俊足であり、50m走は58とも言われ中日の俊足選手にもひけをとらない。そのため代走で起用されることも多い。

日本ハム時代は出番を増やすため捕手の他にも一塁手三塁手外野手を守り、中日移籍後も一軍で一塁手を守った。

打撃に関しては得点圏打率打率より高い傾向がある等意外性がある。


成績



年度別打撃成績


年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2008年 日本ハム 27 31 29 3 5 1 0 0 0 0 1 0 1 0 3 5 .172 .200
2009年 中日 59 137 122 13 19 5 1 1 10 0 1 0 12 2 31 1 .156 .243
2010年 35 76 65 5 14 3 0 0 4 0 3 3 5 0 20 3 .215 .260
2011年 51 102 82 7 23 4 1 1 10 1 3 1 16 0 31 0 .280 .394
2012年 楽天 22 65 58 4 13 1 0 0 6 0 2 2 3 0 15 1 .224 .254
2013年 5 8 6 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 .167 .375
2014年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000
2015年 6 6 5 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 .000 .000
NPB:8年 207 445 367 32 75 14 2 2 30 1 11 6 39 2 104 10 .204 .280

関連動画


募集中


関連商品


■azB003UA3482


関連コミュニティ


■co2134


関連項目



最終更新日: 19/12/26 20:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ