ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小松聖


ヨミ: コマツサトシ
掲示板をミル!
26カキコ!

小松聖こまつ さとし1981年10月29日-)とは、福島県いわき市出身の元プロ野球選手投手)である。現在オリックス・バファローズスカウト。

名前の読みは「さとし」であり、「せい」でも「ひじり」でも「きよし」でも「たかし」でもない。
一部のファンからは「こまっちゃん」と呼ばれている。


概要


OB
小松聖
基本情報
日本
出身地 福島県いわき市
生年 1981年10月29日
身長
体重
180cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2006年希望入団
引退 2016年
経歴
選手歴 コーチ
プロ野球選手テンプレート

国士舘大学までは立つ選手ではかったが、社会人JR九州で頭を現し、都市対抗では同僚の藤岡好明、補強選手の川崎雄介草野大輔らと共にチームを四強へ導く。

2006年ドラフト希望オリックス・バファローズに入団した。背番号28

オリックス時代

2007年(1年)はシーズンの大半を二軍で過ごした。7月16日千葉ロッテマリーンズ戦でデビューし、9月9日福岡ソフトバンクホークス戦でプロ勝利を挙げた。1年は8試合の登板で1勝2ホールドだった。


2008年、開幕前から先発が故障者続出で崩壊寸前となったため、山本省吾と共にリリーフから急遽先発ローテーション入りする。セ・パ交流戦で連続KOされ一旦リリーフに戻されるが、再び先発に戻った場には破の9連勝を挙げチームの快進撃を支え、Aクラス入りに貢献した。最終的には15勝3敗・防御率2.51と、岩隈久志ダルビッシュ有に次ぐ好成績を挙げて新人王を獲得した。


2009年WBC日本代表に選出。第2ラウンド1位決定戦にて登板、2回1/3を失点、5奪三振投を見せた。
ソフトバンクとの開幕戦で7失点しKOされると、前年の活躍がのような大炎上を繰り返し、1勝9敗、防御率7.09という別人どころの話ではない成績に終わる。登板のたびに当たり前のようにKOされていく姿に、「KO」と呼ばれるまでになった。


2010年中継ぎで迎える。好成績を残していたことと、岸田ストッパー転向もあり先発に復帰。先発でもまずまずの投球を見せていたが、以降調子を崩すと8月末に右が疲労折していたことが判明し登録抹消。そのままシーズンを終えた。リリーフに限れば防御率は1点台で、全復調とはいかないまでもの見えたシーズンだった。


2011年は、5月10日ソフトバンク戦にリリーフ登板、1アウトしかとれずに5失点。一軍ではその1試合の登板のみに留まった。成績は1試合、0回1/3、防御率135.002010年から行っている、1アウトごとに1000円、1勝・1ホールド・1セーブごとに1万円、タイトル獲得で10万円を保護団体に寄付する「ONE アウト ドネーション[外部]」では1000円しか寄付できないという哀愁漂う結果となる。一方、2chではこのドネーションの計算式を用いて投手チームへの貢献度を測る「小松式ドネーション」という新標が提唱され話題になった。


2012年6月に一軍昇格。リリーフ先発を兼任してシーズン終盤まで一軍に帯同した。21試合に登板先発9試合)し、3勝5敗2ホールド防御率4.90。前年1000円だったドネーション額は243の24万3000円。


2013年は開幕直後に一軍昇格するも打たれてすぐ二軍落ち。復帰後は敗戦処理ロングリリーフやビハインド要員として登板し、27試合で1ホールド防御率4.35という成績だった。ドネーション額は前年の約半分の12万8000円。


2014年はわずか4試合の登板に終わった。


2015年も終盤の8月まで二軍暮らしが続いたが、9月18日東北楽天ゴールデンイーグルス戦にてプロセーブを挙げた。


2016年は開幕一軍に残ったが、3月26日埼玉西武ライオンズ戦にて炎上したためすぐに登録を抹消される。その後5月終盤に再登録されるも2度の登板6月半ばに再び抹消。そして9月21日にこの年限りで現役を引退することを表明した。9月29日東北楽天ゴールデンイーグルス戦が引退試合となり、先頭打者の島内宏明安打を許したが、マウンドに集まった同僚達からねぎらわれ、金子千尋と交代し現役最後の登板を終えた。お金子がゼラス・ウィーラータイムリーを許したため、小松には自責点1が付いた。


引退後


2017年からはオリックス二軍投手コーチを務める。2020年は一軍投手コーチを務め、同年限りでコーチを退任。2021年からはオリックススカウトを務める。


人物


ヒーローインタビューでは「キターッ!!」と山本高広のモノマネをするパフォーマンスでおなじみだった。


成績



通算投手成績


通算:10年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 159 62 6 0 25 26 1 11 .490 482.2 154 388 254 235 4.38

国際大会での投手成績


年度 代表 大会 登板 先発 勝利 敗戦 セーブ 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2009年 日本 WBC 1 0 0 0 0 2.2 1 5 0 0 0.00

関連動画


■sm3341156[ニコ動]

■sm5559337[ニコ動]
■sm6490509[ニコ動]

関連商品

関連コミュニティ

■community


関連項目


外部リンク


最終更新日: 20/12/10 18:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ