ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小林健二


ヨミ: コバヤシケンジ

小林健二こばやしけんじ)とは、将棋棋士である。棋士番号123香川県出身。称はコバケン

タイトル戦に縁がなかった(挑戦者決定戦が最高)が、棋戦優勝は2回。

子に祐介島本古森悠太池永志がおり、そして後にプロに編入した今泉健司小林であった。女流では岩根北村桂香がいる。
今でも今泉とは交友を保っており、プロ編入を果たした時は祝福のメッセージを送っている。


概要


プロ入りは18歳で、元々は矢倉を得意とする居飛車党だったのだが、1990年に突如として四間飛覚め、振り飛車党となって第一線で活躍を続けた。
2017年
順位戦C級2組で2個の降級点がついてしまい、その年にフリークラスを宣言。
これに伴い、2022年棋士として引退することが決定した。

小林健二といえば四間飛であり、スーパー四間飛と銘打って(どうやら当時流行したスーパーマリオに影されたとか)定跡を研究し、四間飛を中させた。
中でも圧巻は第49期(1990-91年度)の順位戦B級1組にて全局で四間飛して10勝1敗(※)の成績でA級に復帰するという離れ業を見せた。
これにより居飛車穴熊の台頭により姿を消しかかっていた四間飛が復活の狼煙を上げ、後の
杉本昌隆、櫛田陽一、藤井猛鈴木大介らに影を与えているなど、紛れもなく四間飛の中の祖である。
また、同じ四間飛党の杉本子に当たる。

※本来B級1組の定員は13名だが、前年度に二上達也九段が同階級に在籍しながら引退したため、この年は12名で行われた。

プロ棋士としての活動を続ける傍ら、東南アジア南アジアでの将棋普及に努めている。
2017年にはマレーシアで開催された将棋大会に出席した。

同年代の田中寅彦とは昵懇の間柄であり、よく一緒にみに行っている。
その際、第一回
叡王戦(2016年開催)で解説に呼ばれた田中が現地解説の小林に自分の携帯電話をかけたのがいわば将棋版テレホンショッキング、後のティロフォン着メロ西尾明作曲CM曲を流していることからそう呼ばれ、後に現地から電話がかかってくるようになった)の始まりである。

第46回(1996-97年度)NHK杯テレビ将棋トーナメント屋敷伸之七段(当時。現在は九段)と対局した際、同棋戦史上初めての時間切れ負けという大失敗をしでかした。小林はその対局を振り返って読みで着手をしようとした時に自玉に詰みがある筋が一見え、受けなければいけないと思って頭が真っ白になった間に時間切れになってしまった」っている。


関連動画



■sm22301370[ニコ動]

■sm17501809[ニコ動]


関連商品


■az4819703331
■az4422751298


関連項目



最終更新日: 19/09/10 10:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ