ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小泉純也


ヨミ: コイズミジュンヤ

小泉純也とは、日本国の防衛庁長官である。異名は「安保男」。旧姓は鮫島
は「普通選挙運動」「野人小泉」として知られる、小泉二郎息子小泉純一郎


概要


鮫島純也さめじますみや)は、1904年(明治37年)1月24日鹿児島県川辺東加世田村に生まれる。出稼ぎ後、丁稚となり、鹿児島実業へとかよう。その後、朝鮮銀行お茶みや大阪などでの職工、代議士の書生、日本大学法学部政治学科の学生などを経て、立憲民政党の職員となる。
 その後、立憲民政党幹事長であった小泉又次郎と親しくなり、の芳江と駆け落ち同然に結婚。又次郎は「代議士(=衆院議員)になれたら許す」と許可小泉姓に姓後、「じゅんや」と呼称をめた。
1937年、鹿児島選挙区にて第20衆院総選挙に民政党認出当選。1942年総選挙では翼賛政治体制協議会推薦を受けて出当選したため、戦後職追放となる。

その後、進党から鳩山一郎率いる日本民主党の結成に参加。鳩山の死後は大麻正会に属した。又次郎の地盤を継ぐ形で出衆院議員に返り咲くと、法務政務次官や防衛庁長官を歴任した。

戦時中、「町おこし策」として陸軍に掛け合い、地元である万世町に飛行場を誘致したが、後に沖縄の悪化で特攻基地化して201人が出撃、帰らぬ人となった。このことについて、純也は生涯悔いていたという。近隣の知覧基地から出撃・戦死した航空兵の中には自らの甥(純一郎のいとこ)がいた。また、この事実こそが息子純一郎の靖国神社参拝へ駆り立てた原因だとされている。佐藤栄作内閣ではカーチス・ルメイの叙勲を閣議決定し、佐藤とともに国会で糾弾されるなど、話題に事欠かなかった。

在任中、朝鮮半島が有事の際に自衛隊出動が可か研究した三矢研究が発覚して辞任した。また、在日朝鮮人の帰還事業の中核的な役割を果たしたことでも知られる。


関連動画


小泉純也に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


小泉純也に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


小泉純也に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/12/30 14:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ