ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


少女病(小説)


ヨミ: ショウジョビョウ
掲示板をミル!
8カキコ!

少女病とは田山花袋の短編小説である。


概容


1907年に発表。同年に発表した『団』と並び、自然文学の最初期の作品とみなされる。


あらすじ


文学杉田はかつては人気を博した小説家であったが、今ではすっかり文壇から見放され、そのな容姿と甘ったるい少女趣味の作とのギャップを嘲笑される身である。そんな彼の日々の楽しみは、新体を賦することと、通勤の途中で見かけた少女を観察したり、時には後をつけたりすることだった。

美しい少女を見かけるたびに、少女遇を想像したりして々とし、どうして若い時分にこういった少女をし、を味わって来なかったのかと後悔をしたりしていた彼は、ある時電車中で少女の観察に中になるあまり急ブレーキに反応できず外へ飛び出し、折悪しく通りがかった対向電車に轢かれ死んでしまうのであった。


解説


に解説しようと思えば、都市化と電車とか近代恋愛観における霊問題とか自然文学がどうのこうのとか色々テーマはあるのだが、とりあえず言いたいのは、田山先生裸々すぎます、という事。

着物の盛り上がった胸元を見て中身を想像してドキドキしたり、つり革につかまって露わになった二の腕さにトキメいたり、落し物を拾ってあげた相手が「これで自分の事を意識したに違いない」と妄想したりと、一部男子は身に覚えがあるであろう描写が溢れており、今も昔も変態男性心理は変わらないという事を確認させてくれる作品である。


関連商品


■az4899980930


関連項目



最終更新日: 15/02/18 22:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ