ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: シャク
掲示板をミル!
4カキコ!

とは、日本中国で使われる長さの単位である。


概要


手首から肘までの長さが起と言われる長さの単位。1尺は10、10尺は1

長さや定規という意味でも使われる。例:尺が短い、尺を取る。

日本の(曲尺の)尺 1尺 = 1000/33 cm30.3cm
日本の(尺の)尺 1尺 = 2500/66 cm37.9cm
中国制の尺 1尺 = 100/3 cm ≒ 33.3cm

ほかに、尺(さか)という単位もあり、約30cmである。1の10分の1。


漢字として


Unicode
U+5C3A
JIS X 0213
1-28-60
部首
画数
4画
読み(常用)
シャク
訓読み(常用)
-
意味
長さの単位であり、ほかに物差し、長さ、ちょっとした、という意味がある。
説文解字・巻八〕には「十寸なり。人の手、十分を(しりぞ)きたる動衇(脈)を寸口と爲す。十を尺と爲す。尺、榘(キク)の事を尺(シセキ)する所以なり」「周の制、寸、尺、咫、尋、、仞の諸度量、皆な人のを以って法と爲すなり」とある。
字形
人の親と人差しを広げた形である。長さとしてその幅のことをした。日本でいう咫(あた)にあたる。その後、の時代に、キビ一粒の幅をすようになり、その100倍の長さに定められた。
説文〕は「ひ、ふ。は、識(しる)す所なり」と、に印を付けた事としている。
音訓
読みセキ音)、シャク(音)、訓読みは、ものさし、さし、さか。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
尺は〔説文解字〕では部首である。ほかに咫を録する。
尺一・尺・尺蠖・尺貫法・尺縑・尺・尺書・尺進尋退・尺寸・尺素・尺地・尺楮・尺・尺度・尺牘・尺八・尺六
参考
尺は、に現れる睪の略に用いられる。、澤→沢など。これは尺との音が似ているため。

関連項目



最終更新日: 12/12/26 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ