ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


尾上菊五郎


ヨミ: オノエキクゴロウ

尾上菊五郎とは、歌舞伎役者の名跡である。屋号は音羽屋。
江戸時代中期に初代尾上菊五郎が名乗って以来、280年以上に渡って続いている。
初代、三代目、五代、六代の菊五郎がそれぞれの時代を代表する役者として高い評価を受けており、市川團十郎と並ぶ歌舞伎界を代表する役者みなされている。
初代が立役と女形双方で当たり役を取った事から二代四代目を除き代々の菊五郎は立役と女形両方の役を演じている。
当代の菊五郎は七代


歴代の尾上菊五郎


尾上菊五郎(初代)(1717–1783)…京都太夫座の出方(案内係)の音羽屋半平息子として生まれる。
1730年に尾上菊五郎を名乗って以降、当初は女形として活躍する。
1741年に大坂に来ていた二代市川團十郎の相手役を演じて絶賛された事から江戸に活躍の場を移す。
ところが、女形役が不評だった為、立役に転向して再び売れっ子になった。
しかし、1766年に副業として経営していた油屋が火事となり、中村座と市村座を焼失させた事から関係者の怒りを買い、京都に戻った…。(因みにこの事件は当時の人々に「五郎油見世火事」とネタにされたとか)
4年後、再び江戸に戻ってくるも市川座で四代目松本幸四郎舞台上で小具を投げ、殴り合いをしてしまった。
(原因は幸四郎側にあったとされるが詳細は諸説がある)
最後は大坂京都で活躍し、大阪舞台出演中に死去した。

尾上菊五郎(二代)(177187)…初代の後妻の連れ子。実は二代大谷次。
初代尾上之助を名乗って初舞台を踏む。その後女形として活躍し父親の死から2年後に二代を襲名するも僅か19歳で急逝してしまった。その為、菊五郎の名跡は28年もの間途絶えることになる。

尾上菊五郎(三代目)(1784–1849)…初代菊五郎子の初代尾上初代尾上)の養子。
初代尾上三郎を名乗って初舞台を踏む。その後養の名跡である二代尾上助を襲名すると
女形としてメキメキ実を付けて初代菊五郎の俳名である三代目尾上梅幸を襲名し、1815年には
二代の死後、養が預かっていた「菊五郎」の名跡を28年ぶりに襲名する。
初代譲りの立役と女形の役に加え、養譲りの怪談物、変わりでも当たり役を出し、

      「立役、女形、老役、若衆方、立敵から三枚まで、そのままの姿で替ります」

とまで言われ「兼ネル(何でもできる)菊五郎という称されるほどの万タイプ役者だったという。
現在映画化されるほど有名な「東海道怪談」を始め尾上のお芸はほぼこの人が作った。
またかなりのイケメン[外部]だったらしく、

                「はどうしてこんなによい男なのだろう?」

ナルシストな発言をしても周囲の人が

           「が見てもいい男なのだから、親方自身がそう思うのはもっともなことだ」

と納得してしまうほどイケメン[外部]だったとか…。
その一方で

・突如引退して屋を開いてみたかと思うと、「大川蔵」と名乗って復帰する

・共演相手よりも高額な出演料を要する

・共演する役者が気に入らないと仮病で休む

などなど容貌と演技があるが故のワガママで突飛な一面もあったという。
(因みに現在尾上の戸籍上の苗字である寺島三代目が隠居した寺島村に因んでいる)
大坂舞台から帰る途中の掛川で死去した。

尾上菊五郎(四代目)(1808–60)…三代目婿
最初は初代中村歌六に師事した後三代目婿となり、三代目尾上三郎を襲名する。
その後四代目尾上梅幸を襲名した後、義の死後の1855年に四代目を襲名する。
に女形を中心として活躍した為か、歴代の菊五郎の中で急逝した二代と同じく立役を演じてない
また、幸時代が非常に長かった為か「幸菊五郎」とも呼ばれている。
1853年に死去。奇しくもさんも同日に亡くなったという。
四代目の死後、菊五郎の名跡は再び15年もの間途絶えることになる。

尾上菊五郎(五代)(1844–1903)…十二代市村羽左衛門の長男。本名:寺島
三代目の孫(次女の子供)に当たる。
7歳でから名跡を継いで十三市村羽左衛門を襲名して市村座の座元になる。
しかし、本人が役者志望である事、経営難で大量の借を背負いたくない事三代目の縁者から望まれた事もあり、市村羽左衛門の名跡と借を実押し付けて譲り、1868年に四代目の死後15年ぶりに五代を襲名する。

三代目譲りのお芸に加え世話物を得意とし、明治時代以降に盛んとなった写実的な描写を持ち込むなど、
九代市川團十郎、初代市川次と共に「菊左」と呼ばれ歌舞伎にも出演するなど一時代を築いた。

一方で「散切り物」と呼ばれる(当時の)現代劇を多く演じたりや演出で関西歌舞伎の特徴である宙乗りなどのケレンを用いる、劇中でもアドリブ銀座の事をりだすなどかなりハイカラ想のいい自由人な一面があった。

一方で、私生活では最初小説「残菊物語」の主人公でもある尾上 秀作(二代尾上菊之助)を養子にしたが、
29歳の若さで急逝した為、もう一人三代目の孫に当たる寺島 之助を養子とした。
しかし、之助を養子にした3年後にから実子の寺島 幸三が誕生してしまいややこしい事となった。
結局、お家騒動を避ける為に実子である幸三が菊五郎を、之助には菊五郎の俳名である幸を
それぞれ分け当たる形になった。
(因みに俳名の名跡を襲名後、本来の名跡を襲名せず、結果として俳名のみ名乗った役者過去にいたものの、
本来不可分である名跡と俳名を端から別々に分離させて襲名させたのは歌舞伎史上初の出来事であった。)

晩年は脳出血の影もあり、立つ事も不自由ななまま舞台を務めた事もあった。
1903年に死去。

因みに映像、写真で残る最古の菊五郎でもある。[外部]

尾上菊五郎(六代)(1885–1949)…五代の次男。本名:寺島 幸三
大正昭和時代を代表する歌舞伎役者
幼少からライバルである九代市川團十郎に師事し、実質的な十郎の芸の後継者となった。
五代の死後の翌に師である十郎の尽もあり六代を襲名する。
しかし、同年に十郎が死去した事により後ろを失い、田村成義の誘いもあり市村座へと移籍する。
そこで出会った初代中村吉右衛門と共に芸を磨き、得意の世話物狂言十郎に仕込まれた舞踊で
を発揮して市村座に「菊吉時代」という一大ブームを巻き起こした。

その後田村の死やライバル吉右衛門の市村座脱退後は市村座の座元も兼ねる形で孤軍奮闘したりもした。
(因みに本人は元を辿れば市村座の座元である市村羽左衛門でもあり、父親が借が嫌で手放した座の経営を紆余曲折を経て息子が受け継ぐ形になったのは何の因果なのだろうか?)
しかし、役者としては天才的な素養を持つ六代も経営者としてはからきしダメで天文学的負債を抱えた為、1927年松竹に移籍する。
松竹移籍後は当代随一の役者として譲りのお芸の世話物に写実的な描写に加えて洗練し、
師である十郎から時代物や舞踊と「肚芸」を受け継ぎ、
現代に伝わる多くの歌舞伎の演完成させた人物として歴史に名を残している。
(だが、お芸である妖怪物に関してだけは苦手でど演じる事はなかった)
彼の卓越した演技現在、舞踊の方がまだ二代尾上之助時代に撮影された「紅葉狩」の山神役[外部]と、
二郎全盛期1935~36年に撮影した「春興鏡獅子」のお小姓弥生後ニ獅子の精[外部]が残っている他、
時代物としては七代松本幸四郎、十五代市村羽左衛門と共演した「勧進帳」の源義経映像として残っているので是非ご覧頂きたい。

その余りの功績の大きさに歌舞伎界では特記がない限りは「六代」といえば通常六代五郎し示す程の
特別扱いを受けている。(他にこの特別扱いを受けているのは師である九代十郎のみである)

また、尾上菊五郎一座を率いて多くの当たり役を持ち立役から女形まで幅広い芸歴がある事から養子である
七代尾上梅幸、実子である二代尾上九朗右衛門、芸養子の二代尾上と二代大川蔵、
二代西川三郎、十七代市村羽左衛門、三代目市川次、七代中村芝翫といった一門はおろか、
十一代市川團十郎ライバルである初代中村吉右衛門の異婿である十七代中村勘三郎や二代中村五郎にも芸を仕込むなど多くの有望な若手を育てた。

一方で性格はである五代以上に陽気で開放的且つ爛漫であり、

摩役の時に揉むふりをしてくすぐるなどアドリブ気でバンバン入れる
(特に、役柄になりきる事にする為か例え通りががりの通行人役の端役にもアドリブで「(演じている役の人間は)何処の出身だ?」
「(役柄の)住んでいる地域の祭りは何だ?」と振ったりして驚かせたという)


・自ら野球チームを組んだり、歌舞伎俳優の養成機関として日本俳優学校を設立する

・当時としては非常にしいオープンカーを乗り回す

1935年当時で2200円(現在の価値にして500万円前後)の二眼レフカメラコンタフレックス撮影もしないのに購入する

名を自分で付けたりする

などその手の逸話は枚挙に暇がない。

1949年に死去。六代の死により菊五郎の名跡は三度24年もの間途絶えることになる。


当代の菊五郎


尾上菊五郎(七)(1940–)…六代の義理の孫。本名:寺島 秀幸
意外にも歴代の菊五郎の中で初めて尾上菊之助から菊五郎になった人だったりする。
1948年に五代尾上之助を名乗り舞台を踏む。その後1965年四代目尾上菊之助を襲名する。
当時六代市川新之助(十二代市川團十郎)初代尾上之助(三代目尾上)と共に「三之助ブーム」を巻き起こし、大河ドラマ源義経」で演を務めた。そしてその時共演した富純子(当時は純子)と後に結婚する。
そして1973年に六代の死後24年ぶりに菊五郎を七代として襲名する。
以後、お芸である世話物などで活躍をする。
寺島しのぶ息子は五代尾上菊之助一家全員役者という芸一家でもある。


関連動画



■sm13059767[ニコ動]


関連商品


■azB00OJSXKTC
■azB0002MFHMC
■az4820542850
■az4874241263


関連項目



最終更新日: 17/02/06 22:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ