ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


尾崎豊


ヨミ: オザキユタカ
掲示板をミル!
334カキコ!
ネタバレ注意 の校舎 ガラス壊してまわるのは器物損壊罪です。
盗んだバイクで走り出すのは窃盗罪です。
でも彼の歌で勇気づけられた人がいたことも事実です。

尾崎豊とは、日本シンガーソングライターである。


概要


生年1965、没年1992。死の経緯含め、いろいろとの多い人物である。

15の夜』でデビューし、4枚シングル卒業』が大ヒットしたことでその名を世間に知らしめた。その後も『I LOVE YOU』『OH MY LITTLE GIRL』などを追い続ける理想郷として、彼のファン爆発的に増え、10代のカリスマ教祖)とも呼ばれるようになった。

しかし本人は名前ばかりが先行して売れる事を受け入れられず、顔や名前より歌詞を聴いてほしいと感じていた。

26歳という若さでの突然の死ファン衝撃を与えた。死因は肺腫とされているが、不可解な点も多く、ファンの中には他殺説を唱える者も居る。


評価


世間を挑発するような鮮デビューと、尾崎自身が麻薬を使用し逮捕されたということもあり、尾崎の歌や歌詞犯罪行為を助長しているという非難もあるが、世情社会を明確に歌い上げた姿勢を評価し、教科書や授業の題材の一つとして取り上げる学校も多い。


人格


彼自身は、非常に学力も良かったと父親る部分がある。ただ、仲間思いが災いして理不尽なイジメを許せずに、他の学校生徒暴力を振るったり、教師に叱られた友達の処遇を見かねて、反抗的な態度を取ることもあった。

没後20年にあたる2012年尾崎が生前書き溜めた創作ノートが大々的に開された。こうしたノートから彼の人格を垣間見ることができる。

絶望青春」「正直に生きたい。そう思う。けど、この世の中、やりたいことだけやって生きてゆくことはどうも出来ない様だ。ぼくの心にはを見てを追いかけてもしょせんでしかなくに敗れ座折してゆくとゆう不安がいつもある。そしてぼくはどうすればこの世の中で現実をつかむことができるのか思いをめぐらして見るんだ。」(創作ノートより一部抜、原文のまま)

上記から推察するに、尾崎社会に対して心のを抱えていた。海外進出や事務所からの独立は、自分の思うように生きたいという気持ちからだろう。ちなみに、事務所からは「レコード毎日50枚程歌詞に書き上げて」という欲求もあった為、そこから離脱したかったかもしれない。


時代の流れによる評価の変遷


2000年代に入ると時代の変化に伴い、若者が尾崎豊の曲に共感できなくなっているという報道がされるようになった。

2007年の朝日新聞の記事[外部]によると、精科医の香山リカ2000年ごろから尾崎豊の曲を学生に聴かせて感想を提出されているが、否定的な感想が増えているという。2012年朝日新聞の社説でも同様に香山リカの話を載せているが5年後でも状況は変わっていないようだ。

校内暴力の横行や管理教育への反発が強かった80年代背景にした当時と、様々な変化を経た現代では尾崎に対する見方はやはり大きく異なっているようだ。

ただ、尾崎豊が死んだときに生まれてもいない若者にとっては、尾崎の曲は懐メロですらない。そもそも一度も聴いたことがない曲である可性も高く、それを初めて聴いて共感しろという方が理といえるかもしれない。


有限会社アイソトープ


有限会社アイソトープ (ISOTOPE) は、尾崎豊の事務所


削除状況


アイソトープの削除情報をGoogleで検索する[外部]

動画 詳細
尾崎豊の息子さん―I LOVE YOUー[動]

関連動画



■sm829742[ニコ動]

■sm830061[ニコ動]
■sm1063585[ニコ動]
■sm11030902[ニコ動]


関連コミュニティ


■community


関連項目



外部リンク



最終更新日: 21/07/09 14:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ