ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山下大輔


ヨミ: ヤマシタダイスケ
掲示板をミル!
28カキコ!

山下大輔とは、元プロ野球選手である。

1952年3月5日まれの静岡県出身。慶応義塾大学を経て大洋ホエールズに入団。

後に横浜ベイスターズ1軍コーチ監督楽天イーグルスコーチ・編成本部長横浜DeNAベイスターズ二軍監督GM補佐を歴任した。
称は大ちゃん横浜監督時代には下記AAキャラクター大ちゃん」にもなっている。

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.                  | 
    |::::::::::   ()     ()   |  今日は負けないよ!
   |:::::::::::::::::   \___/     |  
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

用具レンタル業のヤマシタコーポレーション取締役でもある株式会社ヤマシタコーポレーション 会社概要[外部]


現役時代~コーチ時代


大学時代には慶応のプリンスと言われたスター選手。1973年ドラフト1位大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)に入団する。その前人気の高さは、ルーキーイヤーからホエールズのユニフォームオレンジツートンカラー(いわゆる湘南カラー)に変更したほどである(彼の出身地である静岡県みかん葉にちなんだ)。まだ髪の毛はフサフサだった。

当時のホエールズには名手として知られた米田三郎が居たためルーキーイヤーからのレギュラー奪取はならなかったが、それでも2年背番号を1に変更して以降は10年連続で100試合以上に出場するなど、大洋ホエールズの看選手として活躍する。

入団当初は打撃を売りにしていたが、当時大洋に在籍していたクリート・ボイヤー(ポジション三塁手)の教えにより守備が開遊撃手として8年連続のゴールデンラブ賞(当時ダイヤモンドラブ賞)、連続失策リーグ新記録を打ち立てたかしい実績の持ちである。

1977年ごろから順調に髪の毛2323状態になり始めたため、中日から移籍してきたジーンマーチンから「頭を隠しながら帽子ヘルメットを素く交換する方法」を伝授される。

その後も持ち前のスター性と堅実な守備で横浜大洋ホエールズ形選手として活躍するが、1985年監督に就任した近藤貞雄氏によりセカンド高木豊とのポジション交代を命じられる。1987年には古葉竹識氏に監督が交代し、再びショートに戻るが成長著しい高橋裕にポジションを奪われ出場機会が減。翌年のシーズン開始直前に、体限界を理由に現役引退を表明した。

引退後は横浜ベイスターズ元年の1993年より同球団のコーチに就任。1998年は1軍ヘッドコーチに就任し、権藤博監督の片腕としてチームリーグ優勝・日本一に貢献。2000年シーズンをもって権藤監督と共に退任するが、2003年横浜ベイスターズ監督に就任する。


横浜監督~現在までの概要


大ちゃん横浜監督就任時は横浜大洋)OBの監督として期待されていた。

球団側もこれを全面的にバックアップFA若田部健一、トレードで中島聡、更にはMLB通算39HRスティーブ・コックス、韓国球界で大暴れしていたタイロン・ウッズを獲得する。

が、フタを開けてみると若田部、コックス、中島って爆死石井琢朗などの選手も軒並み不調で、

捕手:中村武(加齢で肩ボロ
一塁:コックス(キャンプ中に損傷した半月が治っていない)
二塁:村田(覚醒前)
三塁:古木(お察し)
遊撃:内川(覚醒前)
左翼:鈴木尚(お察し)
:金城
右翼:タイロン

という金城を破壊するためのファイヤーフォーメーションで試合に挑まなければいけない事もあり、1年2003年勝率.324断トツの最下位となってしまった。

続く04年は奮闘するも最終戦までもつれ込んだ最下位争いに破れ、2年連続最下位という結果に終わってしまい契約満了、退任となった。が、2年の間に大ちゃんが振るった采配は数年たった今でも伝説としてり継がれるほど一部ファンに大きな印を残すものであった。

横浜監督退任後の2005年には新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスヘッドコーチに就任。二軍監督を経て2007年まで編成本部長

2009年からロサンゼルス・ドジャースマイナーリーグでの守備コーチに就任。

2011年からは編成部長として横浜ベイスターズに復帰する可性が報道されたが、結局ドジャースコーチとして残留することになった。

2012年より横浜DeNAベイスターズに復帰し二軍監督に就任。2014年GM補佐に就任し、2015年には再び横浜DeNA二軍監督となった。

2015年シーズンオフ、球団から契約更新されず退団となった。同じく同年退団することとなった長年の教え子・多村仁は、山下と涙ながらに別れの挨拶を交わしたという。

2016年からはNHKMLB中継を中心に解説者として活動中。

2019年 7月斎藤隆とともにMLBオールスターの解説・現地リポートを担当。前日のホームランダービーでは、レフトスタンドからの現地リポートを担当。その際、冗談半分でホームランキャッチに挑戦するためグローブを着用しながらリポートを行っていたところ、アレックス・ブレグマンの打球を見事キャッチ。現地のファンからも祝福され、「ブレグマンのファンになっちゃいました!」と中継中奮しきりであった。

更に翌日のオールスター本番では、セブンタイムストレッチに下記の「Take me out to the ball game」を現地のファンたちと再び熱唱、MLBオールスターよりも満喫していた。


有名な采配



語録



関連動画



■sm3199079[ニコ動]

■sm1985682[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/07/10 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ