ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山中伸弥


ヨミ: ヤマナカシンヤ
掲示板をミル!
65カキコ!

山中伸弥(やまなかしんや)とは、医師医学者。2012年10月現在京都大学iPS細胞研究所所長・教授を務める。


概要



生い立ち


1962年9月4日大阪府東大阪市生まれ。神戸大学医学部卒業

中学高校から大学2年まで柔道高校時代に柔道二段を取得)、大学3年からはラクビーをしていた。怪をすることが多く、10回以上の折を経験したことから、整形外科を選んだ。

しかし、整形外科での手術に相当な時間がかかったり(普通の人なら20分で終わるところ、山中教授2時間かかっていた)、点滴を失敗するなどしたことから、「向いていない」と感じるようになった。加えて、同時期に重症になったリウマチの女性患者を担当し、患者の全身の関節が変形した姿にショックを受け、こうした重症患者の役に立ちたいと考えるようになった。そして、こういった重症に対処するためには基礎医学の研究が不可欠と考えるようになり、研究者を志すようになった。

その後、大阪市立大学大学院入学。ほとんど寝ないで研究を行うことも少なくなかったという。


iPS細胞の開発


その後アメリカへと留学し、分子生物学的手法を使って遺伝子マウスを利用して動脈硬化の研究をはじめる。留学終了後、帰日本での研究に打ち込もうとするも、研究所のマウスの管理により研究が滞り、その研究環境米国との落差に愕然としたという(山中教授く、「日本の研究者はアメリカからべると10年20年も遅れた環境でほとんどの人は研究している」。下記動画参照)。そのため、基礎研究を諦め、研究医より給料の良い整形外科医へ戻ろうと思っていた。そんな矢先、奈良先端科学技術大学院大学募を見つけ、応募したところ、採用に至りアメリカと似た研究しやすい環境の中で基礎研究を再開した。

結果、奈良先端科学技術大学院大学iPS細胞の元となる「に臨床応用できる多性幹細胞立」というタイトルで科研費を得る。このときの科研費は5年間で3億円であり、iPS細胞開発の原動となっている。2004年京都大学へ移り、2006年にはES細胞に似たマウス人工多性幹(iPS細胞の開発に成功した。2007年にはさらに研究を進め、ヒトiPS細胞を生成する技術を開発。両論文は世界的に注された。


ノーベル医学・生理学賞の受賞


上述の研究が評価され、2012年9月8日50歳という若さノーベル医学生理学賞受賞が決まった(共同受賞となっているイギリスケンブリッジ大学ジョンガード教授79歳)。日本人で19人ノーベル賞受賞者であり、医学生理学部門としては利根川進氏以来、25年ぶり2人となっている。


趣味など


現在マラソン趣味とし、奈良先端大時代は毎構内をジョギング、京都大学に移ってからも鴨川沿いを昼休み30分走っているという。2012年平成24年3月11日には、京都マラソン山中教授自身が完走することを条件にiPSの研究資の寄付を呼びかけたところ、額は1000万円以上の寄付が集まった。マラソン4時間3分19完走した。


関連動画



■sm19557845[ニコ動]

■sm19085989[ニコ動]


関連商品


■az4781301223
■azB005QJPEZ6
■az4087813959
■az4062180162


関連項目



最終更新日: 18/05/10 14:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ