ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山口恵梨子


ヨミ: ヤマグチエリコ
掲示板をミル!
24カキコ!

山口恵梨子とは、日本将棋連盟所属の女流棋士である。鳥取県出身(実際は大阪まれの東京育ち)。女流棋士番号は63のち39堀口治七段門下。ニックネームは「えりりん」。キャッチコピーは「攻める大和撫子」(考案者は宮宗野)。


概要


振り飛車党で「攻めダルマ攻める大和撫子」の異名をもつ。2008年の第3回白瀧あゆみ杯争奪戦では準優勝を収めている。

趣味アメフト観戦。また、ポケモンスプラトゥーンなどのゲームにも明るい。

2014年10月鳥取県のプレスリリースで「美人すぎる女流棋士」と紹介され、機関から「美人すぎる○○」のお付きを得る。以後、いくつかのテレビ番組に「美人すぎる女流棋士」としてスポット出演を果たす(なお、メディアで「美人すぎる女流棋士」の紹介を受けた女流棋士として、他に香川愛生竹俣紅などの名が挙げられる)。

ニコニコ動画生放送では、将棋生中継の際の大盤解説の聞き手として登場することが多い。


王手飛車


第3期叡王戦準決勝の行方尚史金井恒太戦の解説にて、金井の手番で2度も王手飛取りを食らってしまう手を挙げてしまう。運が悪い(?)ことに解説をしていたのは話術に定評のある木村一基。こんな美味しいネタを見逃すはずがなく、進めて王手飛になれば「山口」「恵梨子さん」、実際そのように進行しなければ「山口ならず!」など面おかしくイジりたおした。それをきっかけに王手飛取りのことを「山口」or「梨子」、また王手飛取りを受けることを「山口る」or「恵梨子る」と呼ぶ習が生まれてしまった。

視聴者層の関係からか、このネタ生放送で見ることが多い。山口本人も、ニコニコ生放送公式将棋番組での視聴者プレゼントに「王手飛」と揮毫した色提供している(解説の深浦康市が「風呂ーラ 地球代表深浦康市」という色を書いた回でもあった)。

後に本人も開き直ったのか、コミックエッセイ「山口恵梨子の女流棋士の日々」では、女流棋士になって初の仕事となった青森県での導対局で、相手から王手飛を食らって投了したことを告白したりもしている。とはいえ、面と向かってこのネタを振るのは明らかマナー違反であり厳禁なのは言うまでもない


関連動画



■sm8555870[ニコ動]

■sm15205907[ニコ動]

■sm32638876[ニコ動]


関連コミュニティ


■channel


関連項目



最終更新日: 21/02/25 11:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ