ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山本弘


ヨミ: ヤマモトヒロシ
掲示板をミル!
642カキコ!

山本弘とは、日本ライトノベルSFファンタジー小説を手掛ける作家である。


概要


オタクで、元と学会会長で、ロリコンであり、女ターザンが大好きな、MADを深く愛しニコニコ動画でもある小説家である。い話が、リアルそうじろうしかもリアルこなたにしようとしているから困る。

最近ではニコニコ動画投稿される初音ミクMMD動画に関心があるようで、中でも造詣が深い特撮関係を題材にしたMMD作品やMMD杯についてblogで熱くっている[1]

また、東京都による少年健全育成条例正案に対しては反対のスタンスを取っている。


略歴



作品リスト(小説・オリジナル)


ニコニコ大百科に記事がある作品は太字

  1. 時の果てのフェブラリー ─方偏移世界─ (1989年角川スニーカー文庫2001年徳間デュアル文庫
  2. ギャラクシー・トリッパー美葉
    1. 10万光年エスケープ (1992年角川スニーカー文庫
    2. かなたユートピア1994年角川スニーカー文庫
    3. 寄りだらけのオデッセイ1995年角川スニーカー文庫
  3. 神は沈黙せず2003年角川書店2006年角川文庫[上下巻])
  4. 審判の日2004年角川書店
    → 闇が落ちる前に、もう一度 (2007年角川文庫[題])
  5. まだ見ぬの悲しみも (2006年早川書房
    → シュレディンガーのチョコパフェ2008年ハヤカワ文庫JA[題])
  6. アイの物語2006年角川書店2009年角川文庫
  7. MM9シリーズ
    1. MM9 (2007年東京創元社2010年、創元SF文庫)
    2. MM9―invasion― (2011年東京創元社2014年、創元SF文庫)
    3. トワイライト・テールズ (2011年角川書店2015年角川文庫
    4. MM9―destruction― (2013年東京創元社2014年、創元SF文庫)
  8. 詩羽のいる街2008年角川書店2011年角川文庫
  9. C&Y 地球最強姉妹キャンディ
    1. 怪盗をやっつけろ! (2008年カドカワのさじシリーズ
    2. 夏休み戦争へ行こう! (2010年カドカワのさじシリーズ
  10. 地球移動作戦2009年早川書房2011年ハヤカワ文庫JA[上下巻])
  11. 去年はいい年になるだろう2010年PHP研究所2012年PHP文芸文庫[上下巻])
  12. アリスへの決別 (2010年ハヤカワ文庫JA
  13. 被害者・一条(仮名)の事件簿 (2012年講談社ノベルス
  14. UFOはもう来ない (2012年PHP研究所2016年PHP文芸文庫)
  15. 葉と宇宙へ三週間 (2013年岩崎書店)
  16. 世界2014年講談社2017年講談社文庫)
  17. プロジェクトぴあの (2014年PHP研究所
  18. BISビブリオバトル
    1. を持つ少女2014年東京創元社2016年、創元SF文庫[上下巻])
    2. 幽霊なんて怖くない (2015年東京創元社2017年、創元SF文庫)
    3. 世界が終わる前に (2016年東京創元社
    4. 君の知らない方程式2017年東京創元社
  19. 怪奇探偵リジー&クリスタル2015年KADOKAWA
  20. プラスチック人 (2017年早川書房

ほか、グループSNEとしての『ソード・ワールド』『妖魔夜行』『ゴーストハンター』ノベライズ、描写が過18禁同人誌チャリス・イン・ハザード』など多数。


と学会会長としての代表作


と学会会長としていろいろなトンデモを笑うときには、イデオロギー的に批判することは絶対しないのがポリシーらしい。
また、「素人の印を信じるな。専門の言うことにを傾けろ。」と専門外については専門の意見を重視している。

他にも、PS2の「デストロイオールヒューマンズ!」(2007年)のローカライズ監修も行っている。

性的虐待について、「チャリス・イン・ハザード」の紹介ページ[外部]にて、こうっている。

 性的虐待という題材に嫌悪感を抱かれる方も多いと思いますが、はそんなものを肯定するつもりは毛頭ありません。むしろ、そうした行為を底して「悪」として描いています。どんな絶体絶命の状況に追いこまれても、チャリスは最後には必ず勝利し、悪は倒されます。
 毎回、科学的なアイテムや非現実的な設定を多用しているのも、現実的な話など書きたくないからです。現実世界における性犯罪を、は強く嫌悪しています。ありえない話だからこそ、安心して自由奔放に描けるのです。

と学会引退し、今後「トンデモ」という言葉のついた書籍も出さないとしているが、疑似科学関係の活動は継続する方針を示している。


ハイ・エルフ


氏をる上で外せないのが、今現在しまむら有名な"(ハイ)エルフ"ディードリット中の人ということだろう。
ディードリットの登場作品「ロードス島戦記」の元ネタ1985年コンプティーク誌上で連載されていたリプレイD&D誌上ライブ」にあり、その際に女エルフディードリット)を担当していたプレイヤーが当時グループSNEに在籍していた山本弘その人。この誌上リプレイを元に、水野良小説として手直しして発刊したのが「ロードス島戦記」となっている。
以来、日本エルフ像の原となったディードリットが山本弘だった、というネタTRPG界のとなっている。

ちなみにこのリプレイディードリットは、氏の嗜好もあって某ドラゴン○ーフの主人公もかくやという肉弾戦中心のキャラであったようだ。
(というか、クラシックD&Dエルフは成長が遅い代わりに魔法バリバリ使える、ファイターシーフと同格の"クラス"だった。たとえるなら魔法戦士が一番近い。)
さらに、SWリプレイ3部便利アイテムグラスランナー・パラサ役ではないか、という噂も不確実ながら存在する。


関連動画


山本弘氏は、「自分の作品のアニメができたらどんなMADができるか楽しみ」というようなことを発言しているが(『トンデモ音楽世界』)、すでにこんな作品ができていることはご存知ないようである。

後日追記:氏のブログにてこの動画を知っていたことが判明した。


■sm2032978[ニコ動]

■sm2030232[ニコ動]
■sm2299269[ニコ動]

その他の動画は「と学会」の項を参照


関連商品


■az4044601135
■az4048736213
■az4044601151
■az4150309140
■az4048738844
■az4488737013
■az4903063194
■az4903063410


外部リンク



関連項目



註釈



最終更新日: 19/08/25 21:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ