ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山陽新幹線


ヨミ: サンヨウシンカンセン
掲示板をミル!
59カキコ!

山陽新幹線とは、新大阪駅博多駅間を結ぶ西日本旅客鉄道JR西日本)の鉄道路線である。

概要

山陽新幹線
500系の後姿です
基本情報
日本
経由地 大阪府兵庫県岡山県広島県山口県福岡県
種別 高速鉄道新幹線
起点 新大阪駅(※JR東海管轄)
終点 博多駅
19JR西日本所管は新大阪駅を除く18
開業 1972年3月15日(~岡山
全通 1975年3月10日
所有/運営 JR西日本
車両基地 博多総合車両所
使用車両 500系700系N700系
路線諸元
路線総延長 553.7km(営業キロ 644.0km)
軌間 1,435mm(標準軌)
線路数 複線
電圧 交流25,000V/60Hz
最高速 300km/h(1997年~)
最小勾配 15‰
最小半径 4,000m
閉塞方式 内信号式
ATC ATC-NS(2016年2月19日~)

東海道新幹線を延長する形で1972年から1975年にかけて開業した、日本で2番となる新幹線路線である。経済成長に伴い輸送量が逼迫した東海道本線山陽本線鹿児島本線大阪博多間)の輸送増強を的としている。

2015年3月10日に、博多(本路線全線)開業40周年を迎えた。
また、2015年2月から山陽新幹線(新神戸駅博多駅)のホーム接近メロディが「ひかりチャイム」の始発・終着用に変更されている。

開業時より東海道新幹線と直通運転を行い、また2011年3月からは九州新幹線とも直通運転を実施している。
ただし、東海道新幹線から九州新幹線にまで跨る3線直通列車は営業列車としては存在しない(JR東海車両博多総合車両所JR九州車両鳥飼車両基地まで回送で乗り入れる)。
東京から博多までの走行距離は約1070km(実キロ)、新大阪から鹿児島中央までのそれは約810km(同上)である。

東海道新幹線とのである新大阪駅JR東海の管轄となっており、同の配線の構造から山陽新幹線の列車本数には制約が生じている。
東海道新幹線が不通となった時などはサブターミナルさながら、姫路駅フル活用される。 相互直通運転している東海道新幹線九州新幹線で大幅な遅れが出た際には利用者救済とダイヤ回復のため、特発が出されることもある。

線形を良くするため、トンネル区間が多い(明かり区間のみの西明石姫路間を除く)。
そのため、N700系で運転される列車姫路以西にて最高300km/h、700系500系が同285km/hで運行しているが、姫路以東の新神戸・西明石及び姫路以西の徳山付近では勾配や曲線半径などで速度制限が掛かっている(新大阪姫路駅東側の市川梁付近まで275km/h制限がかかる他、新神戸220km/h、西明石:270km/h、徳山:170km/h)他、新下関~小倉間(下り)も距離の関係で新下関通過列車でも速度を落としている。なお、東海道新幹線の営業最高速度は2015年3月時点で285km/h。

現在新大阪駅博多駅間の最短所要時間は、N700系のぞみ」の2時間22分(同区間の最短記録は、500系が記録した2時間17分。ただし新神戸駅通過時代のものである)。2017年2月15日にJR西日本[外部]が新ATCであるATC-NSの設備更新工事(JR西日本では2010年度に着手)が了したことから、2017年2月19日の始発列車より使用を開始することとなった。のぞみでは最大6分、こだま(747号岡山博多行き)に至っては38分の時間短縮が可となった。なお、山陽新幹線の新ATC更新により、東海道山陽・九州新幹線で同一制御方式の運転方式となった。

国鉄時代は東海道新幹線と一体的に東京体のダイヤが組まれるなど、その需要を反映した運行体制が取られたとは言い難い側面があった。
しかしながらその末期に6両編成での「こだま」が運行開始されたのを端緒とし、JR西日本発足後は「ウエストひかり」や「ひかりレールスター」のように独自のサービスダイヤを用いた線内完結列車が設定されるようになり、潜在需要を開拓し続けている。

とは言え、今日でも東海道新幹線、更には2011年に開業した九州新幹線との直通列車体であり、JR東海JR九州の影を大きく受ける路線であることには変わりない。「東海道・山陽新幹線」や「山陽・九州新幹線」と運行系統ごとにセットで呼ばれることもしばしばある。

2017年には専用サイト交通系ICカード(ICOCASuicaなど)とクレジットカードを登録することでチケットレスで「山陽新幹線」「東海道新幹線」(博多駅東京駅間)を利用できるようになる。


山陽新幹線の列車種別


山陽新幹線内で設定されている種別は「のぞみ」・「ひかり」・「こだま」・「みずほ」・「さくら」の5種類である。

このうち「みずほ」と「さくら」はもっぱら九州新幹線への直通列車に用いられ、東海道新幹線直通列車や線内完結の速達列車には「のぞみ」・「ひかり」が用いられている。
こだま」は東海道新幹線へ直通を行わないが、東海道新幹線同様に線内完結各駅停車列車の種別となっている。一時は九州新幹線の「つばめ」が新下関駅まで乗り入れていたことがあったが、2013年3月正で消滅した。

新大阪駅博多駅間運転の「のぞみ」は一部を除いて「基本停(新神戸岡山広島小倉)+列車によって異なる追加停1姫路福山・徳山・新山口のうちいずれか1)」の停パターンが基本となっており、どの列車に乗っても新大阪博多間を約2時間30分で移動できるように設定されている。

九州新幹線開業後、「ひかり」(ウエストひかりひかりレールスターを含む)は岡山以西への直通列車の多くが「さくら」に置き換えられた。また「みずほ」は「のぞみ」と同様の料が適用される速達列車であり、山陽新幹線内で完結していた「のぞみ」の流れも一部受け継いでいる(600番台列車号数など)。

2013年3月現在、山陽新幹線内で完結する「ひかり」は2.5往復(下り2本、上り3本)のみとなっており、そのうち「ひかりレールスター」は1.5往復(下り1本、上り2本)、残り1往復は700系16両編成による運転となっている。700系16両編成で運転される上り1本の「ひかり」以外は通勤列車としての性格が強く停が多めであり、新大阪博多間に3時間半から4時間を要する「こだま」の補的存在である。

九州新幹線直通列車では、「さくら」は上述の通り「ひかりレールスター」の流れを組む列車で、「のぞみ」「みずほ」の基本停に加えて福山(上り1本を除く)、更に姫路・徳山・新山口・新下関のいずれか1・2に選択停する。「みずほ」は一部が姫路に停する他は、停を新神戸岡山広島小倉の4と最小限に絞っている。このため山陽新幹線内では「のぞみ」よりも全般的に停が少ない。

こだま」は日中において岡山博多間での運行となり、新大阪駅に乗り入れない時間帯が存在する。東海道新幹線から直通する岡山発着の「ひかり」(新大阪岡山各駅停車)が当該時間帯の代替列車となる。

路線図

:停:通過、:一部停、■:乗り換え路線、○:周辺施設

※「ひかり」には「ひかりレールスター」を含む。乗前には停の確認を勧める。
には、原則的にのぞみは1(上り1本を除く)、さくらひかりは2もしくはそれ以上停する。ただし運転の一部「のぞみ」は2する場合がある。


次へ»
最終更新日: 17/02/15 21:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ