ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


岡島秀樹


ヨミ: オカジマヒデキ
掲示板をミル!
10カキコ!

岡島秀樹(おかじま ひでき1975年12月25日-)とは、日本京都府出身の元プロ野球選手投手)である。


概要


OB
岡島秀樹
基本情報
日本日本
出身地 京都府
生年 1975年12月25日
身長
体重
185cm
85kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1993年ドラフト3位
引退 2016年
経歴
プロ野球選手テンプレート

称は「オカジ」、アメリカでは「オーキー

東山高校から1994年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。
投球時に、腕を振り下ろすと同時に線も下がる独特な投法と、そこから繰り出される縦変化の大きいカーブが持ち味。(ただし、リリース前後にはきちんと捕手方向を見ている)
連投も気にならない体の丈夫さも魅で、中継ぎ、抑えで活躍したが、コントロールが安定せずに自滅する場面も多々見受けられた。

2006年シーズン開幕直前に、實松一成古城茂幸とのトレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍。
ホーム球場が広くなったことで思いきった投球ができるようになり、押本健彦武田久マイケル中村らともに盤石のリリーフを形成。リーグ優勝日本一に大きく貢献した。
この年のオフFA権を行使し、MLBボストン・レッドソックスへ移籍。
同時に入団を決めた松坂大輔よりも時期はかったものの、100万ドルの男と評された坂とべると、話し相手程度の前評判でしかなかった。

しかし、メジャー公式球ではカーブがうまく制御できないと知ると、持ち前の器用さでSFFの握りを応用させたチェンジアップを修得。4月にア・リーグ間最優秀新人(ルーキーオブザ・マンス)を獲得、登板はなかったもののオールスターにも選出されるなど66試合27ホール防御率2.22と文句なしの成績でシーズンを終えた。ポストシーズンでもシーズン同様の活躍をし、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

2008年左手首を痛めて一時成績を落とすものの復調し、防御率2.61と活躍した。

2009年防御率こそ3点台だったものの6勝0敗24ホールドでチーム最多登板を記録した。

2010年は開幕から不調で故障のためDL入り。復帰後は好投を見せたが防御率4点台と大きく成績を落とした。オフは翌年の契約を提示されずノンテンダーFAとなったがレッドソックスと1年契約で再契約を結んだ。

2011年メジャーでは7試合の登板に終わり、大半をAAAで過ごした。オフニューヨーク・ヤンキースマイナー契約を結んだがメディカルチェックに引っかかり破談。その後、日本復帰を表明し、福岡ソフトバンクホークスに入団した。

2012年は開幕から26試合連続失点、同じく46試合連続自責点0と絶好調。セットアッパーとして起用され、8月後半からは守護も務めた。最終的に56試合に登板し0勝2敗9セーブ24ホールド、防御率0.94WHIP0.84という好成績を収めた。オフメジャー復帰を自由契約となり、オークランド・アスレチックスマイナー契約

2013年は開幕をマイナーで迎え、5月17日メジャー昇格したが、9月3日ロースターから外れた。オフソフトバンクに復帰する。

2014年44試合に登板し27ホールドと活躍し、優勝日本一に貢献。しかしオフ契約が折り合わず、自由契約となる。その後横浜DeNAベイスターズに入団した。背番号21

2015年は左太ももを痛めた影で開幕二軍。10試合の登板に終わり、オフ戦力外通告を受けた。

2016年ボルチモア・オリオールズマイナー契約。しかし、同年3月29日解雇

2016年7月18日に現役引退することを自身のブログで発表。日通算22年間の現役生活を終えた。

NPB時代を含む2000年から12年連続40試合登板2006年から5年連続55試合登板腕であった。


通算投手成績


通算:21 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB:15年 549 2 1 38 40 50 74 .487 739.2 315 760 280 262 3.19 1.28
MLB:6年 266 0 0 17 8 6 85 .680 250.1 88 216 87 86 3.09 1.26

関連動画


■sm566502[ニコ動]

関連商品

■azB002SECBS0
■azB001DCE5WI


関連項目



外部リンク



最終更新日: 17/01/25 23:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ