ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


岩浪美和


ヨミ: イワナミヨシカズ
掲示板をミル!
191カキコ!

岩浪美和とは、(いわなみ よしかず、1962年5月19日-)は、日本男性音響監督神奈川県横浜市出身。


概要


アロハシャツ・短パンサンダルというラフな貌でアフレコ現場を眺めているオジサンがいたら用心せよ。その男は十中八九音監督として有名な岩浪美和その人である。

このウン十年(少なくとも90年代初頭には既に最前線で活躍している)の大ベテランであり、培ってきた人脈と経験を買われ、「このアニメは絶対にコケさせるわけにはいかない」というタイトルに起用されることが多い。また、『トランスフォーマーアニメイテッド』や『パンスト』では、自身が関わっていない初代・原典などのオリジナルキャストを招くといった荒業も披露している。

ちなみに、
・彼が担当した子供向け作品はキャラクターたちが最終回などに題歌を合唱したりすることもある。きっかけは『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズ』。
・大のイヌ好き。
アフレコ収録中は、声優のことを役名で呼ぶ。正式な役名ではなく好き勝手な渾名で呼ぶことも。
アニメ業界を描いた『SHIROBAKO』では、岩浪氏は製作に関わっていないが、氏をモデルにしていそうな「稲浪良和」というキャラクターが登場する。一見ぶっきらぼうだが作品を摯に大切にし、にも等に接する素敵な音響監督として描かれているが、本人はツイッターにて「あんな格好よくないですって」と笑っている。 

水島努監督作に多く参加しており、音響効果の小山恭正氏と組むことが多い。

近年の代表作はTYPE-MOON×ufotable制作作品(2015年まで)、A-1制作の「ソードアート・オンラインシリーズ、「Fate/Apocrypha」、他には「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ、「プリンセス・プリンシパルシリーズ、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ガールズ&パンツァー」など。


声優無法地帯


岩波氏は時々海外アニメ吹き替えの脚色・監督を任されることがあるのだが、原作の内容が暗かったり難解だったりして「あっコレ視聴者にウケねーや」と判断した場合、ギャグマシマシに脚色するという手法を取る。これは自身が担当したテレ東版『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』にて(もともとギャグ成分多めであったのだが)アドリブギャグ多めの脚色が大ウケしたことに端を発している。特に『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズシリーズにおいては、後に「声優無法地帯」と称されるほどのはっちゃけっぷりを見せた。

しかし、無法地帯といってもさすがに全面的に許しているわけではなく、話の根幹に関わる重要なセリフギャグ変を許さずしっかりしゃべらせるし、行き過ぎたアドリブブレーキをかけたりもする。
例えば『ビーストウォーズ』および『ビーストウォーズメタルス』ではタカラ側から「コンボイだけはにやってくれ」と言われて子安武人アドリブ量を抑えさせたり、メガトロンが両腕をあげたシーンで「グリコー!」と叫んだ時はスポンサーグリコがいないこともあって流石にNGにしたりしている。

また、『X-MEN』のようなな作品においては過剰なアドリブを要したりもしていない(総集編でははっちゃけてるけど。あと千葉繁若干一名常時はっちゃけてた人もいる)。これにはプロデューサーから「今回は普通にやってくれ」と要請されたという事情もあったのだが、結果はというとCAPCOM格ゲーこそヒットしたものの、玩具の売り上げは鳴かず飛ばずの大失敗になってしまった。


岩浪御大伝説



主な作品



あ行



か行



さ行



た行



な行



は行



ま行



や~わ行



インタビュー記事



関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/08/07 14:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ