ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


島田荘司


ヨミ: シマダソウジ
掲示板をミル!
20カキコ!

島田荘司(しまだ そうじ)とは、日本を代表する小説家の一人。人呼んで「ゴッドオブミステリー」。称は「荘」。


概要



作品


術師の御手洗潔(みたらい・きよし。オテアライではない)と助手の石君が活躍する御手洗潔シリーズ刑事の吉敷史が奔走する吉敷シリーズが両輪(吉敷シリーズは99年の『流れるままに』で一旦完結していたが、2019年に新作長編が出た)。基本的に御手洗シリーズが純な本格ミステリで(そうでない作品も結構ある)、吉敷シリーズ社会トラベルものと本格を融合させた作品になっている。

不可解極まりないいくつものを提示し、時にバカバカしいまでに大がかりなトリックでそれを一掃するというというパターンを最も得意とする。幻想的な論理的に解決されることによる「段差の美」に酔うものこそが本格ミステリーである、という独自の理論を持っている(通称「理論」)。その実践例として書かれたのが『奇想、を動かす』であり、以降の作品も基本的にその論理に基づいたものが多い。
眩暈』あたりからは脳科学に傾倒し、21世紀に入ると最新鋭の科学知識をどんどん使ってミステリの幅を広げよう、という趣旨の「21世紀本格」なるものを提唱したりしている。

代表作は、御手洗シリーズでは『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』、
吉敷シリーズでは『北の夕2/3の殺人』『奇想、を動かす』、
ノンシリーズでは『死者が飲む』『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』『切り裂きジャック年の孤独』など。

御手洗潔は当初はただの怪しげな占術師だったが、長編が続くに従って設定が増えていき現在では人の域に達している。最近では助手の石君が一人で解決に乗り出すことも。


作品リスト(刊行順)



小説


は御手洗潔シリーズ、◇は吉敷シリーズ。共著・全集・再編集本・アンソロジー傑作選などは除く。
太字2020年7月現在新品かつ単品で入手可なもの。なお『は千のを鳴らす』までは南雲堂から不定期刊行されている《島田荘司全集》(既刊7冊)で読める。


次へ»
最終更新日: 20/07/14 04:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ