ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


川井雄太


ヨミ: カワイユウダイ
掲示板をミル!
11カキコ!

川井雄太(かわい ゆうだい1980年6月17日-)とは、長野県出身の元プロ野球選手投手)である。

本名と2008年までの登録名は「川井進(かわい すすむ)」、2009年から2011年の登録名は「川井雄太(かわい ゆうだい)」、2012年からの登録名は「雄太ゆうだい)」。現役引退後のスカウトとしての名義は再び「川井雄太」とややこしい。ちなみに松坂世代である。

渾名は工場長


概要


OB
川井雄太
(川井進)
基本情報
日本
出身地 長野県望月
生年 1980年6月17日
身長
体重
178cm
77kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2004年ドラフト4位
引退 2016年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

私立上田西高校(長野県)、大東文化大学卒業日本通運に就職。2004年ドラフト4位で即戦として中日ドラゴンズ名された。同期中田賢一鈴木義広金剛弘樹など(ちなみに金剛弘樹日本通運からの入団である)。


中日時代


2005年(1年)に4試合に登板したが勝ちし。その後2年間一軍登板はなかった。2007年にはドミニカウィンターリーグに参加。

2008年プロ入り初勝利をあげるも、その1勝でシーズンを終えた。

2009年に年明け15日に登録名を川井雄太(かわい ゆうだい)に変更する。開幕を二軍で迎えたが、一軍昇格後4月26日読売ジャイアンツ戦で初勝利をあげるとそこから勝ち続け7月30日巨人戦で球団新記録、セリーグ2位タイ記録となる11連勝を記録した。6月には12球団で一4勝をあげMVPにも選ばれた。しかし、その後は調子を落とし5連敗。一年間戦い抜くスタミナが課題となった。
11勝5敗、防御率3.78でシーズンを終える。

2010年は開幕二軍スタートとなり、故障などもあって僅か6試合の登板、1勝3敗に終わる。

2011年先から先発ローテーション入り。場に打ち込まれて二軍落ちしたが、シーズン終盤に復帰してからは好投し、16試合で5勝3敗、防御率2.39とまずまずの数字を残した。日本シリーズでも第4戦に先発したが敗れた。

2012年は登録名を「雄太ゆうだい)」に変更。しかしシーズンでは一軍と二軍をいったりきたりすることになり、3勝5敗で防御率4点台と振るわなかった。

2013年は開幕から二軍暮らしが続き、一軍では閉幕直前に3試合に投げただけに留まった。

2014年5月8日に登録され、先発として起用。7月9日東京ヤクルトスワローズ戦では6回を失点に抑え、降コールドによる完封勝利を記録した。

2015年はわずか3試合の登板に終わり、この年は勝利を挙げることが出来なかった。

2016年は一軍登板く、9月23日に現役引退を表明。同25日の阪神タイガース戦が引退試合となり、3点ビハインドで迎えた7回に登板代打藤川俊介に対して5球全て直球を投げ込み、一邪飛に打ち取った。


引退後


「川井雄太」の名前で中日プロ担当スカウトを務めている。


雄太(川井雄太(川井進))


本名の面影が全くない「雄太ゆうだい)」という登録名は、高校時代の友人に考えてもらったらしい。

読みは同じで漢字表記を変えることはよくあるし(例:松井和夫松井稼頭央井口忠仁井口資仁など)、全に別の名前にしてしまった例も(石井忠徳石井琢朗など)あるが、本名ではない名前のみの登録名というのはかなりの異例だった。そのため、ネット上では「雄太(川井雄太(川井進))」とあえて回りくどい書き方をされるネタが一部で定着していた。

チームメイトの間でも変わった例だと思われていたらしく、引退後の2017年オフ大野奨太の入団に伴い大野雄大(名前の読みが同じ「ゆうだい」)がスコアボード表記をフルネームに変更した際、「登録名は大野雄大雄太→川井雄太と変えて、最後は川井進にします。でも、読みは『おおの・ゆうだい』でお願いします」ジョークを飛ばして笑いを取っている。


成績



通算投手成績


通算:10年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 100 86 2 2 28 31 0 1 .475 489.2 125 247 222 187 3.44

関連動画


■sm7620351[ニコ動]

■sm7793335[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/08/05 23:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ