ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


川北紘一


ヨミ: カワキタコウイチ
掲示板をミル!
14カキコ!

川北紘一とは、日本を代表する特撮技術監督である。


概要


1942年12月5日東京都中央区日本橋に生まれる。

中学生の時、円谷英二が特技監督を担当した本多四郎監督の『地球防衛軍』を映画館で観て人生を変えるほどの感動を得て、特撮に身をささげることを志すようになる。

1960年短大に通いながら憧れの東宝で裏方のアルバイトとして働き、2年後に正式に東宝へ入社。本社勤務の話もあったが、特撮への着から特殊技術課への配属を希望し、円谷英二に師事。初めて関わった作品は地球防衛軍とほぼ同じスタッフで創られた『妖ゴラス』(巨大なを避けるために地球ズラすという結構なトンデモ映画)だった。

同じ年には看作品だったゴジラシリーズが復活し、裏方として『キングコング対ゴジラ』にも関わり、これが北のゴジラとの最初の出会いとなった。

1963年からは学合成を担当するようになり、この経験は後に平成ゴジラVSシリーズで画面を美しくった極色の線美学へと繋がっていく。1965年には初めてテレビ仕事として『ウルトラQ』にも参加。翌66年のゴジラ映画ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』では撮影助手にまで上り詰めた。
また、同年に始まった特撮テレビドラマの大ヒット作『ウルトラマン』では日本人ならもが一度はにしたであろう「ウルトラマンと共に巨大化していく」という有名なハヤタの変身シーンを創り上げ、後のウルトラシリーズにおけるヒーロー変身シーンの基礎を作り上げた。

しかし、1970年円谷英二が亡くなると、東宝特撮部門が縮小され、新体制となった71年に製作された『ゴジラ対ヘドラ』は従来の2班体制から1班体制へと変更され、坂野監督の下で演出助手および本編監督を担当した。ウルトラシリーズでは引き続き『ウルトラマンA』にも参加、さらに『流星人間ゾーン』ではゲスト出演したゴジラの演出も担当した。

そして、1976年、『大空のサムライ』で念願の映画特技監督デビューを果たす。これにあたり、師の円谷と同じ操演ではその映像を越えられないと、東宝特撮史上初の手法であるラジコンを使った撮影を反対を押し切って採用し、一定の画面効果を上げることに成功する。

その後もコンスタンスに東宝映画に携わるが、平成時代に入り一大転機が訪れる。

一つ1989年開された原田監督作『ガンヘッド』で、本格的な巨大ロボット日本映画で初めてスクリーンに登場させた。行的には失敗したものの、その特撮自体は現在でもとなっている。

そしてもう一つが中野昭慶から後を引き継ぎ、自身の代名詞ともなる平成ゴジラシリーズスタートである。
ガンヘッドスタッフをほぼそのまま使い、監督に新鋭の大森一樹を招いた意欲作『ゴジラvsビオランテ』は従来の怪獣映画とは一線を画した本格SFとして映画自体の評価も高く、また30本以上ものピアノ線を用いたビオランテの操演技術も観客を驚かせた。行的には前作の『ゴジラ(1984年)』を下回ってしまい、シリーズ続行ギリギリのラインではあったものの、後のvsシリーズに一定の方向性を与え、実に6作品もの続編が作られ、特に『ゴジラvsモスラ』はかの『日本沈没』をもぐ大ヒット作となった。 

このvsシリーズでは爆破による迫を重視した中野特撮とは異なる、当時人気だった『ドラゴンボールZ』や『幽☆遊☆白書』的な少年漫画チック線技体の手な画面作りに注し、男児を中心に爆発的な人気を集めた。一方で、円谷時代からの教えである『残酷なものは極避ける』という意思から『血』をスクリーンに出すことはあまりせず、怪獣へのダメージ表現を液や粉で表現するといった工夫もあった。

1995年に『ゴジラvsデストロイア』でゴジラの死を描き、翌年以降は平成モスラシリーズの特技監督も担当。
2002年東宝を定年退職してから自身の映像技術を存分に活かすために映像制作会社「ドリームプラネットジャパン」を設立。 

ゴジラシリーズ完結後の超星神シリーズでも、ゴジラで培った技術を用いて迫ある特撮画面を子供たちに届けた。

2011年になり、バンダイアクションフィギュアシリーズのS.H.Monster Artsで自身の手がけたバージョンゴジラメカゴジラがその第一弾としてフィギュア化されることが決定。そのプロモーション映像久々ゴジラを演出した。2012年平成ゴジラで育ったあなたへ」としてDENGEKI HOBBY BOOKSのパーフェクションシリーズの第一弾として刊行された『平成ゴジラパーフェクション』の監修を勤め、平成ゴジラの数々の重な資料を提供した。

2014年にはゴジラ60周年として再度ハリウッド版のゴジラ開されることが決定し、数々のゴジライベントに出席。ギャレス・エドワーズ監督したこの新アメリカゴジラにも高い評価を与えていた。
ゴジラ特撮展ではファンに対し気軽にサインや握手、写真などに応じ、トークライブでは大森監督との絶妙なコンビを見せたが、既にこの頃体調があまり優れなかったという。最後にの場に姿を現したのは同年11月伊福部昭100周年のコンサートに観客として訪れた時で、西川らに挨拶をしており、西川大阪学校で共に講義を行う約束までしていたが、その後体調が悪化。

2014年12月5日72歳の誕生日の日に肝不全で夢の惑星へと永遠のに出かけられた。

このことは12月11日まで関係者以外には伏せられ、12月8日日本ゴジラ新作のスタートを告げるニュースが先行して大々的に報じられた後に伝えられた。監督はこの新シリーズ決定のことを知らないまま立たれてしまったが、最晩年に行われたファミ通インタビューでは新作への参加にも意欲を示していた。

生前最期の作品は晩年に自身が客員教授を務めた大阪芸術大学学生、そして長年の友にして同大学映像学科長でもある大森一樹らと共に製作した自主映画装甲巨人ガンボット 危うし!あべのハルカス』で、前年に学生たちの製作した『戦え!太陽騎士アポロナイト』の好評を請けてテレビ連続番組としての放映を視野に入れたものだった。(後にオープンキャンパス来場者などに向けて非売品DVD製作されている)

この作品はテレビ大阪のみで11月7日から12月5日にかけ4週にって実際に深夜帯にて放送された。
奇しくも、最終話である第4回「あべの大決戦」の放送当日に北は立つこととなった。


関連動画


川北紘一に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■az4862485154
■az4864910138
■azB00ISOKZLY
■azB000JRYN66
■azB000ENUYUO
■az4800306485


関連コミュニティ


川北紘一に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/03/25 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ