ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


川崎フロンターレ


ヨミ: カワサキフロンターレ
掲示板をミル!
21カキコ!

川崎フロンターレとは、川崎市ホームタウンとするJリーグサッカークラブである。
ホームスタジアムは等々力陸上競技場


概要


日本プロサッカーリーグ
川崎フロンターレ
基本情報
創設 1955年
クラブカラー サックスブルー
本拠地 等々力陸上競技場[川崎市中原区]
ホームタウン 神奈川県川崎市
前身クラブ 富士通サッカー
プロサッカークラブテンプレート

1955年富士通サッカー部として設立。
Jリーグの中でも随一の攻撃を持つクラブ。地域密着を心がけている。
また、スカウトも優秀であり、ジュニーニョ、鄭大世(チョン・テセ)、マギヌン、ヴィトール・ジュニオールレナチーニョなどといった優良外国人を発掘している。フッキ?そんな人知りませんよ。
ここ最近は外国人の他に名大学からの新人発掘にも定評があり、最近では2010年度加入の小林友紀らもその筆頭である。

かつてはJ1での最高成績は2位が3回。ナビスコカップでも準優勝3回と、Jリーグでは随一のシルバーコレクターであった。(後述)

企画にも定評があり、中にはJリーグ一とのもある。
予想外企業・団体とコラボしたり算数ドリルを作ったりと新な企画を次々と打ち出している。例えば、南極始球式を行ったり、ハーフタイムスーパーフォーミュラカーを走らせたり・・・

挙句の果てには天体戦士サンレッドとのコラボし、「ファイト!川崎フロンターレ」(TVK 金曜22:30~)内で特別版(4話)を放送した。
さらに、ついには2012年の新体制発表会をニコニコ生放送で中継してしまった(中村憲剛伊藤小林各選手が出演するという演出で)。

lv77436281

2012年には川崎浴場組合連合会のポスターで「テルマエ・ロマエ」とコラボするなど、今後も新な企画に期待がかかる。

2013年からは認の同人誌を売ると言う予想の斜め上を行く手に出たあげく、2015年の新体制発表会見ではなんと、コミケットスペシャル6川崎市観光協会、川崎市経済労働局、ねこしっぽと共同で企業参加することが決定。また、美少女キャラクターとして「カワサキまるこ」が誕生。一体、このクラブはどこに向かおうとしているのやら。

2016年1stステージ開幕戦を前年優勝広島を下した後上位対決で浦和敗北するもその後順調に勝ちを積み重ね一時は首位に立った。しかし残り2試合で下位の福岡に引き分けと2位鹿島勝利を収めたことで順位が入れ替わり終戦こそ大宮勝利したものの結局1ndステージ2位で終えた。2ndステージは開幕戦の仙台戦から多摩クラシコ(FC東京)戦まで小林が全てゴールを挙げる好調を魅せ、神奈川ダービー(湘南戦)ではジュニーニョのクラブ記録を更新する6試合連続ゴールを挙げた。最終的にはクラブ史上新記録となる15戦敗も記録。最終的には鳥栖戦で敗れ、8試合連続ゴールのかかった小林ノーゴールに終わるが敗を16に伸ばした。
しかし、終盤は成績は落ち込み最終戦G大阪戦でも逆転負けし浦和に次ぐ年間2位クラブ史上初のJリーグチャンピオンシップ出場となった。チャンピオンシップ準決勝はホーム開催となったが、崎夢生の一発に沈み鹿島に0-1で敗れ、決勝進出とはならず、総合順位としては年間3位でシーズンを終えた。
一方、天皇杯では順調に勝ち進み、準決勝では大宮を下して翌2017年シーズンACL本戦出場権獲得を果たした。2017年1月1日に行われた天皇杯決勝(クラブ史上初の元日決戦)では、鹿島に先制されるもののその後小林ゴールで追いついて同点とし、延長戦へと持ち込んだものの、この試合を最後に鹿島を退団するファブリシオに決勝点を決められ敗戦、準優勝となった。

上記の通り2005年J1再昇格後以来、J1リーグ優勝4回、Jリーグカップ優勝4回、天皇杯優勝1回を経験するなど、あと一歩のところで優勝まで届かずにいたため、シルバーコレクターターレなどと揶揄されていた。


悲願の優勝


木達が監督に就任した中で迎えた2017年キャプテン小林が移籍した大久保を埋める形でチームの得点として活躍。開幕戦こそ勝利を収めたものの前半戦に多くの負傷者を出したために一時は9位まで下がったが、連敗はなく安定したシーズンを迎えた。その後、守備の安定と負傷者が後並み復帰したことで19節での敗戦以降は、リーグ戦では15試合負けなかった。
21節終了時点では、最大7点差まであった首位鹿島が勝ちきれない試合の中で順調に勝ち点を積み重ね33節で勝ち点差2まで縮めた。そして最終節大宮戦開始1分で先制点を決めたのち小林ハットトリックを決め大勝し、対する鹿島は引き分けに終わったことで勝ち点が並んだものの得失点差で鹿島を大きく上回ったことで順位が入れ替わった。

これにより1999年J2発足初年度に所属していたクラブ史上初にしてオリジナル10以外3クラブJ1リーグ優勝となった。
また、優勝監督賞を木達が受賞したのを始め最終節にハットトリックを達成し23得点を記録し得点王となった小林が最優秀選手賞となりJリーグ史上6人となるダブル受賞を達成。また小林に含むエウシーニョ、屋、中村ベストイレブンに、さらにこの4人に加え、谷口阿部大島の7選手が優秀選手賞にそれぞれ選出された
一方ACLではグループステージ4戦連続引き分けという記録となるも残り2戦を勝利を収めてけっようトーナメント進出。準々決勝では浦和ホームでは勝利を収めるもアウェー戦で大敗したことで準決勝進出を逃した。
Jリーグカップ(ルヴァンカップ)では前身のヤマザキナビスコカップを含めて8年ぶり4度の決勝進出を果たした。決勝戦はセレッソ大阪と対戦し、シュート数こそ相手を上回るも決められず後半アディクションタイムカウンターを受けてた後追加点を奪われ敗退。これにより2000年2007年2009年に続きまたしても決勝で得点のまま敗戦し、準優勝となった。 

2018年は史上3クラブとなる最終節を待たずしてのリーグ優勝を達成。これにより、Jリーグ史上5チームオリジナル10以外では史上初となる連覇を果たした。最終的に得点数(57得点)と失点数(27失点、Jリーグ史上3位 )と両項リーグトップを記録した。

2019年ルヴァンカップ(Jリーグカップ)決勝で札幌と対戦。PK戦を制し5回の挑戦で悲願のルヴァンカップ優勝を果たした


所属選手


注:ニコニコ大百科に記事がある選手のみです。


OB



関連動画



■sm912837[ニコ動]

■sm2192250[ニコ動]
■sm2371119[ニコ動]
■sm3586194[ニコ動]
■nm5568047[ニコ動]
■sm32360044[ニコ動]


関連動画(ネタ編)


■sm4098374[ニコ動]
■sm4830245[ニコ動]

上記に代表されるように、ネタ的なイベントや個性的な選手が多く、家族連れに非常に人気がある。
特に毎年恒例のファン感謝祭ステージ芸は異様な完成度を誇る。

また、会場ではガンプラも販売している。


関連商品


■azB01C2TGHE4


関連コミュニティ


■community


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/06/09 13:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ