ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


工藤優作


ヨミ: クドウユウサク
掲示板をミル!
30カキコ!

工藤優作(くどうゆうさく)とは、

  1. 漫画名探偵コナン』に登場するキャラクター本稿で記述する。
  2. 漫画喧嘩商売』に登場するキャラクター
  3. ゲームラストロンクス」の主人公

概要


CV田中秀幸

主人公江戸川コナン父親であり、工藤有希子の夫。英語版での名はBooker Kudo

年齢は定かではないが30代後半から40歳前後と思われる。

有希子とのケンカ日常茶飯事だが夫婦仲は良い。

ダンディー。世界に名をかせる推理小説で、代表作は「闇の男爵(ナイトバロン)」シリーズ

かなり多忙で切に追われる生活を送っており、普段は海外にいることもあって、作中には滅多に登場しない。余談だが、この人のダジャレはかなり寒い(息子と妻に引かれるほど)。

コナンをもえる卓越した推理の持ち。また、コナン「ハワイで親父から」拳銃の撃ち方やモーターボート、飛行機の操縦など様々なことを教わっていたことを考えると、推理以外にも様々なことに精通している人物であることがうかがえる。

名前の由来は1979年~80年に放送された人気テレビドラマ探偵物語」の主人公探偵工藤俊作とそれを演じた松田優作から。

キャラクターモデルシャーロック・ホームズマイクロフト・ホームズからと思われる。めったに登場しない人物、シャーロック(新一)以上の推理の持ちといった共通点がある。

新一が怪盗キッド黒羽快斗)と対決しているように、優作は初代怪盗キッド黒羽盗一)と幾度も対決している。なお、キッドがまだ「怪盗1412号」と呼ばれていた頃に、「1412」を「KID」と読み間違えたのは他でもない優作である。ある意味キッドの名付け

劇場版では第6作「ベイカー街の亡霊」にて登場。メインとなるゲームシナリオを執筆したほか、ゲーム世界で推理を展開する新一に代わって現実世界犯罪を暴いた。

原作第84~85巻、アニメでは第779話~第783話で描かれた緋色シリーズでは赤井秀一モデルに初めて執筆した映画「緋色の捜官」の脚本でマカデミー賞(アカデミー賞パロディ)最優秀脚本賞を受賞している。
なお授賞式の晩は新一の示により工藤邸にて(有希子の手による)の変装をして「=生きていた赤井秀一」の事実を看破した安室透と対面していたため、優作の変装をして授賞式に出席する有希子の姿をテレビで見ていた。


関連動画



■sm12132856[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/04/19 00:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ