ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


巻町操


ヨミ: マキマチミサオ
掲示板をミル!
26カキコ!

巻町操(まきまち みさお)とは、漫画るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物である。

テレビアニメ版などの櫻井智実写映画版は土屋太鳳


概要


操京都隠密御庭番衆・先代御頭の孫。両親はいないようで、屋で柏崎念至(通称・翁)に育てられた。初登場時16歳

御庭番衆の現・御頭である四乃森蒼紫般若らを慕っていたが、蒼紫らが幼い操を置いて出て行ったため、ずっとその行方を捜している。

初登場時は蒼紫らを探しに京都を飛び出し東京に出た帰りで、追剥していたところを京都へ向かっていた緋村剣心に見つかり咎められる。その後ひと着あり、剣心蒼紫の名を口にしたため情報を聞き出そうと彼を追い回す。

結果的に彼女が跳躍できない断崖絶壁剣心が飛び越えたことで追跡不能になるが、蒼紫会いたい一心で謀にも飛んでしまい転落。この行為に剣心彼女を放置するほうが危ないと判断し、以降行動を共にすることになる。

初登場時の年齢は16歳だが、小柄で幼児体であるため、作中人物からは子供扱いされることが多い。斎藤一相楽左之助からは(神谷薫、高荷恵のから連想し)「イタチ」と呼ばれる。精年齢が近い明神弥彦とは、一緒に何かを企むシーンがしばしばある。

蒼紫し、彼を「蒼紫様」と呼ぶ(そして彼を侮辱されると怒る)など心酔しているが、蒼紫が翁を切り捨てた時は蒼紫を敵とみなして御頭を追放扱いし、代わりに自分自身が御庭番衆の御頭を名乗る。京都編後に蒼紫心してからはやっと一緒にいられるようになったが、彼がしょっちゅう出歩くため不貞腐れている。

操はふて寝したに代わる京都編のヒロインとして登場したキャラであるが、剣心心を抱くような関係ではない。と違って性格も男勝りでわがままなど、活発さが強調されている。表情も漫画的で非常に豊富。


戦闘能力


見たは小柄で奢な少女ながら、御庭番衆の一員だけあって実蒼紫折り紙付き。足の速さが自慢で、投げ苦無を武器に般若直伝の拳法も使う。

ただし強いといっても作中のべると見劣りは否めない。剣心の前では自慢の俊足もついていくのがやっと、拳法は(ギャグ描写を除けば)体重の軽さからノーダメージ、本気の必殺「貫殺飛苦無」も抜圧ですべて落とされるなど全く通用しなかった。挙句に「敵からしたら(赤ん坊の)伊織も操も同じ」などと言われてしまう。

メインキャラが敵のタイマンするのがお約束展開な中、京都編ではと組んで本条鎌足(大足)を倒すサポート役に甘んじるなど、個の戦闘の見せ場が少ない。しかし京都では人望と人気を利用し京都大火を未然に防いだり、人誅編では非戦闘要員ながらも中の機を破壊し進路を確保するなど、戦闘以外の活躍は多い。

またアニメ版では弥を圧倒している。


その他


翁に育てられた影が随所にみられ、わがままは筋入り、まれに外来語も使う。する乙女の描写は多いが、京都編では男衆のの前でを脱ぎはじめ装束に着替えるなど女としての羞恥心はやや欠ける。

元々子供っぽい見ただったが、原作の後日談「」で21歳になった絵はやたら幼く描かれ、もはや幼女22歳で落ち付いた雰囲気の恵とは対照的である。

テレビアニメ版では京都編が終わり蒼紫が戻ったあとも、なぜか御頭を名乗るシーンがある。

実写映画版では人物設定に大きな違いはないが、リアリティのためか言葉遣いや外見が異なる。言葉は標準で話す原作アニメと違って、京都出身設定に沿い京都なまりでしゃべる。装は二の腕太もも丸出しで漫画チックだった原作とは異なり、時代背景に沿った露出のない着物に変更されている。

niconicoでは検証シリーズで「巻増し」、に「奈緒美さん」と呼ばれることもあるが、確認できる動画削除されたため、確認しづらい。

関連動画


■sm3944885[ニコ動]

■sm5106719[ニコ動]
■sm15476234[ニコ動]
■sm15566702[ニコ動]


関連商品


■az4088741560
■azB000026WGN


関連項目



最終更新日: 18/11/24 04:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ