ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


希望皇ホープ


ヨミ: キボウオウホープ
掲示板をミル!
145カキコ!

希望皇ホープ(英:Utopia)とは、遊戯王に関連する用である。

  1. No.39 希望皇ホープ」の略称台詞上では「希望皇ホープの効果発動!」などと使われる。
    特に他のカードと混同する恐れがない場合、さらに略されて「ホープ」と呼ばれることのほうが多い。
    →「No.39 希望皇ホープ」を参照。
  2. テキスト上で定される、「『希望皇ホープ』と名のついたモンスター」のこと。本項で解説
    「『ホープ』(と名のついた)モンスター」も本項で取り扱う。

概要


カテゴリとしての初出はOCG版の「COSMO BLAZER」(CBLZ)で登場したZWゼアル・ウェポン)。それ以前のパックが初出のZWは全て「CNo.39 希望皇ホープレイ」を定していた。
また、アニメでは全てのZWが「CNo.39 希望皇ホープレイ」を定しており、「No.39 希望皇ホープ」には装備できない。なぜCBLZ以降に初出のZWだけが「希望皇ホープ」と名のついたモンスター定するようになったのかは不明。装備対が広がったことは素直に喜ぶべきなのかもしれないが……。

2015年7月現在、「希望皇ホープ」と名のついたモンスターは以下の通り。

また、以下のモンスターは、ルール上「『希望皇ホープ』と名のついたカード」としても扱う効果を持っている。

カテゴリ登場時点では「No.39 希望皇ホープ」と「CNo.39 希望皇ホープレイ」しか存在しなかったが、後にホープ進化・変化形態としていくつか登場した。

BFが~」、「リチュアが~」といった感覚で考えれば、「希望皇ホープが~」という場合、その中には「CNo.39 希望皇ホープレイ」なども含まれることになるが、会話などで「希望皇ホープが~」と出た場合、多くは「No.39 希望皇ホープ」のみをしているだろう。
ただし、属するモンスターサポートカードが多くなり、カテゴリとしての希望皇ホープを意識したデッキも組めるようになったことで、総称としての希望皇ホープもしくはなくなった。


このカテゴリCNo.は、「No.」、「CNo.」、「CNo.39」、「希望皇ホープ」、「ホープ」の5つのカテゴリに属することになる。これは「CNo.107 超銀河眼の時空龍」と並んでカテゴリ所属数最多となる。


アニメ・漫画において


遊馬が使用するカテゴリだが、アニメでは「『ホープ』と名のついたモンスター」、「『No.39 希望皇ホープ』と名のついたモンスター」などを定するカードが存在するのみで、「『希望皇ホープ』と名のついたモンスター」を定するカードは存在しない。


希望皇ホープのサポートカード


「『希望皇ホープ』と名のついたカードモンスター)」に関する効果を持つカード

エクシーズモンスターに限定したものとそうでないものが混在しているが、現状希望皇ホープにはエクシーズモンスターしかいないため、カード名をコピーした場合を除き区別する必要はない。


ZW(ゼアル・ウェポン)


初期に登場したものを除くOCGZWは、基本的に「このカードを自分フィールド上の『希望皇ホープ』と名のついたモンスターに装備できる」という形で定する。詳細は「ZW」を参照。


ZS(ゼアル・サーバス)


アニメでは「ZS-双頭賢者」が「『ホープ』と名のついたモンスター」を定していた。

ZS-幻影賢者

新たなZEXALとなった遊馬アストラルシャイニング・ドローによってドローしたカード
遊馬VSMr.ハートランド戦(カイトから引き継ぎ)で登場し、「銀河眼の光子竜」が自身の効果でゲームから除外されたことをトリガーに効果発動、「銀河眼の光子竜」をフィールドに呼び戻し、さらにMr.ハートランドインフェクション・バグトークンをまとめて除外した。

ドロー効果はテキストで確認できるのみで1度も使用されることはなかった。

OCGでは、ドロー効果の制限が「ホープ」から「希望皇ホープ」に変更されたほか、除外モンスターを呼び戻せるのはバトルフェイズのみ、除外できるのは攻撃3000以下1体のみなど、全体的に弱体化された。


希望皇ホープ


詳細はそれぞれの記事を参照。


その他


個別記事の存在するものについては当該記事を参照。

アニメ出身のカードについては、特に効果を適用できるモンスターについて定のなかった効果に対して、OCGで制限をかけるために「『希望皇ホープ』と名のついたモンスター」という条件を追加するというものが多い。

エクシーズ・エージェント

アニメでは「希望皇ホープ」とは関係な効果であった。
サルガッソでの遊馬VSベクター戦で登場し、「No.39 希望皇ホープ」の効果のために使われた。

OCGではアニメでの縁もあってか、「希望皇ホープ」のサポート変されている。

Vサラマンダー

アニメでは「No.39 希望皇ホープ」のみを定する効果であった。
元々真月零から託されたカードで、人間世界での遊馬VSベクター戦で登場。「CNo.39 希望皇ホープレイV」に装備してその効果でベクターフィールドを一掃した。
だが、このカード自体がベクターであり、サルガッソでの再戦時、「Vain-裏切りの嘲笑-」の効果で墓地へ送られ、遊馬を窮地へと追い込むことになる。

これもまた、OCGで「希望皇ホープ」サポートに変えられた1枚。蘇生が変更された。「V」サポートのほうは直接ホープレイVを定するように変されている。

エクシーズ・チェンジ・タクティクス

OCGオリジナルホープサポート
効果発動回数の制限は特にいため、ホープホープレイorホープONEホープ・ザ・ライトニングのようにエクシーズ召喚するだけで3枚ドローできる。

希望郷-オノマトピア-

OCGオリジナルサポートカード
ホープホープレイorホープONEの手順でかっとビングカウンターを2つ貯められ、そのまま(3)の効果へつなぐことができる。

オノマトピアは、オノマトペ(ア)とユートピアをかけたものか。
ユートピアは希望皇ホープの英名として用いられている。

ホープ剣スラッシュ


次へ»
最終更新日: 17/04/15 23:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ