ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


常用漢字


ヨミ: ジョウヨウカンジ
掲示板をミル!
48カキコ!
編集上の注意:この記事にはGoogle Chromeでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google Chrome以外のブラウザで編集してください。

常用漢字(じょうようかんじ)とは、日本において日常文字を書き表すために選ばれた漢字のことである。

常用漢字に選ばれた文字の内容は大正昭和時代に始まり内容が大きく変わっているがこの記事では1981年内閣告示され、2010年定された『常用漢字表』の漢字について解説する。


概要


常用漢字は「法令用文書,新聞,雑誌,放送など,一般の社会生活において,現代の国語を書き表す場合の漢字使用の安」として「常用漢字表」で示された漢字のことである。
1981年10月1日に告示された「常用漢字表」(昭和56年内閣告示第1号)には1945字が示されていたが、2010年11月30日定された「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)では5字が削除196字が追加され、2136字になった。

「常用漢字」の前身は「当用漢字」であり、現在のいわゆる「新字体」などはこれで示された。
「当用漢字」の認知度があまり高くないように思うため、この記事では「当用漢字」に関係があるものについても記述する。


字体


1949年4月28日に告示された「当用漢字字体表」で「印刷字体と筆写字体とをできるだけ一致させることをたてまえ」として字体が定められた。その字体は一般的に広く使われていた俗字や略字を採用したもので、創作したものはない。

そのため、以下の元6種の例のように字体の部位の不統一が発生している。

費・・沸 → 費・・払・沸 觸・濁・屬・ → 触・濁・属・独
→ 専・団・転・伝 ・勢・熱 → 芸・勢・熱
尙・・常・・堂 → 尚・・常・当・党・堂 ・盡・書・ → 画・尽・書・

逆に、以下の2種(元6種)のように関係の部位を統一した事例もある。

・会・芸・伝 覺・ → 覚・学・営・

また、字体を変えたのは常用漢字(当用漢字)だけであったため、常用漢字に含まれない漢字(以下「表外字」)の字体(活字のデザイン)はそのままとなり、「飢饉」「邁進」など同一の部分であっても形が異なるという大変ややこしい状態になっている。(但し、手書きの際は食偏もしんにょうも新字体の形で書く。)

字体の簡略化・整理の例

追加された常用漢字の字体

2010年11月30日に「常用漢字表」は定され196字が追加となった。しかし、前述したように表外字の字体はそのままであったため、元々は表外字であった196字のうちの一部と、常用漢字の字体が乖離してしまっている。
下の表はその一例。

以前からの常用漢字 追加された常用漢字
浅()・桟()・残(
)・鎮(鎭)・慎(
挟(挾)・狭()・峡(峽)
愉・輸・諭・癒

但し、「情報機器に搭載されている印刷文字字体の関係で,本表の通用字体とは異なる字体(通用字体の「・賭〈右が「者」〉・剝」に対する「・賭〈右が「者」〉・剥」など)を使用することは差し支えない。」と、フォントで表示できない場合などは、示された字体と異なるものを用いてもよいとしているが、出版社などに向けて言っていそうなので一般人にはあんまり関係ないんじゃないかな。

また、手書きでは古くから、以前からの常用漢字に倣った字体で書かれてきたものが多く、「筆写の楷書ではどちらの字形で書いても差し支えない。」と、以前からの常用漢字に倣った字体などで書いてもよいとしている。そのため印刷で「塡」などとなっていても、手書きでは以前からの常用漢字に倣った字体の「填」と書くのが好ましい。(「以前からの常用漢字に倣った字体」ってもっと短く言えませんかね……。分かりづらくてごめんなさい。

また、傾向として日本都道府県全部を書けるようにと、構成熟などをまるで度外視し、岐阜県の阜や埼玉県の埼などを追加したりしており、また、噂、嬉しい、く、などといった日常会話でもよく用いられる漢字より禁錮、遡及、勾留といった法令表記の混ぜ書きを減らす的を優先したりしている。また、浄瑠璃のためにと璃という字を常用漢字に入れたり、脆弱、捏造、挽回などもっと優先すべき、頻用されている熟はあるだろうに、憧憬の憬、恣意的の恣などを常用漢字に含めたり(つまり、日常的な頻度より交ぜ書きによる読み不自然さが少なくなるように選択している)、色々選定に疑問が残る追加となっているのも事実である。

世間では「」を入れる入れないでもめていたが、そのスケープゴートの裏側でこういう作業が行われていたことを把握せねばならない。

も、それまでも常用漢字の使用頻度には顕著なばらつきがあった。そこで「昔」「皿」「豆」など一部の漢字教育漢字となっている(逆に「釈」「歓」「俗」「」など教育漢字から常用漢字となった例もある)。それ以外も「遅」「怒」など非常に使用頻度が高い常用漢字もある一方、「逓」「璽」「吏」「畝」「虞」「朕」などまず日常では用いない漢字や、「」「頒」のように代替表現によってまるで使われなくなったものもあったりする。そのうち「」「」「」「」などが常用漢字表から除外され人名用漢字(人名に使うかはともかく)となっている。なお、この使用頻度に際して、漢検では使用頻度を分析し、2級~4級で対漢字を振り分けたりしている。

書き換え・交ぜ書き

表外字含む言葉を使う際に、同じ音をもつ常用漢字で表外字を書き換えることがある。

1956年7月5日国語審議会は「当用漢字の適用をを円滑にするため,当用漢字表にない漢字を含んで構成されている漢語を処理する方法の一つとして,表中同音の別の漢字に書きかえる」ための針として「同音の漢字による書きかえ」を報告した。これにより漢字が書き換えられるようになった。(ただし、「同音の漢字による書きかえ」以前から、書き換え後の表記がなされていたは数多くある。)

例えば以下のようなものである。

奇蹟奇跡 月蝕月食 上 → 下克上 → 障 沈澱 → 沈殿 篇 → 編

これが「終熄→終息」「媾和→講和」「抜萃→抜」など定着したものもあれば、「惣菜→総菜」「燻製製」など定着しなかったものもある。中には当用漢字から常用漢字になったで、常用漢字内での書き換えも起きたりした。「濫用→乱用」「露顕→露見」などがその一例である。

書き換えは「濫用→乱用」「萎縮→委縮」「明媚→明美」「当籤→当選」など「同音の漢字による書きかえ」にないものも多く使われる。

一方、ある熟は書き換えできるが、ある熟は書き換えできないという訳の分からない事態も起きている。例としては「綜合→総合」は可だが、「錯綜」は書き換え不可、「動→動転」は可だが、「末」は書き換えないのが一般的など。

また、熟に表外字を含む場合、その字だけを仮名書きし、交ぜ書きにすることがある。常用漢字が増え、交ぜ書きになる言葉は減ったのだが依然として多い。

例えば……。

かい離(乖離) 急きょ(急遽) あっ旋(旋) あ然(然) ねつ造(捏造 口てい疫(口蹄疫

 この前ニュースで「退職うこん強盗」と書かれていたのだが、大変読みにくいのでやめて欲しい。

ほかに、書き換えできるが書き換えずにあえて交ぜ書きしているものもある。
「障がい」は「」という字を避けて、「障」と書きたいのだが、「」が表外字なので交ぜ書きにしている。(「障→障」は「同音の漢字による書きかえ」で示されている。)
ヨーグルトの容器なんかを見ると「はっ酵」と書いてある。これは「」と書きたいのだと思う。(「酵→発酵」も示されている。)
宝くじは「当せん」と書いているがこれは「当籤」と書きたいのである。

中には尾骶→尾ていなど対環境依存文字となってしまっているものもあり、流石にこれは仕方ない。

社によっては人物名も書き換え対となる(静岡新聞での黒澤ルビィ黒沢ビィなど)

ニコニコ大百科の編集にあたって

1 この表は,法令用文書,新聞,雑誌,放送など,一般の社会生活において,現代の国語を書き表す場合の漢字使用のを示すものである。

2 この表は,科学,技術,芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない。…

                   常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)[PDF][外部] 前書き

平成22年2010年11月30日に告示された常用漢字表の前書きにはこうある。
ニコニコ大百科はおおよそ第1項が適用されるような対ではないため常用漢字に縛られる必要はない。というかニコニコ大百科で実際に縛られている記事なんて見たことない。常用漢字なんかぶち壊す勢いで自由に、感性の赴くままに漢字を使ってもらいたい。
然し漢字を使い過ぎた文章も読み難いので、平仮名漢字バランスも考えると読みやすくなるんじゃないかな。

常用漢字一覧

記事のないページにもリンクを貼ってあります。


次へ»
最終更新日: 20/06/23 14:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ