ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平和ボケ


ヨミ: ヘイワボケ
掲示板をミル!
42カキコ!

平和ボケとは、戦後日本政治のうち、際関係において、リベラルハトの外交姿勢を揶揄したり、非武装中立を非難する意味合いをもって使われる言葉である。


概要


いつごろからが使いだしたかは不明なものの、広く一般に通用する言葉である。際関係論、国際政治学においては、外交と軍事、安全保障に就いて、に二つの立場を採る。それは、一つは現実義と言われる立場である。これは、国際政治は、政府状態から始まっており(つまり、世界中を拘束する世界政府は存在しないということ)、国家国家の利益が衝突し合う場と理解し、国家背景には軍事が不可欠と考える。もう一つは、理想義ないしはリベラリズムと呼ばれる立場である。こちらは、国際政治は共に希する義、人権平和義が存在するという立場である。これを推し進めれば、世界政府になる。

そして、このうち、理想ないしはリベラルに向けられる言葉が平和ボケである。

特に、戦後日本政治は、日本国憲法前文と日本国憲法第9条徴されるような、際協調義・平和義が、広く学問としても政治的勢としても共有される状態が続いてきた。それを許したのは、冷戦構造という状況と日本アメリカ合衆国依存して、安全保障を構築し、核の在日米軍による実が存在したという現実義的側面もある。

ただし、日本側も吉田茂が採った軽武装・経済義(吉田路線)によって、戦前のように強権的な益重視、大東亜共栄圏構築といった覇権主義を免れた面もあるといえる。この場合、どこまでを理想義的と捉えるかにもよるが、経済義はリベラリズムも肯定する際秩序の要因である。つまり、戦後際秩序の維持にとって、自由貿易体制・経済的交流が役立っているという認識である。

ただし、現代は、再び地域覇権主義・保護義が台頭し、経済義自身もまた現実義的な立場と理想義的立場に分裂しているとも言えるので、必ずしも軍事的だから平和義とも言えなくなっている。


現実主義者も平和ボケ?


必ずしも普及しているとは言えないが、親米保守を平和ボケと揶揄することもある。これは、戦後日本平和が保たれたのはアメリカ合衆国のおかげ、というを一旦カッコに入れるである。つまり、過度にアメリカ合衆国並びに日安全保障条約を信用しすぎることにより、日同盟に引きずられて、アメリカ軍世界戦略に巻き込まれてしまうのではないか(同盟)、日本アメリカ軍との共同軍事行動を進めると、日本の“平和義”が崩れて、実際に日本国平和に資してきた外交政策が採りづらくなるのではないか(例えば、中東でのアラブとの協調路線、アジアでの日中友好路線)ということである。

ただし、外交政策・軍事を定量的に測る事は難しく、一定程度イデオロギー的にならざるをえないところもあり、一般的な現実義と理想義の論争から免れているとは言えない。


罵倒語として


学問・政治思想として揶揄する場合もあるが、論言葉の組み合わせとして、“ボケ”が入っている以上は、単なる罵倒として機する。この場合、パヨク左翼ヘタレなどと同義である。


関連動画



平和ボケだと揶揄された例



■sm13934573[ニコ動]

■sm4435983[ニコ動]
■sm13721984[ニコ動]


平和ボケだと非難する例


■sm23202750[ニコ動]


関連商品


■az4828417540


関連項目



最終更新日: 17/10/20 17:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ