ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平宗盛


ヨミ: タイラノムネモリ
掲示板をミル!
3カキコ!

平宗盛1147~1185)とは、平安時代末期に活躍した武将である。


概要


平清盛時子の間に生まれた子で清盛の三男。通称大臣殿清盛没後のの棟梁となるものの、物語などではうだつの上がらない柔弱な存在として描かれることが多い。

1159年に遠江守に任じられて以降、淡路、美作などの守、左兵衛佐、左頭を経て1167年に従三位右近衛中将・参議となり卿に列した。その後も1177年には右大将になるが、その結果と友好的だった藤原成親の鹿事件への与同を引き起こしたともいわれている。1178年に正二位・権大納言となり1179年に権大納言、右大将を辞すが、同年の異平重盛の死去での嫡男となって権勢をふるった。

時子との長男として、嫡男・平重盛小松と肩を並べるどころか脅かす存在となっていた平宗盛は、これをきっかけに実質的な権勢を得た一方、『物語』では賢として対照的に物語を通して描かれていく。後白河法皇閉の際の法皇の慨嘆、また源頼政の嫡子仲綱の名強奪と仲綱への侮辱による頼政挙兵、といった具合に物語は虚構を交え宗盛の愚行が反の挙兵を招いたかのように描いていくのである。

そして1181年の清盛死去によって督を継ぎ、1182年に権大納言・内大臣、1183年に従一位に任じられるのであった。しかし彼は源頼朝妥協点を見出そうとする後白河法皇に対し、清盛の遺言に忠実にあろうと、あくまでも源氏との対決路線を維持していく。そして源義仲への都落ちの際、後白河法皇を取り逃がすという失点はあったものの、いったんは勢を挽回する。しかし一ノの戦い以降源義経の攻勢に大敗していき、ついに1185年壇ノの戦いでの滅亡を迎えるのである。

しかし史実も物語も彼に退場を許さなかった。次々と入するに呆然とした平宗盛は、見かねた手下に突き落とされるも、嫡子・清宗と死にきれず助け上げられ、潔く散った平知盛と対照的な姿が描かれるのである。その後宗盛親子は捕虜として鎌倉に送られ、卑屈な態度や生への執着は平重衡と対照的な姿として描かれる。宗盛は結局篠原で清宗とともに罪に処されるが、清宗が落ち着き払って念仏をやめなかったのに対し、宗盛は念仏を止め、息子の身を案ずる言葉を発した直後に殺されたのであった。こうして数々のの人々と対照的な愚かな存在として、彼は物語舞台から退場させられたのであった。


関連項目



最終更新日: 17/09/23 01:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ