ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平教経


ヨミ: タイラノノリツネ

平教経(?~1185)とは、平安時代末期に活躍した武将である。


概要


平教盛藤原との間に生まれた、平教盛の次男。通盛は同で、元の名前は盛。通称能登殿
物語』では源義経ライバルとして獅子奮の活躍をするが、実は史実ではいつ死んだかもはっきりしていない、そんな武将である。

伯耆守、民部権大輔越前守を歴任後、1179年11月能登守となる。

11819月北陸道追討軍の副将軍となるが、生き延びることとなる。その後『吾妻』では11842月の一ノの戦いで甲斐源氏安田義定に討たれたとされるが、『玉葉』では生存しているとされ、『醍醐寺雑事記』では壇ノの戦いでの自害者とされるため、古くから見解が分かれていた。近年では生存説の方がとられるようだ。

このように史実ではいつ死んだかもはっきりしていないのだが、『物語』では118310月水島の戦い以降、一門きっての勇将として活躍する。まず水島の戦いでは味方の船を綱でつなぎ、その上にを敷き詰めるという戦法で勝利。その後瀬戸内源氏に寝返った勢攻略していく。一ノの戦いでは平宗盛から難所の防衛を依頼されるが、戦果をあげることなく屋へ落ち延びた。

1185年の屋の戦いでは「王一のつよ」と評された矢で、源義経をかばった佐藤継信を射止めるも、童の菊王丸が討ち死にし撤退。そして3月の壇ノでの戦いの活躍が極めて有名な場面となっている。矢を射つくした後にと長をもって駆け巡り、平知盛の制止を振り切り源義経との決戦に挑み、すんでのところで八艘飛びによって逃げられる。そして覚悟を決めた平教経は、武装を解き、捕らえた敵を両に挟み「死途の山のともをせよ」と言い放ってに身を投じた。享年は26歳とも27歳ともいわれている。

そのため関市赤間宮の一門の墓標には平教経の墓もあるが、徳島県の祖に落人伝説が伝わり、盛の末裔という旗が伝わっている。


関連項目



最終更新日: 17/09/24 12:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ