ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平田勝茂


ヨミ: ヒラタカツシゲ
掲示板をミル!
67カキコ!

平田勝茂とは、日本映画翻訳である。


概要


ニコニコ動画ではおなじみのコマンドー日本語翻訳東北新社制作版)を担当した人物。

映画翻訳世界に入ったのは、平田学生時代に親しかった教師から誘われ(洋画劇場の翻訳をやっていた)アルバイトで始めたことがキッカケである。
映画翻訳の担当が多いが、アメリカアニメーション翻訳も手がけており、業界入り時点ではそういった仕事が多かったようだ。
あまり知られていないが、ニコニコ動画でも話題となっている戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーも担当している。

有名なコマンドー吹き替え脚本は、当時はそれほど英語訳に忠実であることがめられていなかった時代であり、ディレクターから「吹き替え版は面くしよう」という提案があったために誕生したもの。
お話を崩さない程度の自由さを与えられたことで、日本人に親しみのある言い回しを取り入れ、その結果に生まれたものだという。玄田哲章はこの吹き替え台本を「流れるような会話がどんどん弾んでいく」と評価している。

字幕翻訳を担当したこともあったが、映画字幕吹き替えと違って「映像を見ながら言葉の意味を簡潔に理解出来、すぐ読めるサイズ」にまとめることがめられることから、平田自身は「面くない」という感想を抱いた様子。
そのため平田翻訳業はもっぱら吹き替え翻訳に集中している。

ちなみにコマンドー吹き替え版がネット話題になっていることを平田つい最近まで知らなかったという。

現在映像テクノアカミア映画翻訳科で講師としても活躍している。


主な翻訳担当作品(無表記は基本ソフト収録済)


アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画

映画



海外ドラマ

アニメ

平田勝茂翻訳版をみるには

2010年以降、熱狂的な吹替ファンの後押しからか、「吹替の帝王」、「吹替の」などで平田氏が担当した映画TV放映版のソフト化も進んでいるが、未だにソフト化されていないものも多い。
近年ではゴールデンタイムにおける多様な洋画の放映が減しているため、テレビ東京の「午後のロードショー」や、キー局深夜放送、有料放送映画チャンネルにおける80年代90年代映画の特集コーナーなどでTV放送版の吹替が放送されていたりするので気になった方はチェックしてみることをお勧めする。


関連動画



■sm20094703[ニコ動]


関連商品


吹替の帝王
■azB00AQACOLC
■azB00R4C9FRG
■azB00BCUYADK
■azB00HBZUG7O

吹替の
■azB00OC84GJM
■azB00OH3LSVG

その他収録済ソフト
■azB00ANXRKMK
■azB005J1SJLC


関連項目



最終更新日: 16/01/14 00:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ