ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


幻のポケモン


ヨミ: マボロシノポケモン
掲示板をミル!
123カキコ!

幻のポケモンとは、ゲームポケットモンスターシリーズに登場するポケモンの分類の一種である。


概要



幻のポケモン一覧



世代別


第一世代
151 ミュウ
二世
251 セレビィ
第三世代
385 ジラーチ
386 デオキシス
第四世代
489 フィオネ
490 マナフィ
491 ダークライ
492 シェイミ
493 アルセウス
第五世代
494 ビクティニ
647 ケルディオ
648 メロエッタ
649 ゲノセクト
第六世代
719 ディアンシー
720 フーパ
721 ボルケニオン
第七世代
801 マギアナ
802 マーシャドー
807 ゼラオラ

第一世代


名前 ミュウ
すがた
タイプ エスパー
特性 シンクロ
生息地 さいはてのことう
専用技 -
専用Zワザ オリジンスーパーノヴァ
関連アイテム ふるびたかいず
ミュウZ

初代幻のポケモン。今のように広域に配布をする手段がまだなく、正式に入手するには、コロコロコミック誌上などでの抽選に当選し、カートリッジを幕張メッセなどのイベント会場に持参するという方法しかなかった。折からのポケモンブームもあって抽選の倍率は極めて高く、当時から第二世代にかけては、持っているだけで自慢できるレベルレアポケモン。しかしバグで簡単に入手する方法もかなり有名だった。
ちなみに初代のドット絵は、エグいと言われることも多かったとか。

第三世代でも、ゲフリの切り札的ポジション(?)なのか、最後に解禁された。
現在入手するには、「みんなのポケモン牧場」を使うとよい。

ミュウの最大の特徴は、技マシン秘伝マシン全種と、ほとんどの教え技が使えること。
この設定といい種族値といい、いかにも「最後に詰め込まれたポケモン」である(詳細は当該記事を参照)。


第二世代


名前 セレビィ
すがた [画像を見る]
タイプ くさ / エスパー
特性 しぜんかいふく
生息地 ウバメのもり
専用技 -
関連アイテム ジーエスボール

二世代の幻のポケモン。このあたりからは、単純なバグ技では手も足も出なくなる。
クリスタルバージョンでは、モバイルアダプタGBを使って「ジーエスボール」を受け取れば入手出来た。今考えれば、時代を先取りしていたシステムなのだ。

第四世代では、前世代を使わない場合最後に解禁されたポケモンと言える。
このセレビィは「わるだくみ」を覚えている。また、HGSSサカキイベントを見たり、BWゾロアを入手するのにも使えた。
第六世代では「ポケモンバンク」の利用特典として2014年9月末まで配布。時越えということか。

技や特性耐久っぽいが、耐性が全にオワットルので、普通のアタッカーにするのが難。そのタイプをよくネタにされるが、腐っても600族。雑魚ではない(見劣りするだけ)。


第三世代


名前 ジラーチ
すがた [画像を見る]
タイプ [画像を見る] / [画像を見る]
特性 てんのめぐみ
生息地 -
専用技 はめつのねがい
関連アイテム -

第三世代のALL100族。初めて映画の前売り券を使って配布されたポケモンである。
そして2009年に始まった「マックDSキャンペーンでは、特別に「りゅうせいぐん」を覚えた個体が配布された。

あまり有名でないが、2タイプ一致でてんめぐ怯みゲーが可ポケモン
定石通りでんじはを撒けば、タイプ一致技二種「アイアンヘッド」、「しねんのずつき」でずっとジラーチターン
タイプも技範囲も優秀であり、この種族値にはしく没個性にならない戦い方ができる。

名前 デオキシス
ノーマル アタック ディフェンス スピード
すがた [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
タイプ [画像を見る]
特性 プレッシャー
生息地 たんじょうのしま
そらのはしら
専用技 サイコブースト
関連アイテム オーロラチケット

DNAポケモン別名ひもQ
GBAシリーズではソフトによってフォルムが変わるため育成にやや難があったが、DS以降は解消。好きなフォルムを使えるようになった。

ORASでは通常プレイで入手可になった。とはいえど、公式からは現時点では一応幻という扱いを受けている。

種族値配分が極端過ぎることで有名。ノーマルがどう見てもノーマルでないが気のせいだろうか。
戦法としては専用技を活かしたアタッカー、そこそこの速さを持つ耐久、一変わった最速のみがまもプレッシャーなど。

おそらく、多くのエスパータイプポケモンの敵にされている。
特殊エスパータイプメインウエポンがほぼサイコキネシス一択になるため、どうしても火力が足りなくなる。高威技が出ないのは、サイコブーストのせいではないか、という話。


第四世代


名前 フィオネ
すがた [画像を見る]
タイプ [画像を見る]
特性 うるおいボディ
生息地 -
専用技 -
関連アイテム -

マナフィフィオネ)×メタモンの組み合わせで出来たタマゴから生まれる量産型マナフィ種族値ALL80
トリルor後攻とんぼタイプ特性マナフィと同じな上に技と種族値全にマナフィの下位互換のため、マナフィとの差別化が不可能。どう足掻いても劣化の単から逃れられない悲しい存在。
とはいえ、一応480族。特性も技もそこそこのものがっているので、劣化覚悟で使うのもアリかもしれない(たぶんそのほうが強い)。
普通ポケモン相手なら蹴散らす……とまではいかずとも、互程度には戦える。もっとも、禁止級なので通常ルールでは使えないのだが。性が性だけに、こいつ一般戦解禁していいんじゃないかとの多数。

名前 マナフィ
すがた [画像を見る] タマゴ
[画像を見る]
タイプ [画像を見る]
特性 うるおいボディ
生息地 -
専用技 ハートスワップ
関連アイテム マナフィタマゴ

第四世代のALL100族。初めてゲーム中で専用のタマゴが出てきたポケモンであり、現在マナフィだけの特権である(が、BWには輸送出来ない!なんてこった!)
ポケモンレンジャーソフトが出るたびにタマゴが保護され、トレーナー達に託されている。レンジャーソフトの新作が出れば、またタマゴが配布されるかもしれない。

対戦では、その耐久特性を活かした戦法が得意。
うるおいボディとコンボで、ターン眠れる。だがマナフィを使っている時点でこの戦法はバレバレなので、簡単には決められないだろう。

名前 ダークライ
すがた [画像を見る]
タイプ [画像を見る]
特性 ナイトメア
生息地 しんげつじま
専用技 ダークホール
関連アイテム メンバーカード

催眠として名高い暗ポケモン初めてスクリーンで配布されたポケモンである。

ダークホール」は相手の場のポケモンを眠らせてしまう技で、ダブルバトルでは2体に有効。その性から、Wi-Fi対戦で公式に禁止技されてしまった、正銘のである。
なお、もともとダークライは出られないルールのため、実質影を受けるのはドーブルだけ。

ダークライページにも書いてあるが、使うときはいかなる中傷をも受ける覚悟をしておくこと。催眠を使わなくても舐めプと言われる可性は大である。
また、使われる側も同じ。一度催眠を受けただけで詰むようなパーティなら、それは明らかに構成の問題。どんな戦法にも冷静に対処できてこそのトレーナーである。

アニメでは、ポケモンリーグタクト選手の手持ちとして、驚異的な活躍をした。サトシヘラクロスねごとメガホーンというバッチリな対策を立てていたのに、なぜ負けたし…。

名前 シェイミ
ランド スカイ
すがた [画像を見る] [画像を見る]
タイプ [画像を見る] [画像を見る] / [画像を見る]
特性 しぜんかいふく てんのめぐみ
生息地 はなのらくえん -
専用技 シードフレア
関連アイテム オーキドのてがみ
グラシデアのはな

第四世代のALL100族その二。
ダークライの一年後にスクリーンで配布されたポケモンプラチナに連れて行くと、フォルムチェンジさせることができた。HGSSBWでもこのシステム継続中。

シードフレアは、威120で、追加効果として40%確率で相手の特防を2段階ダウンさせるもの。 生ぬるい特殊受けではすぐに流されてしまう。

スカイフォルムは、てんのめぐみ+エアスラでずっとミーのターンです!
トゲキッスよりもずっと素いため素でほとんどのポケモンを抜き、運ゲで相手をなぎ倒していける。ただし氷四倍は痛い。受ければ当然殺されてしまう。

名前 アルセウス
すがた [画像を見る]
タイプ [画像を見る]
特性 マルチタイプ
生息地 -
専用技 さばきのつぶて
関連アイテム タイププレート×17

次へ»
最終更新日: 18/09/26 11:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ