ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


幾何学


ヨミ: キカガク
掲示板をミル!
22カキコ!

幾何学とは、図形について考察する数学の一分野である。

現代の幾何学では所謂"幾何学的"な整然とした図形だけでなく、より広範な対を扱う。


概要


発祥は非常に古く、古代オリエントのナイル流域における測量に端を発すると言われている。

イル流域は年に一度氾濫を起こし、氾濫が終わった後には肥沃な土壌を上流から運んでいた。しかし、氾濫により一帯が全て洗い流されてしまうため、氾濫後には土地を元通りに配分しなくてはならなかった。このような背景の下、古代オリエントでは測量術が発達し、測量術から生する形で幾何学は誕生した。ラテン語Geometria英語Geometryと表記するのもその名残(geo- : 土地の -metry : 測定法)である。

この時代の有名な発見物として、辺の長さのが3:4:5の直三角形がある。この三角形により、簡単な整数から直を作ることが可となった。

その後古代ギリシアいて研究が進み、大きな発展を遂げる。特筆すべきは明という手法を導入した点にある。現在から考えれば当たり前のような手法かもしれないが、僅かな前提(公理準)から、当然とは思えないような結論(公理)を厳密な演繹により導き出すこの手法は、当時としては画期的な手法であった。この時代の要な人物としてはターレスピタゴラスユークリッドなどが挙げられる。中でもユークリッドは『原論』を著わし、この時代における明の手法を完成させたと言われる。

ユークリッドの提案した公理準は以下である。

以来、長らくユークリッドが体系化した「ユークリッド幾何学」は一の幾何学として研究が進められていた。というのも、直感的に納得のできる間のあり方での幾何学だったからである。その一方で、準5(行線準)については長らく妥当性に疑問が投げ掛けられていた。行線準の明は、正に「世紀の難問」だったのである。

19世紀にフリードリヒガウス準5(行線準)を「行線は交差する」と置き換えても整合性のある幾何学が成立する可性を示唆した。これにより、後年に非ユークリッド幾何学が生み出された。余談だが、ガウス自身は宗教紛争に巻き込まれることを嫌って非ユークリッド幾何学を提唱することはなかった。

現在でも数学要な地位を占めていることは変わらず、多くの生分野を生み出している。代表例は以下の通りである。


"幾何"の語源について


一般にはGeometriaの"geo"を中国語に音写したものが"幾何"であると説明されるが、実際には正しくないようである。

近年の研究によれば、清代に中国に滞在したイエズス会士が計量のことを"幾何"と翻訳していたようであり、どちらかといえばGeometriaの"metria"を中国語訳したものであるというのが正しいようである。

詳細については、以下の論文が詳しいので興味のある者は参照するといいだろう。


関連動画



■nm7212398[ニコ動]

■sm6434444[ニコ動]


関連商品


■az4006000073
■az4320015134
■az4431707875
■az4822283844


関連コミュニティ


■co1425


関連項目



最終更新日: 16/10/01 23:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ